フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)

ご利用状況について
このフォーラムについて
機能の改廃等について

(※新規の掲載はお受けしていません。)

全角と半角、大文字と小文字が区別されます。

検索の代わりに:
キーワード (索引)もどうぞ。



[3041]

「福知山線 経営層 実行層 技術層」で検索するはなし

研究 国鉄 数学 実行層 技術層 情報サービス 議事録 連載 統計数理研究所


 ホリデー(祝日)でございます。

 以下に示します番組が朝一番に再放送されていまして、「きょうはホリデーかぁ」(※)とボンヤリしていた頭が一気に覚めたのですが、内容に言及することは身の丈を越えると自覚されますので、以下、メタな(書誌的または形式的な)部分のみに言及します。

※(NHKでは)祝日を「ホリデー」と呼びさえすれば「いいね!」的な、一種のオール何か的なもの、という意味でなく(それがないとはいいきれませんが)、ニュースの時間が短く、「ホリデーなんとか」という類の番組が放送(もっぱら再放送=放送局の人も祝日には休みたいんですね、わかります=新聞休刊日と同じ)されたり、(JRでは)「ホリデー快速」が運転されたりといったところから、(私の)頭の中では「ホリデー」と称されるのが定着しております。もっとも、holidayといえば普通の日曜日も含むところ、カタカナで「ホリデー」というと祝日に限定される感があるのがおもしろいところでもあります。なお、JRでいう「ホリデー」には、表面的には土曜日も日曜日も含まれますが、「ホリデー快速」は主に祝日や連休を中心に設定されるという二面性があるのも、ちょっとおもしろいところです。

・「holiday」
 http://ejje.weblio.jp/content/holiday

・個人のブログ「WeekdayとHolidayの感覚」(2007年)
 http://blogs.oracle.com/tonics/entry/weekday_%E3%81%A8_holiday

・NHK「NEXT 未来のために 「対話は何を生んだのか〜遺族とJR西日本の10年〜」」(2015年4月30日、2015年5月6日に再放送)
 http://www4.nhk.or.jp/next-mirai/x/2015-04-29/21/7884/

 > 107人が亡くなった福知山線脱線事故から10年。数人の遺族とJR西日本の間で、“安全”をめぐる「対話」が行われていた。「異例の対話」がもたらしたものを見つめる。

 > 乗客107人が亡くなったJR福知山線脱線事故から10年。事故の背景を知りたいと考える数人の遺族とJR西日本の間で、“安全”のあり方をめぐる「対話」が行われていた。最初は大きな隔たりがあった両者の意識。しかし、「なぜ家族は死ななければならなかったのか?」という遺族の問いは、少しずつ会社側の意識を変化させていった。遺族側、会社側双方のインタビューなどをもとに、「異例の対話」がもたらしたものを見つめる。

・「書誌的な」
 http://www.weblio.jp/content/%E6%9B%B8%E8%AA%8C%E7%9A%84%E3%81%AA

・個人のページ
 http://www.geocities.jp/takaro_u/std6.html

 > 現在の閲覧者は17人です

※閲覧した時点(7時台)での表示。

 朝一番の再放送を見て、とはいえまずは朝食を済ませ、そしておもむろに検索してみる、その時、頭に浮かぶキーワード(番組の中で強く記憶に残った言葉)は「福知山線 経営層 実行層 技術層」。そんな人(私もその一人)が同時に17人はいたということですね。

※「経営層」「実行層」より後に「技術層」と付け加えた格好になっているのは、「技術層」だけが「なんと言ったっけ、そうだ、『技術層』だった」と、ワンテンポ遅れて思い出されたからです。(私には)ちょっと聞き慣れない言葉でした。

 番組の中で出てきた「流れ図」は、以下に公開されています。

・JR西日本「安全フォローアップ会議報告書」(2014年4月)
 http://www.westjr.co.jp/safety/fukuchiyama/followup/
 http://www.westjr.co.jp/safety/fukuchiyama/followup/pdf/followup_02.pdf

 > 図2-1 鉄道輸送事業システムの枠組みモデル

 > 「事故調報告書」で解析の結果を表す用語
 > (1) 断定できる場合・・・「認められる」
 > (2) 断定できないが、ほぼ間違いない場合・・・「推定される」
 > (3) 可能性が高い場合・・・「考えられる」
 > (4) 可能性がある場合・・・「可能性が考えられる」

