フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)

ご利用状況について
このフォーラムについて
機能の改廃等について

(※新規の掲載はお受けしていません。)

全角と半角、大文字と小文字が区別されます。

検索の代わりに:
キーワード (索引)もどうぞ。



[3284]

新しい広域流動(4) 外房線・東金線

列車 線路 発想 道路 建物 建設 国鉄 電子電鈴 計画手法 茂原市


「土気往還」と「本寿寺」「善勝寺」
大網白里市「季美の森」
外房線・土気−本納間:「電車特急」を実現したCTC


 [3004],[3005],[3050]に続き、電車特定区間を外れてすぐの区間や、そのちょっと先の区間での輸送改善や輸送力増強が、これまでどのように進められ、いま、どのような「カード(切り札)」が温存されているのか、探ってみようと思います。

[3004] 神奈川県厚木市・清川村・愛川町
 > 2000年の「18号答申」から現在までの大きなできごととして、リニア中央新幹線の着工が筆頭に挙げられます。東京圏における鉄道整備において、これまでのように狭い地域だけ、沿線の需要だけを考えて新線や接続線を検討していくだけでなく、より広域の流動を見渡して検討していくことが求められてきます。

 > 「18号答申フォローアップ」([3003])でも指摘されていますように、都市圏の外縁部を高速に移動できる軸は重要です。今後30年のモデルになるような(略)は直感的には意義の大きいことですが、この効果をいかにして定量化するか、どのくらい広域まで、きちんと便益を算定していけるかが、今後の課題といえます。

[3005] 八高線・川越線
 > 表題は八高線・川越線ですが、まずは内房線・京葉線の話です。

 > 環境の変化に対応でき、自らも環境に影響するのだという自覚のもとにサービスを計画していく、いわば新しい計画手法に基づく施策、あるいは、そうした計画手法を適切なタイミングで開発していける能力(※)というもの

 > いわゆる「利用意向」については十分な調査が行なわれず、また本質的にも信頼性を出しにくい調査項目である(聞き方や聞く相手によって変動が大きい)ことから、新しい列車やダイヤを開発していく方向の施策は打ち出しにくいのでしょう。

 > 道路でいえば「小田原厚木道路」([2583])にあたるような周縁的な線区(八高線、川越線、相模線、成田線など)は、電車特定区間に含まれていません。これは、1984年においては妥当な判断ですが、30年経ったいま、果たして妥当であり続けるでしょうか(※)。

 > 当該区間の外側から外側へ乗り通す客の流れを考えるということは、ネットワークの設計に近い発想になってきます。路線網が持つネットワーク構造や構造上の重みをほとんど考慮に入れていないために、こういうこと(需要を喚起するような施策の立案ができない)が起きるといえます。
 > 川越から八王子まで、自社線で直通できるのに、その途中の列車本数が非常に少ないとなれば、利用客としては(あるいはナビタイムのアルゴリズムとしては)私鉄と武蔵野線を乗り継ぐほうを選ばざるを得ません。かくして武蔵野線が、本来さばくべきニーズ以上に混雑するということになってきます。武蔵野線への過剰な投資を抑制しつつ、その混雑を緩和したければ、武蔵野線より外側の路線(路線網)の利便性を高めて、そちらにも乗客が流れるようにしていくことが求められてきます。

[3050] 水郡線・鹿島線
 > 都市圏の周縁部における鉄道の利便性や速達性などに関する考えかたを考えて(※)みましょう。

 > もっと難しいのは、ほとんどの統計が互いに、それぞれ同じような関係にあるということです。トレードオフですね、わかります。すべてをほうり込んで「ディープラーニング」(deep learning)でもさせれば、何かは出てくるでしょうが、どうしてそうなるのかまでは(自動的には)出せません。また、何を変えれば何がどう変わるかの予測も自動的には出てきましょうが、計算に入れていない未知の要因(変数)がないとも限らず、(自動的に)出てきた施策(例えば減便や減車)を現実に適用するにあたっては、なお慎重さが必要とされるはずです。

