フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)

ご利用状況について
このフォーラムについて
機能の改廃等について

(※新規の掲載はお受けしていません。)

全角と半角、大文字と小文字が区別されます。

検索の代わりに:
キーワード (索引)もどうぞ。



[3267]

COSMOSにみる何か的なもの

列車 建物 建設 国鉄 スジャータ シスコ コムトラック 水道橋駅 永楽電気


 !すでのなWG

・個人のブログ「ビュースジャ」(2012年9月12日)
 http://blog.goo.ne.jp/sujahta-sujahta/e/fec91b4e4b009391d9cc094ad1352178

 > ストリートビューに偶然にも映ったスジャータのトラック

・Google ビュースジャ(R)ジャナイ(※)「冷凍・冷蔵車 ターャジス 人恋の色褐 くらいめ京東」付近
 https://goo.gl/maps/rBmZeoi78Jo

※営業所なので「偶然」ではないですね。エヘンエヘン。

 わあぃターャジス。ターャジスがいっぱい。***ターャジス***。このように、建物の搬入口の向きでいかんとも「ターャジス」になる場合を除き、ただの駐車場ではなるべく外(敷地外)から見て「スジャータ」になるよう、「前向き駐車」と「後ろ向き駐車」が使い分けられてすらいそうな気配がみられました。

・Google ターャジスジャナーイ京東(宇都宮市下栗1丁目)「スジャータ、褪色の恋人!」付近
 https://goo.gl/maps/KoDrbfcadJE2

※「たい色」については[3176]も参照。

・「それはそれは長い歴史、なのです。」(本件とは無関係です)
 http://www.excite.co.jp/News/game/20121213/Kotaku_201212_the_evolution_of_video_game_controllers.html
 http://s.eximg.jp/exnews/feed/Kotaku/Kotaku_201212_the_evolution_of_video_game_controllers_2.jpg


 …GWなのです。

・NHK「新幹線電光板 連休対応ミスか」(5月4日20時08分)
 http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160504/5059901.html

 > JR東日本によりますと、4日朝の始発から東北・上越・北陸の各新幹線の全ての駅でホームや改札口などにある発車時刻や乗り場などを知らせる電光掲示板が表示されなくなりました。

 > JR東日本によりますと、トラブルの原因は掲示板のシステムの設定を大型連休のダイヤに対応させていなかったことだとみられるということです。
 > 具体的には3日と4日の2日間でシステムの上限の1600本を超える列車を運行するダイヤを組んだのに設定を変更していなかったということです。
 > JR東日本は4日中にシステムを復旧させるのは難しいとし「お客様にご迷惑をおかけして申し訳ありません。一刻も早く復旧させるべく対応しています」と話しています。

・読売新聞「新幹線全駅の掲示板ダウン、表示できず…JR東」(2016年5月5日0時57分)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20160504-OYT1T50028.html
 http://www.yomiuri.co.jp/photo/20160504/20160504-OYT1I50003-L.jpg

 記事中では区別されず「電光掲示板」、「電光掲示」(エトキ※1)、「掲示板」(見出し)と記されていますが、写真を見ますと、液晶モニターでWiMAXとみられるソレ([3015],[2931]も参照※2)も同じく『ダウン』しているようすが…いえいえいえ、液晶モニターに、きちんと「空欄が4つ!」と「お知らせ」が正しく表示できているではないですか。どこが『掲示板ダウン』なんですか、なんですかっ! …などと「憤がい!」してはいけませんよ。そこまで区別して見ようという見かたは技術的すぎる、新聞が伝えたいのは、技術的な詳細ではなく、▼お客さまお客さまたいへんお困りのごようす、▼誰に責任があったのか、マニュアルの不備などあったのかっ!! というあたりで、これはとっても大事なことです。

※1 液晶モニターに貼られている紙には「発車案内電光掲示板 故障中 ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と、「名状しがたいMS ゴシックのようなもの!」で印字されております。ならば記事としても「電光掲示」と書かざるを得ません。本当でしょうか。