 > 図2-2 事故に至る主な諸要因の因果関係の連鎖概観

 > 因果関係連鎖の構成
 > 因果関係の流れ

 番組に(直接)出てきたのは「図2-2」ですね。

 それはそれとしまして(※)、報告書の文章そのものに注意をひかれました。図のキャプションでは「因果関係の連鎖概観」とあり、次の節の見出しでは「因果関係連鎖の構成」とあり、本文中では「因果関係の流れ」と書かれています。(これが論文だとして)査読をする立場であれば、読みやすさを考慮して用語の統一をはかられたし、と朱を入れる方が多いのではないかと想像します。

※重ねて恐縮ですが、あくまで報告書の内容には言及いたしません。

 「鉄道輸送事業システムの枠組みモデル」も、「事業」だけで「事業システム」を意味していることが一般には通じますし、「事業システム」と「枠組み」(framework)は(報告書の中では)同じことを指しています。要は「事業のモデリング」の結果(result of enterprise modeling)を示しているのですから、そのように簡潔に記されるのがスジ(望ましい)というものです。他方で、JRの人にとって「輸送事業」は「輸送事業」なんだろう(それを「システム」として客観視するには「事業システム」と付け足さないといけないんだろう)と想像することはできますが、そんなことでいいんでしょうか。

・Wikipedia「Enterprise modeling」(英語)
 http://en.wikipedia.org/wiki/Enterprise_modelling

・ウィキペディア「事業体モデリング」(翻訳版)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%BD%93%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

※日本語では「事業」と「事業体」を区別できる一方、簡潔に総称することはできない(総称しているのか区別しているのか、どちらなのかがわからなくなる)なんて、つくづく融通が利かないものだと感じます。「Enterprise」と広く総称でき、下位の細かい概念はまったく別の語で表現していける(混同する/される恐れが少ない)英語のほうが合理的です。がんばって日本語で英語並みに正確な表現をしようと思えば、上記の「「事業のモデリング」の結果」のように、助詞「の」をいっさい省略せずに入れた上、括弧を用いて包含関係を明示するしかないわけですが、このフォーラムで私(tht)の発言(記事)をご覧いただけばおわかりの通り、全編通じてこの調子で記述していては、たいへん読みにくくなります。ややこしいことは英語で考えよう([2823],[3037])という(いわれる)背景には、こうした言語上の制約があり、専門家と称される人々が時折、英語の単語を交じえて話すのは、単に気取っているというわけでは決してないのです。

 「事故調報告書」で使われている用語を厳密に読み解く慎重さを持ちながら、他方で事故調の報告書を指して「事故調報告書」と称する独自の用語を作り出してしまっている(※)こととあわせ、報告書の信頼性を高めるためには、もっと厳しい校正を受けなければいけないように感じました。

※事故調の報告書を参考文献に挙げ(正確な書誌事項を1箇所だけに記載し)、文献番号を伴いつつ、文脈に応じた文章をもって引用する、例えば「事故調は○○としている1)」などと表記することが、形式的には求められます。そして、あまりにも引用が多すぎれば、「事故調報告書」に対する新規性や独創性が足りないとみなされ、(論文であれば)採録には至らず、著作権法上の引用の要件も満たさなくなってくる恐れがあります。(形式的には、引用ではなく「許諾を受けて転載」という形にする必要がありましょう。)

 報告書や論文の校正は(必要な時間をかけて=締切が厳しい新聞や、速報扱いの予稿集などとは異なり)完ぺきであたりまえ、といわれます。研究者には、スイカ畑で靴ひもを結び直さず的な、高度な自律(自律1および自律2)が期待されています。

・「靴ひも」
 http://tht.sblo.jp/article/925083.html

・「自律(1)」「自律(2)」
 http://www.weblio.jp/content/%E8%87%AA%E5%BE%8B

・高度な自律に関して
 http://d.hatena.ne.jp/sunaharay/20140301/p1

 > 真摯に研究に向き合うことで自らを律しようとするプレッシャー

 「プレッシャー」といいますとココロガマエ的な、精神論のようなヒビキが出てしまいますけれども、なんだ精神論なのかと早合点するのはちょっと待ってください。実験のしかたや論文の書きかたに代表される(また、これに限られない)研究上の手続き(プロトコル、ルール、ガイドラインなどいっさい)を厳密に守るという「完ぺき」は、精神論でなく、誰でも着実に守ることができ、守ることが当然視されて当然という、具体的な要件であると思います(※)。