 > 1986年度まであった水郡線全線(水戸−安積永盛間)での貨物営業も、著者のいう「強気」の旅客営業の基礎となった(文字通り「インフラ」となった=路盤の維持にコストがかけられている等)面もあるでしょう。

 話題が飛び飛びでわかりにくかったかと思い返されますが、▼[3004]では「ほくほく線」様<よう>の新線を首都圏の外縁(都心から放射状の路線とならない例)でも模索する例、▼[3005]では「通り抜け」型の流動が十分に考慮できていないのではないかと懸念される例、それに▼[3050]では、現に高規格な線路を有しながら十分に活かされていない例に着目しました。

※つまり、あらゆる線区について順番に述べようという意図はないということです。また、例に挙げた線区は、いずれも例としての言及であって、個々の線区をどうのこうの(『こうあるべきだ!』)と論じたわけではないのです。ゆる〜くいきましょう。あざっす。

 このあたりを広く踏まえながら、外房線・東金線を見てみます。

 以下、前編にあたる本稿「新しい広域流動(4) 外房線・東金線」([3284])では、YouTubeの映像とGoogleストリートビューの画像を参照しながら、外房線の「完成形」のイメージを共有します。

 中編にあたる「空から昔の新茂原を見てみよう」([3285])では、国土地理院の空中写真を参照して、1980年代の外房線の貨物輸送について往時をしのびます。そして、19世紀末からの外房線・東金線の建設と、後年の電化、CTC化、複線化の流れを追います。

 後編にあたる「外房線を「迂回率」で読み解く」([3286])では、特急わかしお号の映像から停車駅間ごとの表定速度を求め、外房線の列車の速さを実感します。外房線の主な駅と東京駅の間での「迂回率」を求め、沿線での道路交通に対する優位性を確かめます。


●「土気往還」と「本寿寺」「善勝寺」


 外房線といって、こう、「公団のにおい!」で高架線がしゃきっと生えている、という印象があったのですが、千葉市内の区間は地平を走っており、道路が順番に、長い時間をかけて「単独立体化」が進められているようすが見えてきます。

 外房線の千葉市内の区間(千葉−蘇我−土気)については後回しにして、外房線の外房線らしい(計画上、ほぼ完成形とみられる)区間を先に見ることにいたします。

 いきなり大網白里市です。

・Google ストリートビュー 外房線「大網白里市金谷郷」付近
 https://goo.gl/maps/AcHYdHjvvWL2

 どーんとそびえたつ、高架線ではなく橋りょうですね。

・Google ストリートビュー 外房線「千葉市緑区土気町」付近
 https://goo.gl/maps/yJU6jKXrBXu

 千葉市と大網白里市の境は、トンネルです。おお、千葉支社の管内にトンネル! 全長は「880m」との記述が散見されますので、うのみにします。

・個人のページ「土気トンネル」
 http://pcitorn-nitikaku.sakura.ne.jp/sotoboutoke1.html
 http://pcitorn-nitikaku.sakura.ne.jp/IMGP14671.jpg

 おお、ここにもレンガ!

※「本寿寺」の境内からの撮影のようですね。ストリートビュー(の車)が入れないのは当然ですが、個人の立ち入りも節度をもってどうぞ。「本寿寺」は、「土気城と土気集落の裏鬼門」で「桜と梅の名所」ということです。おお、ストリートビューで見える線路沿いの広い土地は、お花見のできる広場なのでしょうか。ぜひ花のシーズンに訪れてみたいですね。

・Google ストリートビュー 「本寿寺」付近(2015年5月)
 https://goo.gl/maps/BdCAfi8qBYQ2

 寿命を迎えたとみられる大きな木が伐採された跡がみられつつ、新しい木が(元の木からアレして?)育てられているという、たいへん長期的で計画的なソレ(といっても、歴史ある寺社としては「あたりまえのこと」)がなされていそうに見受けられます。