※2 [3268]で後述。

・NHK「新幹線の電光板 始発から復旧」(5月5日7時16分)
 http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160505/5074141.html

 > JR東日本の管内を中心に4日の始発から新幹線の駅で発車時刻などを示す電光掲示板が表示されなくなるトラブルが終日続きましたが、

※「東北・上越・北陸の各新幹線の全ての駅」と「JR東日本の管内を中心に」を総合しますと、北陸新幹線の西日本区間は含んで、北海道新幹線は含まないとか、そういうことですか? 秋田と山形は含まないんですか?(後述。)構内にポイントのない安中榛名や上田は含むんですね? …などと(略)。ガーラ湯沢は…ゲフン。

 > JRがシステムの設定を修正した結果、5日の始発の案内から全ての駅で正常に表示できる見通しだということです。

 うそーん。いえ、「一刻も早く復旧させるべく対応しています」が、うそーんではないか、ということです。(マコトに恐縮です。)

 4日のうち、早々に決めたのは、▼5日の始発から正常に表示できるよう、▼4日の終電後、5日の列車本数にあわせて「上限」を引き上げること(そのため、バッチ処理の開始時刻を前倒しする?)でしょう、と想像してみます。

[2511]
 > 古いシステムのように夜間にバッチ処理とか毎朝起動

[2539]
 > リアルタイム処理化によってバッチ処理の嵐から解放されたとか

※いかなる資料に書いてあったことなのか、もう一度探すのが大変ですが、探してみます。(恐縮です。)

 「古いシステム」といって、その実、(国鉄の)コムトラックや埼京線のPRCなどを念頭にしています。民営化後に、東北新幹線の(国鉄の)コムトラックが改修なり更新なりされて「COSMOSと呼ばれる総合的なシステム!」に一種「進化」したとはいえ、足元(通信回線など)の隅々までシャッキリと新しくなったかどうかはよくわかりません。

 また、夜行列車や貨物列車があって「線路閉鎖」の管理で24時間稼働が必須となる在来線のPRC(ATOSを含む)とは異なり、新幹線のシステムは、いまでも『0時から6時』にはシャットダウンしたり、ここぞといって、朝の3時や4時ごろにごそごそと起き出して「本日のダイヤはこれだっ! みなきけ!」と高らかにラッパ…いえ、バッチ処理で各駅にデータを配信と、そのような運用がなされていそうだと想像されるのですが、このあたりが解説された資料などございますでしょうか。

・日立製作所 ソフトウェア事業部「新旧システム資産の統合化を実現する日立アプリケーションサーバの豊富なラッパー製品」
 http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/download/catalog/pr/omr10_3.pdf

 > バッチ・ラッピング:バッチ処理にアクセスするラッパー

・ウィキペディア「新幹線総合システム」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E5%B9%B9%E7%B7%9A%E7%B7%8F%E5%90%88%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

 > 1995年11月より導入
 > 輸送計画システム・運行管理システム・車両管理システム・設備管理システム・保守作業管理システム・電力系統制御システム(COSMOS-SCADA)・集中情報監視システム・構内作業管理システムの8つのサブシステムから構成

 > 輸送管理システム
 > 作成した輸送計画は運行管理システムに送られる

 > 運行管理システム
 > ダイヤデータを駅に設置された駅PRCシステムに送り
 > 従来のCTC装置を統合して運行管理システムの1つの機能とし

 > 2008年12月29日
 > システムへの入力がシステム上の日付切替時刻(午前5時)に間に合わなかった

 > 2011年1月17日午前8時23分ごろ
 > 大量の変更データ入力を短時間に行ったため、一時的にシステムの許容負荷を超過したため

 システム全体が24時間稼働であるかはよくわからないですが、夜間作業にかかる部分では夜間も動いているというあたりまえな話でした…。

 その裏で、「あしたの運行の準備!」といって、午前5時より前にバッチ処理を終え、午前5時に「前日」のデータを捨てて「本日」のデータを使えという指示を出すということのようですね、なんとなくわかります!! (えーっ…)