※それを誰かが(査読つきで)言っているか、と、エビデンス(典拠)を問われますとキビシイのですが、人から言われないとできない、考えもしないというのは、それ以前の話だと感じます。かといって、文系の学生の卒論や業界の人(学部卒:いかなる法学部などであっても、やはり学部教育だけでは限界があります)がいきなり書いた「論文」や「著書」で、唐突に古代ギリシャの誰それが「引用」されたりするのは、アタタカクもキビシク、朱を入れられることが期待されます。サインシステムの公共性について論じる中で阿部謹也([3010])というのも、キモチはたいへんよくわかりますが、それでもなお(新書ですからいいんですけれども、仮に論文だとして、さらに査読する立場であったなら)朱を入れたくてたまらないというムズムズ感がございます。とはいえ、どのように朱すればよいのかは定かでなく、突拍子もないからだめだというだけではそれこそ精神論じみていて、著者(卒論に取り組む学部の学生を含めて:いろいろと自負されるところの多い社会人学生はなおさら)は納得しないでしょう。どうしたらいいんでしょうか。現実的には、1章で簡潔に述べよ(2章以降には入れるな:本稿での議論として扱わず、依拠する前提ともせず、あくまで「背景」として扱え)、「○○ことが知られている」と記せ(みんなが知っているので出典は要らない)、などと朱するのでしょう。

・「公知の事実」
 http://kotobank.jp/word/%E5%85%AC%E7%9F%A5%E3%81%AE%E4%BA%8B%E5%AE%9F-1314744

・シュッ(2014年)
 http://repre.org/repre/vol20/note/01/

・ツイッター「シュッ☆」(2013年11月20日)
 https://twitter.com/frog_and_69/status/403114911791734784

 それはそれとしまして(※※)、この報告書を執筆した(最終的には合議の上、共同の文責で公表するわけですが、それでも草稿、起草の段階では、特定の誰か一人が書いているものです)のが具体的にどなたなのか、気になりました。報告書の冒頭で、会議のメンバーが紹介されています(「されて」といいましても、「共同」で「自己紹介」している、というのが正確ですね)。「社外有識者」が3名、事故被害者の家族の代表が2名と地元の前市長(事故当時の市長)、JRの役員が3名という構成です。よくある審議会にならえば、名誉教授クラスの方が座長(まとめ役)で、ほかの方(ここでは2名の教授)が実質の議論をリードしてきた(ほかの参加者の疑問に応えるべく、データの読み方の説明や、参考資料の探索などをしてきた)はずです。そして、審議会であれば事務方が議事録を採り、そのまま報告書もできあがってくる、となるところ、この会議ではどのように進められたでしょうか。

※※重ね重ね、恐縮でございます。

 現実問題として、これまで長年、もっぱら社内文書しか作成する必要がなく、(自分の書いたものを)公表したうちに入るか入らないか微妙な(論文などに個人名があっても、個人としての発信ではなく、会員社・加盟社の社員としての発信にすぎない)、業界団体や研究会(実務的な)での発表や投稿くらいしかしたことがなく、役職が上がるにつれ、文書よりも口頭での伝達の比重が大きくなってくる(とみられる)JRの役員クラスの方(※1)が、いきなり報告書の起草ができるとは考えられません。前市長も同様でしょう(とみられます※2)。被害者側の代表に期待される役割は、これまで見落とされてきた視点を漏れなく提示する役割ですから、まとめ役を担うことは適任ではありません。実質的に、教授クラスの2名が大部分を分担執筆されたのではないかとみられます。(もちろん、最終的には文責は共同です。)

・神戸新聞「尼崎JR脱線事故10年 当時の市長「職員や市民の行動に誇り」」(2015年4月24日)
 http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201504/0007950117.shtml

 > 市長退任後、JRの安全フォローアップ会議にも参加し、安全管理を考える立場になった。JRの組織の難しさを感じる一方、変わろうともがく姿も見た。つい先日、JRから第三者の外部監査や懲戒規定の見直しなどの説明を受けた。節目にふさわしい改革とも思う。ただ、改革とは、手段や手続きがいくら素晴らしくても、生きたものにするかどうかは使い方次第。外部監査は良いものに見えるが、限界もある。内部監査を充実させるため、例えば同業他社が同じ問題意識を共有する、連盟などの仕組みが重要だ。

