フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)

ご利用状況について
このフォーラムについて
機能の改廃等について

(※新規の掲載はお受けしていません。)

全角と半角、大文字と小文字が区別されます。

検索の代わりに:
キーワード (索引)もどうぞ。



[2960]

列車名と路線名、そして「びゅう旅行商品」

列車 発想 国鉄 Narita 白々 旅行業 ツアー 輸送サービス 英語アナウンス


 英語の話([2958],[2959])の続きです。

 列車の愛称に目を向けますと、「The 'Narita Express'」はよいですが、「Rapid 'Rabbit'」や「Rapid 'Airport Narita'」は、英語として意味不明になります。

 このうち、宇都宮線の「快速ラビット」は、湘南新宿ラインに振り替える形で減便され、もはや下り2本のみ(平日、土休日とも)になっており、残る2本も期間を置かずに振り替えなどが行なわれるとみられ、「快速ラビット」の愛称を冠した列車の設定は早晩、廃止されることになると思われます。その結果、英語で「Rapid 'Rabbit'」とアナウンスしなければならないという「国際的な笑いぐさ」(※)にはならずに済むわけですが、だからといって、その昔(といっても1988年3月のことです)、英語での案内などよく考えずに「快速ラビット」という愛称をつけてしまったという一種の「失敗」がきちんと総括されなければ、後々、似たような「失敗」が繰り返されないとも限りません。

・「わらいぐさ」
 http://www.weblio.jp/content/%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%90%E3%81%95

 現に「湘南新宿ライン」「上野東京ライン」という曖昧な名称(路線名なのか列車愛称なのか曖昧)がつけられてしまっています。日本語では「線」(せん:'sen' in Japanese)と「ライン」(らいん:'rain' in Japanese)という違いがあり、その違いが利用客にも何となくは伝わりますが(※)、英語にするとどちらも「line」で、区別ができません。英語アナウンスのことまで考えず、日本語の発想だけで安易に決めたという印象しか持てませんが、実際のところ、どれだけ深い検討がなされた上で「湘南新宿ライン」と命名されたのでしょうか。

※「ライン」のほうが聞き慣れない単語('rain' is a strange term in Japanese)で、何か新しいもの(something new)、何かよいもの(something good)であると期待(expect)させられます。

・「line」
 http://www.oxforddictionaries.com/definition/english/line

 > 2.3
 > A branch or route of a railway system:
 > 'the Glasgow to London line'

・「湘南新宿ラインの路線名はなぜ〇〇線ではなくラインなのですか」(2009/1/10)
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1122096161

 > なぜ「湘南新宿ライン」と命名したのか、JR東日本の当事者の話が次の記事にのっています。
 > 交友社「鉄道ファン」2006年11月号、
 > 「湘南新宿ライン 開業の経緯と輸送サービスの変遷」

 > 「西山手輸送」とか「新山手ライン」などの仮称で呼んでいた。

 をを、これは記事を読んでみなければ、と思いつつ、要約だけでわかる範囲では、以下の疑問が残ります。

・1. なぜ、従来の宇都宮線、高崎線の池袋・新宿乗り入れに準じて、そのまま横須賀線、東海道線への直通だというシンプルな案内のしかたではだめだと判断されたのか
・2. なぜ「ライン」という、未定義な語を新たに採用した(してよいと判断した)のか、そしてどう定義したのか
・3. 「上野東京ライン」との整合性を、この段階でどのくらい検討していたのか

 何かを決定(定義)することは、何でないかを決定(定義)することでもあります。そして、その決定(定義)には、しかるべき根拠が必要です。「湘南新宿ライン」という名称が斬新である、インパクトがある、というだけでは、「1.」をだめとする根拠になりませんし、「2.」がなければ、曲がりなりにもこれまで築き上げてきた命名法をなし崩し的に壊してしまい、利用客の混乱につながってしまいます。

 経営陣は認知心理学や日本語、英語の専門家ではないのですから、この問題で経営陣の声ばかりが大きい([2938])というのはバランスに欠けた状況だといえます。外部の専門家に諮問しようという発想は…あったらやっているはずですから、なかったのでしょう。

 「快速エアポート成田」(1991年3月)は、JR北海道の「快速エアポート」(1992年7月)とともに、日本語でも本来は意味不明であるのですが、いわゆる国鉄を承継したJRとしての列車愛称のつけ方としては、こんなものかな(※)という「慣れ」のようなものが利用客の側にもあって、よく考えるとゾッとします。この、JR(ダイヤや列車愛称の命名法といった一種の知的財産を含め、国鉄資産を承継したという意味での)と利用客との間の妙な関係(いわゆる「あうんの呼吸」で「ツーカー」)は、海外から見れば理解しがたい驚きの白さ、いえ、白々しいものであるのかもしれません。

