フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)

ご利用状況について
このフォーラムについて
機能の改廃等について

(※新規の掲載はお受けしていません。)

全角と半角、大文字と小文字が区別されます。

検索の代わりに:
キーワード (索引)もどうぞ。



[3010]

2時間で読む「カラー新書 駅をデザインする」(ちくま新書)

研究 対症療法 大屋根 論文博士 研究会 要旨 周波数 報告書 仮説


 ちくま新書の新刊「カラー新書 駅をデザインする」(赤瀬達三)が発売されました。このサイトと直結する内容ですので、取り急ぎご紹介いたしたく思います。

※2時間で読む([2947])、待望のシリーズ化(※)です…というわけではないのですが、2時間で読むのは基本ではあります。正確には、本書は2時間5分(ただしお茶菓子時間を含む)で読みました。

・山梨県小菅村「2時間5分の別世界ツアー」
 http://www.vill.kosuge.yamanashi.jp/tourism/guide/tour.php
 http://kosugemura.sakura.ne.jp/tourism/access/

※もっとも、このフォーラムで取り上げるのは資料性が高く技報や論文に準じる性格を持つ本だけが対象です。文学性の高いものや娯楽性に主眼のあるものは、読んでのお楽しみ、および感想は個人ですということで、取り上げません。

・筑摩書房「駅をデザインする」(2015/2/4)
 http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480068163/

・ツイッター(2015/2/5)
 https://twitter.com/ChikumaShinsho/status/563250104476246017

 まず、本書がどういう本なのか確認しておきましょう。赤瀬達三氏が論文博士(※)を取得すべく書いた博士論文を、まずは実務家向けとしてしかるべき専門書として出版したのち、さらに一般向けとしたのが本書だと、説明されています。つまり、骨格はあくまで博士論文であるということを理解して読むことが望まれます。

・鹿島出版会「サインシステム計画学 -公共空間と記号の体系-」(2013/9)
 http://www.kajima-publishing.co.jp/cgi-bin/www/search222.cgi?A=detail&isbn=isbn9784306073036&db=book

※特許や作品(ただし受賞作に限る)など、実務家として非常に優れた業績がある場合に、論文審査だけで博士号を取得できる制度です。

・「公共交通空間を題材としたサインシステムデザイン論の体系化に関する実証的研究」
 http://jairo.nii.ac.jp/0007/00024727
 http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/thesis/Akase_Tatsuzo.pdf

・要旨
 http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/cgi-bin/gazo.cgi?no=217161
 http://gazo.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gakui/data/h21/217161/217161a.pdf

 > 主査: 東京大学 教授 家田,仁

 本来、もっとサインシステムのデザインを掘り下げたかったでしょうに、本書(および博士論文)では妙に建築の話が多くなっています。この背景には、家田教授とのご議論なりご指導なりが大きいのではないかと見受けられます。あるいは、博士論文に限らずいえることではありますが、誰しも自分が苦手なもの、自分では及ばないものにこそページ数を割いてしまう傾向がありますから(苦手なので説明が長くなる、あるいは読者のためでなく自分のために説明している)、あくまで想像ですが、サインシステムのデザインを本業とする著者にとって、建築とはそういうものであるということなのかもしれません。

 広告とサインを明確に分離したこと、サインを際立たせるための空間設計(ただし建築家でない)に取り組んできたことが、赤瀬氏の業績の軸と言えます。(サインのコードを体系化すること自体は、フランスの空港やロンドンの地下鉄という先行研究にならったもので、赤瀬氏の業績としては、それを日本の地下鉄や都市内鉄道に適用したことに限られます。)しかし、ユニバーサルデザインや「情報バリアフリー」([2703])の観点ではこれではまったく十分ではなく、文字や図解の情報と、音、音声、映像、動く物体、形あるものといったほかのあらゆる情報との整合性や分量のバランスをとっていくことが求められています。非印欧語圏(≒漢字圏)ならではの問題([2938])や、利用者向けの情報と、係員のための「業務用」の情報との混在([2923])についても、担当部署や、企業や省庁を越えたシームレスでバタフライな検討が重要になってきます。これは、赤瀬氏の世代では実現できなかった「宿題」ともいえ、これからこの分野に関わる人には強く意識してもらいたいところです。

※自分には権限がなくても、他者の管轄に関して越境的に検討することは(あくまで検討するだけですが)、誰でも自由に行なえることです。

・Wikipedia「インド・ヨーロッパ語族」
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E8%AA%9E%E6%97%8F

 本書および博士論文の本体に共通して、研究として必須ともいわれる仮説や実験がまったく行われておらず、事例研究(ケーススタディ)に終始しています。実務家としての業績を客観的に振り返りながら、他者の事例と比較して位置付けを明らかにするという作業そのものは必要ですが、それだけでは「自分史」にしかなりません。他者によるこれから取り組まれる研究に役立つ研究とするためには、事例という一種の「実験結果」だけでなく、いかにしてその結果だけが「正解」(有用な知見)となり得たのか、本当にその結果が「正解」なのかを掘り下げることが必要です。