 > 今後は表向きでなく、本当に安全が機能しているかが問われる。社員が外部から刺激を受け、自分たちの恥部に気づき、自ら最もしんどいことをやっていけるかどうか。10年たっても、まだそこまで到達できていないと感じている。

※1 いえいえ、あらゆる企業で同じとは申しません。文章力がなければ上に上がれない企業もたくさんありましょう。どちらがよい、ましてやどちらが正しいなどとは、一概には断じられません。一般化すれば、現に長く続いている企業にあっては、そのあり方が(これまで)ベストだったということでしょう(将来にわたってベストであるか、となると、別の話です)。その点では、JR各社はきわめて歴史が浅いといえます。まだまだこれからですね。

※2 全日空を経て人材育成、そして市長へという方だったんですね、知りませんでした。

 会議のメンバーになっている2名の教授は、どちらも心理学(中でも産業心理学:企業など組織内の意思決定や労務管理の諸問題に心理学で迫る、社会心理学:産業心理学を、一組織内だけでなく内外にわたって展開する)が専門の方でした。

・個人のページ「芳賀繁の自己紹介(自己紹介のページ)」立教大学
 http://www2.rikkyo.ac.jp/~haga/profile.html
 http://www2.rikkyo.ac.jp/~haga/publicat.html

 > 1980, 旅客への情報サービスのシステム化:マニュアル作成の試み, 第17回鉄道におけるサイバネティクス利用国内シンポジウム論文集, 53-55.

※おお、これは読んでみなければ、と思いつつ、1980年の予稿にアクセスするのはたいへんそう、と躊躇してしまいます。

・国立国会図書館サーチ
 http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001497287-00

・サイバネティクスとは
 http://www.jrea.or.jp/cybernetics2013.pdf

 > 1948年に
 > 1963年に

※あくまで感想は個人ですが、出てくる年代を見ただけで「うわぁ」と思い、二の句が継げないような何かを持たざるを得ません。いきなり古代ギリシャ、あるいは阿部謹也というのに近い、限りなく「借り物感」のあるとでもいいましょうか、自らの立脚点を自ら定義しようという高度な自律のようなものが感じられません。とはいえ、これはあくまで言葉の上での印象です。実体としては、現在のSuicaに至るたいへん意義のある活動が続けられてきたのですから、実体に名前が合ってないといいましょうか、もっと素直に「規格策定委員会」と称すればよいものを、不必要に高尚な感じ(アカデミックじみた:アカデミックに運営しようという狙いが希薄でありながら)にしようとして「すべって」いる、といってみたいのですが、さすがに「過言」でしょう。そこまでは申しません。

※1963年(昭和38年)に、日本国内でも遅れなく「サイバネティクス」と冠して協議会を立ち上げたところには先進性(のようなもの)が感じられますが、その後、組織の名称を含めていろいろなものをアップデートしていく仕組みがなかったということでしょうか。同じことは、日本ではあちこちで見られる(そして、場合によっては現に困っている)ように見受けられます(「諸外国」のことまではわかりませんが、国によってはあるかもしれません)。

※当時としては、国鉄を中心とする鉄道関連の技術者や研究者が、きちんと自律していたということなのか、もう少し時代が下ったとき(約10年後)、CTCの表示盤に(当時、新発売の)シート状のマグネットを貼ってみようという新しい物好き(ギークなピタネットでライフハック[2949])というあたりも含め、そういう気質のようなものが、とても大事だと思います。いま、若い人がきちんとギークでライフハックな何かを(遊びや私生活でなく)社内でできているか(ミーハーな人がたまたま一人いるというのでなく、組織の文化として推奨されるような)、というところが気になります。

・「すべる(5)」「すべる(7)」
 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/119808/m0u/

・上記の意味での「すべる」の意訳
 http://ejje.weblio.jp/content/%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%81%99%E3%82%8B
 http://ejje.weblio.jp/content/depreciate
 http://ejje.weblio.jp/content/%E6%90%8D%E3%81%AA%E3%81%86

※「言い損なう」が「イーソンなう」と読めるのは、ツイッターに毒されすぎでしょうか。本当でしょうか。

・行動観察研究所(大阪ガス)「山口裕幸 先生 九州大学大学院 人間環境学研究院 教授」
 http://www.kansatsu.co.jp/service/kansatsu-x/column/author/4