[3200] 「CTC駅装置と呼ばれるノード」
 > いま、「CTC」は事実上、「通信を実現する設備」だけを指す、狭い用語と化している
 > JRのATOSでいう「最新技術を適用したノード」を両端とする部分(※※)が、日本信号さんでいう「CTC」にあたるとみられます。(そういう見かたをするのが妥当か、意味があるかはさておき、読者が正確な読解を期そうとして用語の定義を確かめる上ではそういうことに、日本信号さんの記述ではなります、の意。)
 > 歴史的にも「CTC」といって、その実、長距離通信かくやという、通信こそが主な仕事であった(電気局として通信用の電線を管理する話であった)ことがうかがえます。

 > 「昼夜で音量を調節する制御」も、各駅の装置の時計で行なうのでなく、PRC装置と呼ばれるコンピューターの時計に基づいて、PRC装置からの制御で実現されている(各駅としてはまったく介入が許されない?)ことがわかります。もっとびっくりです!

 > 「CTC駅装置と呼ばれるノード」は、やはり「ノード」であるので、仮には、4ポートのLANボードが載っていれば、枝分かれできる! 枝分かれに使う「ノード」は重要なので「UPS」をつけときました! …と読まれます。

[3248] コムトラックと在来線のPRC
 > コムトラックと同様の、オンラインの旅客案内装置を在来線でも備えようということは、直接には、東北新幹線と同時に整備された埼京線で、ええい、新幹線と同じにしてしまへ〜、ということだったかまでは確認できていませんが、かなりの部分で、コムトラックを踏襲して「埼京線のPRC!」が構築された(LED発車標の採用が始まっていながら埼京線では反転式が採用されるくらい、一種「枯れた技術」として採用された、の意)、というのが1985年(北九州モノレールと同年[3019])であり、コムトラックから10年で在来線にも展開されたとみたとき、さほど遅くはなかったと感じられそうです。
 > ※そこから10年、1995年が中央線のATOSで、さらに20年が経って現在に至るというわけです。
 > ほとんどのことは、ATOSより前から実現していたのです。

[3199]
 > 「最新技術を適用したノード」([3198])が待たれるのではないか

[3198]
 > 中央線といっても、快速線のソレ(線区中央装置)と、水道橋駅が属する緩行線のソレとで、まるで「セカイ」が別(比ゆ的には、ATOS駅装置が把握しているデータのスコープが別=最初期の『自律分散ループ伝送システム』[3019]の『データフィールド』がそのままであれば、物理的にもセカイが別?)

 > 連動駅では、「図6 ネットワークの見直し」に示されているように、今般の「更新」で、だいぶ「いまどきフツーのネットワーク(ただしループ)」に置き換えられるようです。本文中では「最新技術を適用したノード・SW-HUBなどの更新によりネットワークの高速化」との記述があり、うーん、シスコさんですか? シスコさんですねっ! …などと(略)。本当の意味での「汎用技術の活用」が、(運行管理という、鉄道にとっての「基幹系」で)やっと実現された(今般の更新までは、図6にある「情報系データ」だけでの採用に留まっていた?)と読まれます。

 在来線のATOSでも、いま、ようやく「最新技術を適用したノード・SW-HUBなどの更新によりネットワークの高速化」に取り組まれつつあるという状況ですから、(東日本の)新幹線のシステムの通信回線も同じような状況なのではないかなぁ、と想像してみます。(導入時期がほとんど同じ1995年ですから、その後の更新時期も重なるはずです、の意。)

 つまり、上限が「1600本」といって、その実、「そんなの、チョイと引き上げればいいんだよ☆」と言い放つことはできない、仮には秋田や山形のほうなどに『細い回線!』(仮には1.5MbpsのWANとか10MbpsのLANとか)でも残っているんではないかとか、そのため、データの件数を増やすということは、通信にかかる時間を長くとるんだと、そのため、深夜手当をいただきながら働くたいへん貴重な人びとに、もっと長く働けだとか、連休中だけ2時間早く出勤されたし(午前3時でよかったのが午前1時になるとか、の意)とか、そういうことが想像されてくるわけです。(あくまで想像ですが、想像するならそういう面を想像しないととんちんかんになりますよ、の意。恐縮です。)

・(参考)JR東日本 新潟支社「2016ウインターシーズン営業について」
 http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/20151119gala.pdf

 5月8日まで営業とのことです。GWですね、わかります!


