フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)

ご利用状況について
このフォーラムについて
機能の改廃等について

(※新規の掲載はお受けしていません。)

全角と半角、大文字と小文字が区別されます。

検索の代わりに:
キーワード (索引)もどうぞ。



[3101]

「ドクターイエロー博士」を読み解く

列車 車両 研究 建物 自由研究 機微 省令 学研


 「自由研究で『鉄道』」は敷居が…([3094])、とはいっても、何かできそうか、考えてみましょう。


・朝日新聞「ドクターイエロー8つのひみつ」(掲載日不明)
 http://www.asahi.com/special/train/dr-yellow/?iref=natsuyasumi

 > やあ、こんにちは。私はドクターイエロー博士だ。記者が調べた新幹線の情報をまとめている。ドクターイエローを研究するなら私の話が役にたつだろう。きみはドクターイエローが好きなのかい?

※ハーイ、ポールぅ…いえ、はかせはかせー! 「ドクターイエローに詳しい」のはわかったんですが、ふだんは何の研究をしてるんですかぁ? …いえいえ、「ドクターイエロー博士」を採用するにあたっても、直近5年の主要な論文を3部ずつ提出…なんて、いわれる時代がくるかもしれません。

・朝日新聞「震災を風化させぬように データを集め、被災地の“今”を表現 朝日新聞東京本社デジタル編集部 奥山晶二郎 記者」(2014年3月28日)
 http://www.asahi.com/miraimedia/dj/interview/01/02.html

・情報処理学会「今月採録論文」
 https://www.ipsj.or.jp/journal/info/sairoku.html

 > 2015年7月3日更新
 > 那須野 薫、奥山 晶二郎、中西 鏡子、松尾 豊:Twitterにおける候補者の選挙地盤に着目した国政選挙の当選者予測

 せっかく「研究」しているんですから、もっとコンテンツに反映できるんではないでしょうか。「キレイでにゅるにゅるのFlashをつくりました!(それだけ)」というわけでもないでしょうに(仮に直接の担当はそれだけでも、共同研究の中でいろいろと見聞きしたものがありましょう)、もったいなくあります。

・(参考)「有名講師オンライン予備校『受験サプリ』・東大松尾研究室・経営共創基盤 共同プロジェクト」(2014年11月4日)
 http://www.recruit-mp.co.jp/news/pdf/20141104_01.pdf


 ところでキミは「研究のキホン」を知っているかな? 研究になくてはならないのは「仮説」じゃ。つまり、予想をたてて、それがあっているか、まちがっているか、たしかめるというわけじゃな。なあに、心配はいらん、かんたんなことじゃよ。

・仮説A ドクターイエローの仕事は「検査」だから、ゆっくり走って「丁寧に検査」するはずだ!
・仮説B 車体が黄色なら「夜間」でも目立つはずだ!
・仮説C ドクターイエローに窓が少ないのは秘密を守るため!

 仮説Aをみてみよう。

 この仮説があっているなら、「丁寧に検査」するためにはゆっくり走らなければいけない、といえる。速く走ったら「丁寧に検査」できない、ということじゃな。

 この仮説がまちがっているなら、「丁寧に検査」するためにゆっくり走らなければいけないということはない、といえる。「丁寧に検査」することと、走る速さとは関係ない、ということじゃな。

(えー、なにそれー、と呼ぶ者あり。)

 うむ。「丁寧に検査」できないと、こまるね。速く走ればいいのか、ゆっくり走ればいいのか、どっちなんだろう? キミはどっちだと思うかな?

(ゆっくりー! ゆっくりー! と呼ぶ者あり。)

 それはどうしてかな?

(きょねん新幹線でおばあちゃんちに行ったのですが、「まどのそとのシャソウ」が速くてみられませんでした。だから速く走ったらよくみえないと思います、と呼ぶ者あり。[3048]

 たしかにそうだね。

 おっと、なになに? おお、みんなよろこべ! 「ヒントが書かれた紙」が出てきたぞ!!