※…うーん。連載のゲスト執筆者の紹介として「重みのようなもの」を演出するには、何が何でも「先生」という敬称をつけたいんですね、わかります。そして、敬称と肩書で二重に敬しているような気がしないでもないです。「世間」には、研究者や研究の世界に対する幻想のようなものが渦巻いているように思えてなりません。誰もが割烹着を着ているわけでも、誰もが「世紀の大発見!」を狙っているわけでもなく、もっと、何でもない普通の仕事の一つなのです。特急列車や飛行機に乗れば([2987]など)、きっと数名は研究者が乗っている…かもしれません。

・はてなブックマーク「asahi.com(朝日新聞社):相加相乗平均に新証明法 高校教諭、運転中にひらめく - 教育」(2008年8月18日)
 http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/edu/news/OSK200808160004.html

 > 数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞受賞者の広中平祐さん(77)と偶然会った。欧州旅行をした06年6月、イタリア・ミラノの空港で見かけた。以前、講演を聴いたこともあり、声を掛けて新しい証明方法のことを話した。すると「それはおもしろい」と数学談議で盛り上がったという。

※飛行機や空港で同じ分野の人と会う確率はかなり高いという経験則があるともいわれます。嗜好が似ているのでしょう。本当でしょうか。

※もう7年前なんですね。当時(2008年)としても、ギークな人がこぞってヨロコブ、そしてアコガレル話の一つであったように記憶しています。若い人の間では、この話を知らない(当時、若すぎたので覚えていない)人が半分を越えつつあるとみられます。

・個人のブログ「これなんてラノベ?ω "数楽"がある「数学ガール」 結城浩著」(2008年11月26日)
 http://d.hatena.ne.jp/kskmeuk/20081126/1227666009

 > 理系女子はもっと評価されていいw。
 > ちょっとちがう方法を思いつく女子とか、いたよね。式を展開している横で、図を書くような子。

※なんでも性別や利き手に帰結させるのは「血液型占い」並みだと思いますが、統計的に差があるのであれば、期待してよいのかもしれません。それでも、なぜそういう差が出るのかというメカニズムが解明されるまでは、本当の意味では期待してはいけない(狭くは採用や昇進に加味してはならない)ことだといえます。

・「山口裕幸研究室(社会心理学)」九州大学
 http://www.hes.kyushu-u.ac.jp/~yamaguchi-lab/

・「山口 裕幸先生 / チームワークを身につけ、スキルアップ。社会心理学を学び、チームワーク作りの方法を知る!」
 http://www.e-avanti.com/fuku/semi/item/11828

・「今なぜチームワーク“力”が問われるのか 山口裕幸」
 http://www.keio-up.co.jp/kup/kyouiku/zuihitsu/z201208.html

・研究のようす
 http://www.groupdynamics.gr.jp/documents/bulletin/backnumber/news42.pdf

 > 総会のお弁当が大量に余ってしまったときも(足りないリスクをゼロにしようとすると,どうしてもそうなってしまいます),サークルの友人たちに連絡をとって,何十個単位で引き取ってもらう算段をつけるなど,臨機応変に動いてくれて感謝しています。

 > 改めてお酒の入っていない状態で,喜びの声を執筆させていただきます。
 > 初稿の審査結果では,審査の先生から極めて重要なご指摘をいただきました。このご指摘に回答するためには,どうしても再実験が必要でした。再実験には労力も時間もかかるので,一度は取り下げることも考えました。しかし,共著者の指導教員である山口裕幸先生とも相談し,この論文の結論の妥当性を明確に示すために,再実験を行うことにしました。この再実験部分を,「実験2」として追加した上で,改めて審査をしていただき,なんとか無事採択されることとなりました。

 よくあるプロセスです。ちゃんと研究してますね(査読制が機能している)、とみなされます。

※ですが、「共著者『で』指導教員の」とするなど、曖昧さを残さない正確な日本語を書いていただければ、さらにすばらしいところです。

・統計数理研究所「因果関係を推測する統計科学の追及」
 http://www.ism.ac.jp/ism_info_j/labo/visit/122-1.html

 > 黒木は「解析対象となる諸現象の原因と結果の関係をグラフを用いて視覚化し、その関係に統計科学の立場から定量的評価を与える」ことを目指す。「私たちの生活は、効率よく原因の確率を評価することができれば、随分と明るいものになるはずです。目に見えない因果関係の連鎖を可能な限り目に見える形であらわし、現実社会の課題解決に役立てたい」と、黒木は研究者としての抱負を語る。