 自動放送については、少なくとも連動駅では、「簡易型」になったとのつぶやきがみられます。おお、そういうことでありましたか。

 ATOS導入前の稲毛駅で、いわゆる「東海道型」(東海道線の連動駅から導入が進んでいったといわれる、PRC装置に付随する自動放送装置っぽい「お声」のソレ)が、3番線で朝のラッシュ時のみ「詳細型」、それ以外はすべて「簡易型」であったのを思い出します。その時間帯のデータだけを、駅の要員が手作業で入力なり確認なりして…そのような手作業ができる分量だけ、または、ホームの事務室に要員が詰めている時間帯だけ、「詳細型」を流すことができていたと想像されます([2953],[3202]など参照)。

 装置の構成上、「火事です! 火事です!」と同じ装置(非常用放送設備)に「列車がまいります」の固定のメッセージ(チャイムから「ご注意ください」までROM上で1文)を載せてあって、(装置の中では)常に流れていながら、実際には上位システム(新幹線ではCOSMOS)から出力される「詳細型」の案内放送の音声のみをスピーカーから流していると、まさに「自放音源」だといえそうですね、わかります!(この仕組み自体には、新幹線と在来線とで違いがないとみられる、の意。あくまで状況からの推定です。)

※永楽電気さん「ATOSユニット」([3219])、成田空港高速鉄道殿([3249])など参照。

[3219]
 > いくら「ATOSユニット」とはいっても、これは、永楽電気さんの側で、『ATOSのためだけに必要となるオプション製品である』(当社のラインアップとしてはレギュラーでなく、ATOSのためだけに用意する特別な品!)という理屈からの命名であって、しかし、一般の市場から見て何か特別な仕様であるかといえば、(限りなく)いいえ、いたってフツーのI/Fだろうと決めつけます。

[3249]
 > 成田空港駅は連動駅で、また、PRCとも連動していて云々と、ゲフン…そして、仮には「自放音源」としては公団っぽい(大家さんとしての成田空港高速鉄道があらかじめ備えた)ものが、JR・京成の区別なく駅施設の全体に対して1組あるのではないか、そして、仮にPRC連動の放送が流せなくなれば、JR・京成で通し番号での「○番線に列車がまいります」という最低限の「接近放送」が(JR・京成とも「同じ声」で)流れるのではないかとすら想像されてしまいそうです。うーん。

 > 仮にそういうことがあれば、おお、「自放音源スイッチ!」と呼ばれる切り換えの方法は、水道橋駅や、中央線のATOS(1994年ごろ)より前に、成田空港駅(1991年3月19日)で一種「発明」されていたのかもしれないと思われてきそうです。(まったく勝手な想像です。)

 新幹線の岡山・博多開業のころ(1972年、1975年)のコムトラックとしては、徹底した合理化が図られ、自動放送、発車標(当時は反転式)ともに、駅での操作をまったく不要とする構成にされたと「『交通技術』のほう!」で説明されています([3208])。

[3248]
 > 国鉄へのマイクロ波の割当があってこそ「新幹線のCTC」が実現でき、「新幹線のCTC」が実現できたから「新幹線」が実現できた、と説明されることがあります。

 CTC(COSMOSでいう通信機能)が「オールグリーン!」(問題なく稼働中、の意)でない限り新幹線は走れない(走行中とあらば緊急停止させる?)、と仮に早合点されています。(あくまで早合点です。)