・「あうんの呼吸」
 http://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%81%82%E3%81%86%E3%82%93%E3%81%AE%E5%91%BC%E5%90%B8

※まず、何かシンボリック(象徴的、印象的)な単語を一つとって(それが名詞だろうと形容詞だろうと造語だろうとお構いなく)、そのまま列車名にするということ。次に、それがとりあえずカタカナでありさえすれば、クールだ(cool:カッコいい)とみなされるということ。そして、列車愛称は「先願制」で、北海道の「快速エアポート」が先に決まっていたとすれば、東日本では後ろに「成田」をつけるということ。この3ステップで「快速エアポート成田」という愛称がつけられるに至ります。これはこれで『様式美』といいましょうか、たいへんロジカルではありますが、やはり、国内でしか通用しないといわざるをえません。

・「『様式美』」
 http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%A7%98%E5%BC%8F%E7%BE%8E

 駅での(駅員による)アナウンスで「『びゅう旅行商品・お座敷プラレール号で行く鉄道博物館への旅』ご利用のお客さま、お待たせいたしました」(二重括弧内の全体が固有名詞扱い)といったアナウンスも平然と(しかも、いかにもいつも通りという滑らかさで=1回限りの列車名でも事前に練習しているのかと思うくらい)行なわれますので、なかなか難しいものです。「びゅう旅行商品」を発売しているのもJRではありますが、これは売る側の、内部での呼び方であって、アナウンスでそのまま言うものではないと思います。

※端的には、「びゅう旅行商品」のお客さまに対しても、ほかのお客さま(今後、「びゅう旅行商品」をご利用になるかもしれない潜在顧客)に対しても失礼となる表現だということです。例えるなら、飲食店で「『回転率』向上にご協力ください」と客に呼びかけるくらい、おかしなことといえます。

※趣味誌や鉄道関連のニュースサイトまでもが、記事中で「びゅう旅行商品・○○の旅」の団体列車が走りました云々と、固有名詞としてそのまま記載しているのが微妙です。団体列車はプライベートなものであるので、第三者としては単に「団体列車」とひとくくりにして、それ以上は深く言及しないというのがフェアな扱いだと思うのですが。もちろん、ツアーに参加して車内のようすをレポートするのであれば固有名詞で伝えるべきですが、外から見ただけで、ツアーそのものについて特に言及しないのであれば、あくまで第三者としての視点を貫く必要があるのではないでしょうか。

 そして、これを英語に…ゾッとしましたので、やめておきます。電光掲示板では、団体列車は「団体」「PARTY」と表示されます。この直訳も見直されていいころだと思います。上述のように、プライベート(private)である=貸切である=一般の客は乗車できない、という点を強調することが最優先です。いますぐできる改善としては、「団体」の英語表示を「Out of service」にしてしまうことですね。自動アナウンスでは、以前は「団体/列車が」という案内で、一般の客は乗車できないことについて特段の注意喚起がなかったのですが([980]など)、いまでも状況は同じでしょうか…といっても、駅員さんによるアナウンスが入るので、自動アナウンスがどうなっているかわからなかったりします。


・「びゅう JRで行く国内ツアー」
 http://www.eki-net.com/travel/

 > 旅行企画・実施:東日本旅客鉄道株式会社 東京都渋谷区代々木2-2-2 東京都知事登録 旅行業第2-2743号

・びゅうトラベルサービス「事業案内」
 http://www.v-travels.co.jp/business/otona_travel/

 > JR東日本で企画している「びゅう」商品の通信販売を行っております。

・びゅうトラベルサービス「訪日旅行」
 http://www.v-travels.co.jp/business/travel_japan/

 「びゅう旅行商品」は、あくまでJR東日本が旅行業の登録を行なって、企画および販売しているものでした。そして、JR東日本では扱いきれない高度な旅行商品は、別会社となる「びゅうトラベルサービス」社で行なっている、ということですね。

 びゅうトラベルサービス社が直接の窓口となることで、訪日客の「声」を一元的に集められる一方、JR側では訪日客の「生の声」を集めきれないという問題も起きているのではないかと見られます。両者の間での緊密な連携がカギになりますが、例えば、訪日客向けの路線図の検討を行なっているフロンティアサービス研究所とびゅうトラベルサービス社の間で、研究員と現場担当者が直接、意見交換できているのかどうか、ということが気になります。これができていれば態勢として「本物」といえ、2020年に東京での開催が予定されている世界的なスポーツイベント(…)に向けて、かなり期待できる(他社では集められないような、たいへん多様で数も多い「声」のサンプルが確保できる)と思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。ちょっと心配しています。