 このフォーラムでも指標が云々という話題を取り上げてきていますが、まさに、図を描いた後には、そこに数字(確率)を入れていくというステップへ進むことが期待されます。ここまでをきちんと扱うには、心理学の専門家だけでは足りないように感じます。

 数字はともかく、図の描きかただけをとっても難しいもので、例えば、冒頭の報告書の「図2-2」では、「(運転士にストレスとなり(略))」という注記が複数の要素(図中の箱)に付記されていますが、これは単独で1つの箱とし、そこに出入りする矢印を漏れなく描くことが(本来は)必要でしょう。部門ごとの責任を明確化しようと、図中の箱を無理に色分け(1色で塗れない箱を作らない)しているのでしょう。問題をごちゃまぜにしています。

 この図では、部門ごとの責任はともかくとして、(結果として)どの部門も責任を持たず(持てず)、責任の空白域のようなものがあったのではないかと仮定して、むしろ「色分けしにくい箱」「どの色でも塗れず白い箱」を積極的に発見していくために使うのが正しい(本来の)使いかたではないでしょうか。

※このフォーラムで「バタフライですね、わかります」といって取り上げている話の多くが、このような図で描けば、箱が虹色になるか「真っ白!」になるんです、たぶん。


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3041


(約11000字)

この記事を参照している記事


[3044]

中央秋川ジオパークラインモールよくする(プ)

2015/5/7

[3046]

「田植え休み」と視聴率〜68年目の学習指導要領

2015/5/10

[3054]

【横浜線】橋本駅でATOS使用開始、相模線指令の習熟のため先行か

2015/5/29

[3071]

【お知らせ】たいへんセキュアでお得なhttps通信への対応について

2015/6/28

[3084]

Re:[3083] 「発見」は大手町駅改装工事のため

2015/7/19

[3096]

上野東京ライン(3) 社長と飲む酒はきっとおいしい

2015/8/8

[3097]

「公共政策の経済評価実習」を読み解く

2015/8/11

[3099]

「分ける」はなし、「分けない」はなし

2015/8/15

[3102]

自由研究そしてポスターと実験ノート

2015/8/21

[3107]

「車両限界と建築限界」を読み解く(前編) ATCが決めた? 日比谷線の「18m車」

2015/8/31

[3110]

「『軌道回路のない区間』の列車接近警報装置」を読み解くために「TID装置」を読み解く(仮)

2015/10/14

[3118]

Re:[3031] 「地中障害物」・PRと産業文化

2015/10/27

[3125]

研究ホワイトボックス(6) 研究方法を研究するには(前編)

2015/11/5

[3139]

「いつも異なる需要に最適化して電車を運行できるよう、ダイヤをリアルタイム生成するような時代」を読み解く(自)

2015/12/8

[3166]

「エキスパートシステムの構築」を読み解くためにプログラミング言語の系譜を読み解く(試)

2016/1/18

[3167]

ポンチ絵の青写真を描く(談)

2016/1/20

[3213]

研究ホワイトボックス(10) ハイパー・ゼロ:「後方業務」としてのパスファインダーと「LHR」

2016/4/1

[3268]

「パレットマルチカラー発車標」は「512色中8色」

2016/5/5

[3287]

「ぜんぶマナーのせいだ」を奥ゆかしく疑う(談)

2016/5/25

[3296]

研究ホワイトボックス(13) 連動をモデリングするには

2016/7/9

[3300]

【お知らせ】たいへんセキュアでお得なhttps通信への対応について〔2報〕

2016/7/14

[3360]

「MOBILITY」(2001年ドイツ)を読み解く(前編)

2016/9/30

[3398]

実例に見る総合評価(補遺編) ふれねるレーダーチャートの怪<かい>

2017/1/10

[3417]

日本土木工業協会「一太郎」(2000年)で「カシミール」(1996年・1998年・2003年)を読み解くならびに寺田寅彦「北氷洋の氷の割れる音」(1933年)で「山岳展望」(1937年・1982年)を読み解く【平成26年度高校意見(日本史A・B)あり】

2017/2/9

[3435]

【メタルスライム味】火を噴く? タニンギヤウギ(談)【株式会社豊富牛乳公社あり】

2017/3/24

[3447]

ウィキペディアを片手に京葉銀行を経て印西市観光協会「小林城跡」へ至るルート(談)

2017/4/14

[3461]