 新幹線が新幹線である限り、そのような態勢(人の介在を極力なくして信頼性を高めるというアプローチ)は続いているとみられますから、在来線のように、駅でローカルに情報を入力してソレっぽく表示するという人的なソレは(指令所に完全に集約され)、(個々の駅では)いっさいしないことになっていると推定されましょう。(あくまで推定です。)

※つまり、新幹線のCOSMOSにあって「通信がダウンしたらスタンドアローンで!」などという態勢(要員の配置、の意)は用意されていないだろうということです…たぶん。

・(参考)「電気技術史」電気学会(2002年9月11日)
 http://www2.iee.or.jp/~fms/tech_a/ahee/newsletters/pdf/n28.pdf

 > 日本は山が多く、山岳回折波通信となる区間が多い
 > NEC自体は自費研究として玉川工場屋上に径10mのアンテナを建設し、400km離れた岩手県束稲山との間で通信実験を行い好成績を得ていた。
 > ワシントンのペンタゴンの承認が必要なので、私は下手な英語でハワイとワシントンで高感度受信方式の講演をさせられた。

 > 衛星通信方式に置き換えられるまで(略)
 > 軍の機密上学会で発表できなかったが、電話60通話路相当の帯域幅で、知覧−八重岳間600km無中継の2000MHz帯の無線通信は1963年当時世界記録だったと思う。

 置き換えられて『御役御免!』になった(とみられる)上、言及しているのがあくまで、▼技術上の一般論(既に多くの人が知っている『世間話』とも)、▼契約関係(ただし金額を含まない)と、▼(自社の)開発・納入の内容だけ、ということで問題ないという判断なのでしょう。(コストが云々と言及されながらも具体的な金額は伏せられています。さすがです!)

 > 聞き取り調査について
 > 全部で90人近い先達の聞き取りに立ち会うという幸運に恵まれた。
 > この調査では、「実績としては世に隠れもないものを持ちながら、個人としての知名度はそれほど高くない人」という基準をおいているので、成果の方からたどっていくことになる。したがって、まず検討の俎上に上げられた成果について評価することになる。ここでは、技術そのものにオリジナリティがあったか、世界最初の製品であったか、従来製品を性能において著しく上回るものであったか、世に大きなインパクトを与えたか、といった観点から議論し、これらのうちいくつかの条件を満たしていれば候補とした。

 > 聞き取りをいつの時点で実施するか、そのタイミングも重要である。
 > (略)遅すぎてもよくない。人間誰しも時の浸食から逃れることはできない。若き日に人一倍輝いていた人ですら確実に大切なものを奪われていく。ほんの数例であるが、不幸にしてその度合いの大きい先達がいた。こちらの質問と答えの脈絡が断絶していたり、繰り返しが多かったりで、なかなかインタビューが進行しないのである。また、中にはインタビューの日時まで決めておきながら体調不良とのことで延期を申し出られ、そのまま再起が適わなかった先達もあり、昨日まで元気で活躍していながら一瞬にして天に召された碩学もあった。いずれも当方としては痛恨の極みであった。

※…うーん。「90歳ヒアリング」([3094],[3179])も参照。…うーん。

 ところで、まったく傍題ですが、「世に隠れもない」って、用例が極めて少ない変な表現ですねぇ。

・「隠れもない」
 https://kotobank.jp/word/%E9%9A%A0%E3%82%8C%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84-460909

 「紛れもない事実」と「世にはばかる」など、いろいろごっちゃになると「世に隠れもない」などと化けるのかなぁ、と思われました…ちょっとだけ。音楽のレコードの『名盤』(の評判の高さ)や、「名指揮者」(のすぐれた実績や経歴)など指して「世に隠れもない」とする表現がステレオ(音響機器のソレ)などの雑誌(=当時)にあふれていたりするのでしょうか。

※辞書を引いてもはっきりしない表現は、公的な文書には使ってはイケマセン。「センパイが使ってるから!」といって、いえいえいえ、センパイ(概ね50歳以上=2016年において)に間違いを指摘するのが、これからの「若い人」(概ね49歳以下=同)の務めだと思いまーす。(恐縮ですが、どう考えても「世に隠れもない」という表現を使うのは納得できません。)