(ワー! ワー! はかせのくせにー、ひきょーだぞー、と呼ぶ者あり。)

 ドクターイエローは、「ふつうの新幹線」とおなじかたちをしているね。このかたちは「流線形」といって、速く走るためのかたちとして知られている。「カモノハシ」という鳥のくちばしのかたちをまねして造ったという話を聞いたことがキミもあるじゃろう。

(あっ、それそれそれ、速い! 速い! 速いの! それそれそれそれ、速いほう、やっぱ速いほう! と呼ぶ者あり。[3086]

(中略)

 ドクターイエロー博士とは違って「JR東海」の人に話を聞くことはできなかったのじゃが、「検査」をするのは、どうもドクターイエローだけではないようじゃな。

 ここまでかんがえたことをまとめてみよう。

・速く走ったら「丁寧に検査」できないかもしれない
・ドクターイエローは速く走るためのかたちをしているので、速く走れそうだ
・ドクターイエローのほかにも「検査」をするものがあるかもしれない

(わかったー! わかったー! えー、わかんなーい! と呼ぶ者あり。)

 キミはわかったかな?

(しかじかでカクカクだと思います、と呼ぶ者あり。)


 …大幅に端折りますが、以下のようなことを、子ども自身の実体験(※)とも絡めながら、順を追って理解するよう、うながしていくような指導が期待されます。

・検査のしかたには、機械と人の2種類がある。
・旅客列車は高速走行するので検査も同じ速度で(も)行なわなければならない
・ドクターイエローによる検査だけでなく、深夜に徒歩や作業車で「ゆっくり」の検査もある
・「ゆっくり」の検査も、高速走行での検査も、どちらも重要で、役割が違う
・両方ともしっかりやることが「丁寧な検査」である
・ドクターイエローによる検査でも、機械によるものと人によるものの両方がある。
・機械による検査結果は、必ず人が確認しなければならないが、人だけでは見落とすことを機械が見つけてくれることもある
・最近は、「ゆっくり」の検査にも機械が導入され、コンクリートの探傷検査などで活躍している
・検査や点検には、いつも同じように(始業前や運転前など)するものと、抜き打ちでするものと、2種類ある
・ドクターイエローは抜き打ち検査である
・いつも同じ時間帯に検査していては、気温の変化など時間帯による影響(気温が上がった午後に架線がたるむなど)を見落とす恐れがあるのでドクターイエローが走る時間帯がいろいろ変えてある

※実体験ベースとはいえ、新幹線に乗ったことがあるか、飛行機に乗ったことがあるか、特急列車に…といったことは、ご家庭のプライベートであって、「おばあちゃんち」がどこにあるのかというのも、なかなか機微に触れる情報で難しく…だからこそ修学旅行があるんですね、わかります。

 料理に例えて、ミキサーでぐわーん、と、包丁でとんとんとん、食材によって使い分けないと、おいしくできないよね、などといえばいいんではないでしょうか。低学年では難しいかもしれませんが、3年生なら十分、理解できそうです。

※といっても、近年「スムージー」などと称してズボラ…いえ、なんでもかんでもミキサーしてしまうご家庭もあって、例えが難しいかもしれません。(「スムージー」なご家庭を「いけない」とまではいえません。しかし、子どものようすをよく気にかけて、保護者が何かにとりつかれている観があれば、適切な対応が期待されます。子どもには、よくかんで食べる食事が必要です。)

 高学年であれば、短距離走と持久走に例えるのもありましょう。走るといってもいろいろあって、どっちがすごい、ということでもない、ということが実感されましょう。

 そして、大きな声でいうのはハバカラレますけれども、見学会に行っても(黒板に向かって30分くらいしゃべるでなく、展示物の横に立って「質問されたら答える」形式では特に)、ましてや現場の人が直々に説明するのでは、きちんと系統だてた説明は難しいでしょう。いきおい、「この装置どうだ大きいだろスゴイだろ(きょうは特別に触らせてあげようヨロコベ)」とか「毎日がんばってます(がんばりがすべてです、もし将来入社したらガンバレ)」的なことしか、いざとなるといえないものです。それぞれのことは個別にはわかってはいても、系統的な説明はできない、ということです。そこは教員や、教材をつくる人の専門性あってこその部分です。学研の人にも、がんばってもらいたく思います。

※かといって「約8分のビデオにまとめてございます」といって上映(「前振り」と「質疑応答」コミコミで15分、入れ替えに5分で毎時3回!)されても、わかっている人向けのおさらいにしかならず、初めてですと要点がなかなかつかめず、話の流れが見えません。それが「わからない」ということの正体でありましょう。朝日新聞のコンテンツでも、あくまでJR東海が大人向けに用意している広報資料そのまま(いえ、資料は見たことがなく想像ですが、一般に、の意)という感じで、「あれはこうです」「それはそうです」と単発にしか言っておらず、全体の流れが云々、というのは、やはり教員や記者に委ねられているといえましょう。