研究ホワイトボックス(16) 研究課題のありかにあたりをつけるには(超長期編)

2017/4/29

[3466]

「中央・総武線」を『成田エキスプレス』ならびに「オペラン-D」で読み解くココロミ(談)

2017/5/3

[3469]

研究ホワイトボックス(17) 「数量化理論」を一般化して理解するには / 「SD法」に確率論とグラフ理論を導入するには

2017/5/6

[3472]

【北海道、沖縄を除く全国送料無料】「山本如春斎」を「サンマーメン」で読み解く(再)【大人の社会見学もやしツアーズあり】

2017/5/10

[3489]

【北松】「岡本彦馬専用鉄道」(1932〜1933年)を読み解く(談)

2017/6/7

[3494]

10年後に読む「第5世代鉄道 −知識創造による鉄道の革新」(2005年1月)

2017/6/26

[3498]

【ゼオガラヒー】「システム装置」とはにわを知りたい(談)【スーパーはまかいじ】

2017/6/30

[3539]

【自由研究】ゆるシミュ(5)

2017/8/31

[3543]

実例に見る総合評価(2) A県警:交通事故当事者の誕生日の区間分割

2017/9/19

[3546]

いま問う『確率的駅勢圏(非定形)』のススメ

2017/9/27

[3550]

土木学会「新公益法人対策室」(2008年)を有馬温泉観光協会ほかで読み解く(再)

2017/9/30

[3555]

【東海道線】湯河原でホームに1行タイプの電光掲示板

2017/10/13

[3583]

JR西日本「データ分析コンテストの開催」を遠目に眺める(談)

2017/12/7

[3637]

幕張新都心拡大地区(豊砂地区)「新駅設置」へ

2018/4/20

[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには

2018/4/30

[3674]

研究ホワイトボックス(33) なるべく「一般的」といわれる方法に則るには

2018/9/1


関連する記事


[3380]

いま問う「約225分」のココロ(談) tht - 2016/11/5

列車 発想 研究 建物 建設 国鉄 ゲーム 数学 マップ 朝日放送


[3557]

研究ホワイトボックス(25) ハイパー・ゼロ:「博物館評価」とは tht - 2017/10/16

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 関門トンネル


[3584]

研究ホワイトボックス(30) ハイパー・ゼロ:「主成分分析」FAQ tht - 2017/12/19

発想 研究 道路 国鉄 数学 主成分分析 散布図 クラスタリング 相関係数 分散分析


[3403]

Re:[3398] 「計算機使用活動」(Computer-aided activities)のススメに戻る tht - 2017/1/15

列車 発想 研究 道路 建物 国鉄 ゲーム 数学 自由研究 着陸


[3654]

「黄色い線路」はどうして黄色いのですか? / ほか tht - 2018/6/16

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 着陸


[3755]

き電24 〜にじゅぅぅーよぉん〜 tht - 2019/8/25

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 極座標


[3540]

【自由研究】ふわコレ(5) tht - 2017/8/31

車両 線路 発想 研究 道路 建物 国鉄 ゲーム 数学 色鉛筆


[3582]

10年後に読む「よりよい環境創造のための環境心理調査手法入門」(2000年5月) tht - 2017/12/7

発想 研究 建物 国鉄 数学 自由研究 主成分分析 散布図 クラスタリング 低解像度



話題を見つける

●多彩な方法でフォーラム内をサーチ!
●目的に合わせて使い分けよう。


2014年度以降の主な記事(スコア順)
HITSアルゴリズムを用いたブラウジングをお試しください。【詳細】


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新


最近の主な話題
(2014年度〜)


キーワード (索引)
2014年度以降のキーワードや文字数の多いキーワードなどから、記事を探せます。


リファレンス (参考文献)
リンク先のタイトルをドメイン別に一覧しながら、記事および参考文献を探せます。

【自由研究】の話題
「主論文・野帳・掲示物」とは?(PDF)
【自由研究】の記事一覧(新着順)


国土地理院の空中写真 を紹介している記事
(PCでの閲覧をおすすめします)


「多変量解析実例ハンドブック」の記事一覧(新着順)
「R with Excel」の記事一覧(新着順)
(統計解析環境「R」を電卓のように使い、データの入力とグラフの保存のため「Excel」をノートのように使います。)


画像で探す
列車 | | 植物 | | 計算機 | 掲示物 | 食べもの
この記事に関連する画像





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.