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3267


(約9000字)

この記事を参照している記事


[3268]

「パレットマルチカラー発車標」は「512色中8色」

2016/5/5

[3270]

【柏市・東武】2018年度末に高柳駅を橋上化、2019年度末に六実−逆井間を複線化

2016/5/9

[3321]

〔フレッシュおはよう東日本〕15号:【西船橋駅】東葉高速線の開業に伴いシステム化を先行か(1995年)

2016/8/6

[3352]

〔フレッシュおはよう東日本〕83号:「総武快速TID装置(SN95)」を読み解くために「PC-9801-107」(1995年1月)を読み解く(仮)

2016/9/12

[3383]

【秋の自由研究】「1問しかたずねない」のは「アンケート」にあらず

2016/11/11

[3393]

【年忘れ】 「立川駅(1979年・1988年)を読み解く」と見せかけて「立体感」を読み解く(談) / ほか

2016/12/28

[3499]

「各駅の搬送装置」のカドにヒザをぶつけてころげまわるはなし(談)

2017/6/30

[3552]

試しに日経産業新聞「先に着く列車はこちら」を斬ってみる(談)

2017/10/4

[3594]

いま問う「相関係数計算機」のココロ

2018/1/1

[3616]

まだ見ぬ『高速吉祥寺』の青写真をたずねて(羽幌編)

2018/3/10

[3662]

「映像表現」入門(CG編&インタラクション編)

2018/7/21

[3685]

【木花開耶】「A9V5」かく語りき(仮)【2レーン15バースあり】

2019/1/1

[3688]

【G4A】試しにA7「巡航速度」からのA9「巡航速度(後退)」を斬ってみる(再)【ろじたんフォークあり】

2019/1/1


関連する記事


[3380]

いま問う「約225分」のココロ(談) tht - 2016/11/5

列車 発想 研究 建物 建設 国鉄 実装 ゲーム 数学 朝日放送


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 警報音


[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 著作物


[3601]

【カムロちゃん】『京成うすい駅』とその周辺【山の神バス停あり】 tht - 2018/2/15

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 課長


[3592]

貨物線のいま(15) どうなる神奈川東部方面線(鶴ヶ峰編) tht - 2018/1/1

列車 車両 線路 発想 道路 建物 建設 国鉄 仮名 目黒線


[3673]

【ちば】「京成西船(旧葛飾)」ほかを読み解く(仮) tht - 2018/8/31

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 分停車


[3653]

【北見北上】「もんじゃストリート」は続くよ(網走編)【網走アポロ石油あり】 tht - 2018/6/10

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 港町


[3491]

貨物線のいま(13) 旅客会社のシステム投資、貨物会社のプラスに tht - 2017/6/15

列車 車両 線路 発想 道路 建物 建設 国鉄 キロ ノリノリ



話題を見つける

●多彩な方法でフォーラム内をサーチ!
●目的に合わせて使い分けよう。


2014年度以降の主な記事(スコア順)
HITSアルゴリズムを用いたブラウジングをお試しください。【詳細】


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新


最近の主な話題
(2014年度〜)


キーワード (索引)
2014年度以降のキーワードや文字数の多いキーワードなどから、記事を探せます。


リファレンス (参考文献)
リンク先のタイトルをドメイン別に一覧しながら、記事および参考文献を探せます。

【自由研究】の話題
「主論文・野帳・掲示物」とは?(PDF)
【自由研究】の記事一覧(新着順)


国土地理院の空中写真 を紹介している記事
(PCでの閲覧をおすすめします)


「多変量解析実例ハンドブック」の記事一覧(新着順)
「R with Excel」の記事一覧(新着順)
(統計解析環境「R」を電卓のように使い、データの入力とグラフの保存のため「Excel」をノートのように使います。)


画像で探す
列車 | | 植物 | | 計算機 | 掲示物 | 食べもの
この記事に関連する画像





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.