・なぜ「赤と白のストライプ」(黄色よりおめでたそう)でなくて「真ッ黄色!」([2467])なのか?(国際規格はあるのか?)
・踏切のバーの色や交通標識、「左側通行」など

 調べていくと、実に多彩な「オトナの事情(グローバル版)」が出てきて、まとめにくいかもしれませんが、いえいえ、そうしたことを知るのも「自由研究」でしょう。


 さて、いろいろな仮説をたてて、たしかめていくと、わからないことがあたらしくどんどん出てくるじゃろう。

・疑問A 普通の列車に「検査の人」が乗って「検査」できないの?
・疑問B 「夜間」にもドクターイエローが走っているの?
・疑問C 列車の窓は何のためにあるの?

 新聞記事データベースや検索サイトをつかって、しらべてみよう。

(クリック! クリック! 超ウルトラスーパークリック! と呼ぶ者あり。[2945],[3018]

 ひとつずつしらべていくと、どうして仮説があっているのか、どうして仮説がまちがっているのか、その理由がわかってくるじゃろう。さいしょにたてた仮説は、まちがっていてもいいのじゃ。仮説があっていることよりも、仮説をたてたことで、わからないことがどんどんでてくることや、それをしらべていくことのほうが、研究では大事なのじゃ。

 疑問Cをみてみよう。


 …端折ります。

・車両の基準を定めた省令が云々で定員に応じた換気や採光、非常時の脱出が云々、劇場など多くの人が集まる建物でも同じのはず(なのに映画館には窓がないですねぇ)
・新幹線の(客車の)窓は一度は大きくなったが、再び小さくなった
・ドクターイエローに採光が必要か?
・鉄道車両の製造方法(工法)をしらべてみよう
・窓は、鉄板に穴を開けてつくる
・必要がなければ、窓をつくらなければいい
・「わざわざ窓をふさいである」のでなく「もともとつくってないだけ」だとわかる
・ドクターイエローにしかない「変な窓」はある?
・必要さえあらば「えー、こんなところに窓?」という「変なつくりかた」もするんです

 「窓が少ない」という見た目だけから「秘密を守るため!」だなんて、うーん、現場の人も、そんなことは考えたことがなかったなぁ、と苦笑いしつつ、「そういうこともあるかもね」などと、一種「話を合わせて」くださるわけです。それを真に受けて「『秘密を守るため』なんだって。『JR東海の人』に聞いたよ!」などといってはだめでしょう。

※日本語コミュニケーションにおいても「C2」が重要だと自覚されます([3061])。これを英語でできる自信のある方、いるんでしょうか。同時通訳ができても、意外とできなかったりしそうです。


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3101


(約5000字)

この記事を参照している記事


[3103]

「ATACSの首都圏全域展開」を読み解く(前編)

2015/8/23

[3114]

貨物線のいま(7) 南武支線「小田踏切」の遮断時間を読み解く

2015/10/18

[3121]

羽田トンネルとATS、そして赤羽台トンネルとATC

2015/10/29

[3123]

Re:[3122] 小田急の「D-ATS-P」は、なぜATCと呼ばれないのか

2015/11/1

[3130]

ぐんまちゃんのパーソントリップ調査と統計報告調整法(旧法)

2015/11/17

[3132]

実例に見る日英対訳(5) 失われたニュアンスを求めてC2

2015/11/25

[3147]

【年忘れ】 戻りたい! 『始まりと終わりのATOS』をもう一度(「連動装置」を遠回りに読み解く)

2015/12/20

[3149]

貨物線のいま(9) 「オールグリーン!」と変電所そして『新型車両』

2015/12/27

[3161]

「試運転」を読み解く(続) / 「多目的」を読み解く(仮)

2016/1/14

[3174]

「USO800:2016」ドラフト版を読み解く

2016/2/10

[3178]

リアルタイムオンライン座席予約処理装置「MARS-1」(マルス1)を読み解く(中編)

2016/2/25

[3180]

リアルタイムオンライン座席予約処理装置「MARS-1」(マルス1)を読み解く

2016/2/25

[3187]

「ヤフー報告」を読み解く(仮)

2016/3/10

[3189]