※2020年までは期間がそれなりに長いので、長期間かけて「声」を活用できるように、あらかじめ客の同意を取っておく(オプトイン)などの対策も必要かもしれません。そうしないと、せっかく集めた「声」を、分析もしないまま「保管期限切れ」で破棄しなくてはならなくなってしまいます。あるいは、他社のサービスに関する意見や不満までもがいっさい、びゅうトラベルサービス社の窓口に寄せられることも想像でき、これを他社に提供できるための条件や態勢の用意も重要です。


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?2960


(約5000字)

この記事を参照している記事


[3109]

Google「おとぎ鉄道ダイヤ」(?)を読み解く(仮)

2015/10/5

[3181]

実例に見る日英対訳(8) Extensive SRD88 〜ジャンボこたつは108万ドル!〜

2016/2/26

[3303]

「Google画像検索」・「Street View Image API」を使う

2016/7/16

[3319]

実例に見る日英対訳(11) コンパートメントに「just simply hop on」!

2016/8/4

[3343]

【試】鎌ケ谷市「北初富駅周辺地区整備構想について」(2007年)を読み解く(BMKプラン1名1室利用)

2016/8/26

[3379]

【高崎線】このセカイに新たなトリビアがまた1つ(略)

2016/11/4

[3403]

Re:[3398] 「計算機使用活動」(Computer-aided activities)のススメに戻る

2017/1/15

[3419]

【青梅線・五日市線】「運行管理システムの変更」に着手か

2017/2/16

[3439]

新幹線の「宿題」(3) 博多南線と「都市高速鉄道」(都市計画法)

2017/3/30

[3576]

縦書きディープなラーニング(一汁三菜編)

2017/12/3

[3649]

【お知らせ】ストリートビューの表示を休止します

2018/5/31

[3685]

【木花開耶】「A9V5」かく語りき(仮)【2レーン15バースあり】

2019/1/1

[3747]

難しい9

2019/8/15


関連する記事


[3352]

〔フレッシュおはよう東日本〕83号:「総武快速TID装置(SN95)」を読み解くために「PC-9801-107」(1995年1月)を読み解く(仮) tht - 2016/9/12

列車 発想 国鉄 ゲーム 電子電鈴 モハ Narita 学園前駅 OSI 最速


[3380]

いま問う「約225分」のココロ(談) tht - 2016/11/5

列車 発想 研究 建物 国鉄 実装 ゲーム 数学 マップ 朝日放送


[3517]

どうなる千葉駅(10) 10番線から「JR成田湯川」行き? 成田エクスプレスに贈る“花道”を探る tht - 2017/7/25

列車 車両 線路 発想 道路 建物 国鉄 実装 資材 ラウンジ


[3590]

貨物線のいま(14) どうなる神奈川東部方面線(羽沢編) tht - 2017/12/31

列車 車両 線路 発想 道路 建物 国鉄 仮名 マップ 終端駅


[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 国鉄 実装 観念


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 国鉄 実装 警報音


[3695]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(運転編) tht - 2019/3/1

列車 車両 線路 発想 研究 道路 国鉄 実装 ゲーム サロ


[3680]

「A列車で行こう9 攻略」 / 「千里奈央」 / ほか tht - 2018/9/13

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 国鉄 実装 サロ



話題を見つける

●多彩な方法でフォーラム内をサーチ!
●目的に合わせて使い分けよう。


2014年度以降の主な記事(スコア順)
HITSアルゴリズムを用いたブラウジングをお試しください。【詳細】


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新


最近の主な話題
(2014年度〜)


キーワード (索引)
2014年度以降のキーワードや文字数の多いキーワードなどから、記事を探せます。


リファレンス (参考文献)
リンク先のタイトルをドメイン別に一覧しながら、記事および参考文献を探せます。

【自由研究】の話題
「主論文・野帳・掲示物」とは?(PDF)
【自由研究】の記事一覧(新着順)


国土地理院の空中写真 を紹介している記事
(PCでの閲覧をおすすめします)


「多変量解析実例ハンドブック」の記事一覧(新着順)
「R with Excel」の記事一覧(新着順)
(統計解析環境「R」を電卓のように使い、データの入力とグラフの保存のため「Excel」をノートのように使います。)


画像で探す
列車 | | 植物 | | 計算機 | 掲示物 | 食べもの
この記事に関連する画像





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.