・京葉ガス「土気往還」
 http://www.keiyogas.co.jp/home/park/hureai/kokaido/detail_10.html

・Google ストリートビュー 「善勝寺」(千葉市緑区土気町)付近
 https://goo.gl/maps/LidivYt89YD2

 現在の「土気トンネル」が完成するまで通っていた旧線の跡と伝えられています。

・Google ストリートビュー 外房線「大網白里市南玉」付近
 https://goo.gl/maps/r1PEJsScGP82

 「土気トンネル」の大網白里市側の坑口付近のこ線橋の脇ですが、おお、これはっ…。旧線の線路沿いのソレ(防護柵に使うコンクリート製の杭)など再利用されたものであったり、するのでしょうか。

 土木ボクボクな、土木のウェイトが大きい区間では、ほぼ完成形だろうといって、疑われないでしょう。「土気トンネル」の千葉市側で、トンネルの直前に「土気踏切」が残っているのが残念ですが、これを除却するのは千葉市のソレだという(国鉄の)理屈(※)なのだろうと邪推されます。

※国鉄としては複線化や、高速化のための線路付け替えには取り組む(=当時の理屈)が、立体交差化は、そこに(自治体の)道路が通っているから必要になる「道路の問題」であるので、(道路の管理者である)自治体が取り組むものだ(=現在も同じ理屈)、という「線引き」ですね。

・(参考)個人のブログ「本寿寺」「善勝寺」(2008年4月4日)
 http://blogs.yahoo.co.jp/hir0shi_chiba/18562432.html

・Google ストリートビュー 「南辰薬局」付近
 https://goo.gl/maps/NoctzhpqgSo

 「辰ヶ台貝塚」と関係ある古い地名であったりするのでしょうか。

・Google ストリートビュー 「法行寺」付近
 https://goo.gl/maps/sFqM47gQ9M42
 https://goo.gl/maps/teRW4gh89d32
 https://goo.gl/maps/6s9QrQxmsaq

・個人のページ「向砦」
 http://chiba.fc2web.com/oojijo/0205oojijokeikan5.html

 「あすみが丘」「昭和の森」といってしまう(※)と歴史がわからなくなりますが、ちょっと中心地から外れると、とっても歴史的だと思われそうです。(まったく専門でないので雰囲気だけです。恐縮でございます。)

※もっとも、やがては現在の地名も歴史の一部になっていき、いつごろ開発された土地であるのかが地名を見ればわかるという『機能』が発揮されていくのです。新しく開発(≒仮には造成など)したのに、それがわからないような地名がつけられるほうが、むしろ問題が大きいのではないかなぁ、とも思ってみました。地名は機能に着目して云々するものであって、個人の好みで云々するものではないと思いまーす。(恐縮です。)


●大網白里市「季美の森」


・大網白里市「市営ガス」
 http://www.city.oamishirasato.lg.jp/category/70-0-0-0-0.html

 おおー、『市営ガス』! …なかなかなじみのない単語の組合せだと感じますが、先述(赤井町[3266])の通り、地元のガスを地元で使うというのは、理にかなっています。どこか遠くからタンカーで運んでこなくても、県内でガス田を掘れば産出できるということです。また、あちこちから不用意に湧き出して事故につながるよりは、あらかじめ探査が尽くされて、ガス田として管理されるほうが安全だという考えもあったことでしょう。

・大網白里市「平成25年1月1日大網白里市誕生へ向けて」
 http://www.city.oamishirasato.lg.jp/0000003334.html

 大網白里町が市になったのは2013年1月1日ということです。その根拠となるのが(定住)人口の増加で、そこに大きく貢献している地区の1つが「季美の森」だとうかがわれます。

・Google ストリートビュー 「季美の森」付近
 https://goo.gl/maps/5efWg9Hfzqu
 https://goo.gl/maps/vV66Nf32W2C2