 本書でも、提案したものの採用されなかったアイデアに関する記述が多く見られます。採用されたかされなかったかということは、「正解」であるかとは直結しません。時の発注者の判断を基準とするのでなく、より通時的に普遍的で客観的な基準(=学問的エレガンス)によって、あるべき設計手法を見定めていくプロセスがなければなりません。そのためには、多面的に仮説をたて、網羅的に実験していく以外に方法はありません。

 本書が、というよりは著者の博士論文が研究として十分でないかもしれないという懸念は、博士論文の末尾にある参考文献リストにも見え隠れします。実務家として参照してあたりまえの報告書や技報は網羅されていますが、学術論文がほとんどありません。また、自らは論文中で何も実験をしていない代わりとして、各種の「研究会」(中央省庁系や業界団体系の=学術的でなく実務的な)が示した「実験結果」を引用しています。しかし、その実験が学問的エレガンスにのっとった実験なのか不明です。「実験結果」と称するものが「報告書」でしか公表されていない(査読を受けていない)のであれば、それは研究成果(「正解」)とは認められず、認められていないものを引用しては、引用する側の論文の価値をも下げてしまいます。

※とはいえ、ほかに引用に値する資料がいっさいなかったのだとすれば(ということなのだろうと思いますが)、この分野の研究がきわめて未開であることを示しているといわざるをえません。遡って参考文献を増補できるなら、そのときに参照されるような研究成果を、これからどんどん出していかなければならないのです。

[2947]
 > なぜ、ドイツの利用客は「イライラ」していないのでしょうか。
 > お客さまがなぜ「イライラ」するのか、それを工学的に検討していくことが必要です。「お客さまの声」や「イライラ」が、対症療法によって解決できるものとできないものとに分かれることは自明ですが、対症療法では解決できないものをどうやって解決していくのか、そのビジョンを持っていないのではないかと疑います。

 「電車がよく遅れるから」とか、古くは「接客態度が」「運賃が」といったことが「イライラ」の原因ではないかと考える人が多いと思いますが、実はもっと低次な、生理的なレベルで不快を感じているだけ(だけ、と、あえていいきります)なのではないかと、本書を読みながら思い当りました。

 駅が静か(※1)に、そして広く(※2)なれば、それだけで「イライラ」がなくなるのではないでしょうか。逆に、それ(土木・建築上の配慮)なしでは、いくら小手先の「カイゼン」を重ねても解決できず、むしろ逆に「しょっちゅう何かを変えているが、いっこうによくならない」というネガティブな印象を補強する方向に作用するとも考えられます。一度「だめ」という印象(先入観)を持たれると、何をしても逆効果となりかねません。「各論反対」の「迷惑施設」の話([3009])とも共通します。まったく新しい強烈な印象というものを突如示す以外には、印象を覆す方法はないのかもしれません。

※だからといって毎回、覆すでごわす、とふんばるわけにもいかないでごわす([2999])。

※1 必ずしも騒音の基準だけで決められるものでもなく、残響がここちよい、響きがやわらかい(地下鉄の壁の材質について、本書で言及されています)、人々の話し声が誤差拡散でディザリングされる(気にならなくなる)、機械や電車の騒音の特定の周波数の音を抑えるといった、各種の対策の積み重ねによって得られる(かもしれない)トータルな「静かさ」を、実験を通じて獲得していくことが求められているといえます。アナウンスについても、情報の伝達に必要ない知覚、例えば「うるさいなぁ」とか「さっきも聞いたYO!」、逆に「いい声だなぁ」といった余計な知覚を引き起こさないよう抑制的に、高度に計画することが重要です。

※2 奥ゆかしく([2911])は面積だけで云々するのでしょうが、この文脈ではそれは論外として、単に空間が広い、例えば大屋根や吹き抜けにして縦方向に大空間([2751])にするだけでなく、混雑の緩和や、ベンチの増設などを含め、「広さ」が体感できることも不可欠と言えます。え゛ー、せっかく広くしたのにベンチ? …とお思いかもしれませんが、「ベンチがある」ということ自体が「広い場所である」ことを示す一種の「記号」(シンボル)でもあるのです。噴水や「シンボルツリー」といった、明示的に「場の中心」を示すものが、ゆったりと設えられていることも、「広さ」の知覚に寄与していると考えられますが、ショッピングモールやエキナカのように、狭いのに無理をしてソレをすると逆効果です。見せかけでなく実際に広いという「裏付け」がなければ、「記号」は狙い通りに機能しないということです。


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3010


(約4000字)

この記事を参照している記事


[3041]

「福知山線 経営層 実行層 技術層」で検索するはなし

2015/5/6

[3050]

新しい広域流動(3) 水郡線・鹿島線

2015/5/25

[3053]

Re:[3051] これからの「混雑率」の話をしよう

2015/5/27

[3081]

「2520億円!」を(ややトリッキーに)読み解く

2015/7/16

[3103]

「ATACSの首都圏全域展開」を読み解く(前編)

2015/8/23

[3111]

「普通列車グリーン車」を読み解く(運用編)

2015/10/18

[3124]

NHK-FM「音の風景」で聴く東海道新幹線のATC

2015/11/2

[3126]