デトロイト・メトロポリタン国際空港「ExpressTram」に見る『美・用・強』

2016/3/12

[3213]

研究ホワイトボックス(10) ハイパー・ゼロ:「後方業務」としてのパスファインダーと「LHR」

2016/4/1

[3281]

縦書きディープなラーニング(前編)

2016/5/17

[3291]

読売新聞「電車の出入りや付近の信号を確認するモニター」を読み解く(談)

2016/6/20

[3303]

「Google画像検索」・「Street View Image API」を使う

2016/7/16

[3336]

いま問うエクセル新南口のココロ

2016/8/20

[3386]

研究ホワイトボックス(14) 「EQF」を読み解く(後編)

2016/11/17

[3387]

実例に見る日英対訳(13) 「EQF」を読み解く(前編)

2016/11/17

[3394]

実例に見る日英対訳(14) 「ヨコハマ開放区」

2016/12/28

[3399]

実例に見る総合評価(後編) 『4.84=5』を読み解く

2017/1/10

[3408]

【2018年度】「総武快速線新小岩駅へのホームドア設置工事着手について」を「小田急のD-ATS-P」で読み解く(仮)

2017/1/27

[3440]

【H29規制対応】いま問う「エイプリルフール」のココロ(協定編)

2017/3/31

[3486]

実例に見る日英対訳(15) 若き「var jyoyoKanjiArray」の悩み

2017/5/26

[3492]

千葉テレビ「アートコーヒー」を三菱商事食品グループ「オタフクソース」(1975年)ならびにニチロ「さけフレーク」で読み解く(談)【フレンズ定食あり】

2017/6/18

[3494]

10年後に読む「第5世代鉄道 −知識創造による鉄道の革新」(2005年1月)

2017/6/26

[3495]

10年後に読む「公共交通機関旅客施設のサインシステムガイドブック」(2002年11月)

2017/6/26

[3520]

【自由研究】続・いばらき「主論文・野帳・掲示物・標本」を読み解く

2017/7/27

[3570]

【毎度有難う御座います】せいせき(京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター)「聖蹟桜ヶ丘ミートセンター」ほかをきわめて遠目に眺める(談)【サッポロ品質シートあり】

2017/11/19

[3615]

まだ見ぬ『高速吉祥寺』の青写真をたずねて(高速長田編)

2018/3/10

[3634]

八街市「八街市地域公共交通網形成計画」(2016年3月)を読み解く(後編)

2018/4/5

[3695]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(運転編)

2019/3/1


関連する記事


[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 旧街道


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 警報音


[3712]

「理由の書き方」 / 「自分の考えの書き方」 / ほか tht - 2019/6/4

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 観念


[3714]

Re:[3701] 「箱庭」とは何か / ほか tht - 2019/6/4

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 決定版


[3539]

【自由研究】ゆるシミュ(5) tht - 2017/8/31

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 実装 ショッピング


[3490]

新訂よくわからないはなし tht - 2017/6/14

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 発泡スチロール


[3649]

【お知らせ】ストリートビューの表示を休止します tht - 2018/5/31

列車 車両 線路 発想 研究 建物 実装 ゲーム 仮名 決定版


[3657]

Re:[3656] 「富士山の使い方」 / ほか tht - 2018/6/30

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 道路構造



話題を見つける

●多彩な方法でフォーラム内をサーチ!
●目的に合わせて使い分けよう。


2014年度以降の主な記事(スコア順)
HITSアルゴリズムを用いたブラウジングをお試しください。【詳細】


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新


最近の主な話題
(2014年度〜)


キーワード (索引)
2014年度以降のキーワードや文字数の多いキーワードなどから、記事を探せます。


リファレンス (参考文献)
リンク先のタイトルをドメイン別に一覧しながら、記事および参考文献を探せます。

【自由研究】の話題
「主論文・野帳・掲示物」とは?(PDF)
【自由研究】の記事一覧(新着順)


国土地理院の空中写真 を紹介している記事
(PCでの閲覧をおすすめします)


「多変量解析実例ハンドブック」の記事一覧(新着順)
「R with Excel」の記事一覧(新着順)
(統計解析環境「R」を電卓のように使い、データの入力とグラフの保存のため「Excel」をノートのように使います。)


画像で探す
列車 | | 植物 | | 計算機 | 掲示物 | 食べもの
この記事に関連する画像





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.