研究ホワイトボックス(7) 研究方法を研究するには(後編)

2015/11/5

[3141]

「新たな相模線交通改善プログラム」を読み解く(後編)

2015/12/9

[3163]

Re:[3162] 高架橋の防音壁、検査の跡か

2016/1/17

[3167]

ポンチ絵の青写真を描く(談)

2016/1/20

[3195]

「等価騒音レベル」を読み解く(前編)

2016/3/17

[3217]

ボストン発『新宿駅はわかりやすい』(2008年)を読みながら「バスタ新宿」(2016年)を読み解くために「ペウレ千歳」(2004年)を読み解く(仮)

2016/4/3

[3287]

「ぜんぶマナーのせいだ」を奥ゆかしく疑う(談)

2016/5/25

[3289]

「飯田橋駅構内立体図」を「飯田橋駅中央地区再開発事業」「ニュー新橋ビル」で読み解く

2016/6/4

[3304]

どうなる千葉駅(7) 上野駅「発車時刻表」(1966年)を見ながら国鉄本社・電気局「北総」(1972年)外一式を「Z39.2」(1966〜1968年)で読み解こうという無謀なココロミ

2016/7/18

[3351]

どうなる千葉駅(8) 「第一別館」と京成千葉駅

2016/9/11

[3353]

着工前に「(仮称)秋葉原ビル跡地開発」(2017年)を読み解く(仮)

2016/9/19

[3385]

どうなる千葉駅(9) 新千葉駅から「オーロラシティパーキング」まで

2016/11/14

[3452]

研究ホワイトボックス(15) ハイパー・ゼロ:「情報のかかりつけ医」に求められる「メタ知識」とは

2017/4/17

[3463]

【LED発車標】ひとくちに 「旧型」とはいうけれど(歴)

2017/4/30

[3480]

続・ぶくま改め

2017/5/22

[3494]

10年後に読む「第5世代鉄道 −知識創造による鉄道の革新」(2005年1月)

2017/6/26

[3495]

10年後に読む「公共交通機関旅客施設のサインシステムガイドブック」(2002年11月)

2017/6/26

[3621]

いま「横須賀線」を「よこかんみなみ」で読み解くココロミ(試)

2018/3/18

[3648]

たゆたうE217系。どこへゆくE217系。

2018/5/25

[3665]

「スバ速」 / 「駿豆五色橋」 / ほか

2018/7/28


関連する記事


[3380]

いま問う「約225分」のココロ(談) tht - 2016/11/5

列車 発想 研究 建物 建設 国鉄 ゲーム 数学 マップ 朝日放送


[3520]

【自由研究】続・いばらき「主論文・野帳・掲示物・標本」を読み解く tht - 2017/7/27

発想 研究 道路 建物 ゲーム 数学 自由研究 仮名 散布図 メルヘン


[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 著作物


[3557]

研究ホワイトボックス(25) ハイパー・ゼロ:「博物館評価」とは tht - 2017/10/16

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 関門トンネル


[3514]

【5年移動相関】おそらくTensorFlowを用いたであろう「時系列パターン認識」を千葉県「産業連関表(平成17年表)」ならびに「リクルート」で読み解く(推) tht - 2017/7/23

発想 研究 数学 仮名 プレー 制作者 主成分分析 クラスタリング 相関係数 レーン


[3661]

「弥彦色」と「長野色」 / 「ブルー・トレーン」 / 「京都高速鉄道株式会社」 / 「出逢えたらラッキー Peach×ラピート ハッピーライナー」 / ほか tht - 2018/7/21

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 警報音


[3461]

研究ホワイトボックス(16) 研究課題のありかにあたりをつけるには(超長期編) tht - 2017/4/29

車両 発想 研究 国鉄 数学 自由研究 プレー 散布図 クラスタリング 低解像度


[3582]

10年後に読む「よりよい環境創造のための環境心理調査手法入門」(2000年5月) tht - 2017/12/7

発想 研究 建物 国鉄 数学 自由研究 主成分分析 散布図 クラスタリング 低解像度



話題を見つける

●多彩な方法でフォーラム内をサーチ!
●目的に合わせて使い分けよう。


2014年度以降の主な記事(スコア順)
HITSアルゴリズムを用いたブラウジングをお試しください。【詳細】


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新


最近の主な話題
(2014年度〜)


キーワード (索引)
2014年度以降のキーワードや文字数の多いキーワードなどから、記事を探せます。


リファレンス (参考文献)
リンク先のタイトルをドメイン別に一覧しながら、記事および参考文献を探せます。

【自由研究】の話題
「主論文・野帳・掲示物」とは?(PDF)
【自由研究】の記事一覧(新着順)


国土地理院の空中写真 を紹介している記事
(PCでの閲覧をおすすめします)


「多変量解析実例ハンドブック」の記事一覧(新着順)
「R with Excel」の記事一覧(新着順)
(統計解析環境「R」を電卓のように使い、データの入力とグラフの保存のため「Excel」をノートのように使います。)


画像で探す
列車 | | 植物 | | 計算機 | 掲示物 | 食べもの
この記事に関連する画像





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.