※傍題ですが、こう、いくら「季美の森」に言及する必要があると筆者が考えたとはいえ、ではズカズカと、「これが季美の森だっ!」と叫びながら「大きな一眼レフ!」でぱしゃりのぱしゃり、ぁ、ぱしゃぁりぃ〜…などと「(自称)撮影」「(自称)取材」といって(個人やフリーランスのライターさんなどが)押しかけてはいけないと思うんですよぉ。なるほどなるほど、それで?(もしゃもしゃ)…一種『代表撮影』としてのGoogleストリートビューは、こうした問題(菜の花を踏み倒すナイーブなスクラムごっこ)を防ぎつつ、また、オンラインでの画像の公開を希望されない場合の受付窓口もGoogleに一本化されるという利点が出てまいります。…うーん。

・大網白里市「市内の路線バス」
 http://www.city.oamishirasato.lg.jp/0000005817.html

 > 市内には、住民の方々の生活路線として、小湊鐵道(株)、千葉中央バス(株)、九十九里鐵道(株)による乗合バス(路線バス)が運行されています。
 > マイカー利用から乗合バス利用への交通移動手段のシフトは、地球温暖化防止、省エネルギーなどの環境問題の改善に貢献するとともに、朝夕の交通渋滞の解消にもつながりますので、皆さんのご利用をお願いします。

 市では、路線バスの利用を呼びかけているということです。実際にバスが「生活の中心」として(高校生の通学だけでなく大人の通勤にも)利用されるためには、単に便数が十分であるだけでなく、▼経路が理にかなっている、すなわち▼住民の生活の動線に沿って、なるべく最短の経路と時間で済むことが期待されていると想像されます。

・「季美の森入口」バス停
 http://www.navitime.co.jp/poi?node=00108737

・「大網駅」→「季美の森入口」
 http://www.navitime.co.jp/bus/route/00026259/%E5%A4%A7%E7%B6%B2%E9%A7%85%EF%BC%8D%E5%AD%A3%E7%BE%8E%E3%81%AE%E6%A3%AE%EF%BC%BB%E5%B0%8F%E6%B9%8A%E9%89%84%E9%81%93%EF%BC%BD
 https://goo.gl/maps/zcF16JG6S522

 土気駅のほうが近そうなところ、道路がないので、バスは大網駅に出ます。大網白里市としては、市内の住宅地から、市内の最寄り駅までを結ぶ路線だといって、妥当だと評価することでしょう。しかし、本当に合理的でしょうか。

 「季美の森幼稚園」と「金谷郷コース」の看板のあるT字路から土気駅まで直線で2.9km、大網駅まで直線で3.2km。「季美の森入口」バス停からですと、大網駅のほうが近いのはもちろんですが、わざわざ千葉市から離れる方向にバスに乗ってから電車で千葉市へ向かうのは、抵抗が大きいと感じられそうです。

※通勤も通学も千葉市の方向が圧倒的多数だと仮定しています。

・Google ストリートビュー 「大網白里市池田」(「千葉市緑区土気町」)付近
 https://goo.gl/maps/Qy4KgvgYMjw
 https://goo.gl/maps/tDzVeEDFvaF2
 https://goo.gl/maps/2FaxfY9XTtn

 「季美の森」から土気駅への最短経路(※)となる道路ですが、大網白里市内は2車線のところ、千葉市との境で1車線に減ります。ほんの90mあまりの区間が、竹林の中で1車線で急カーブをば…うーん。バスが通れるようにゆるやかに、といって、竹林の所有者がウンといわないと実現されないとわかります。

 千葉市の道路の拡幅事業が途切れ途切れであるために、現状では、バスは大網駅に向かうしかないとわかりますが、すっきりしません。親の通勤のマイカーに添乗…いえ、便乗して通学なさるかたなども、あられたりしそうです(※)。これでは、大網白里市が市民にバスの利用を呼びかけても、むなしいように思われてこないでしょうか。

※極端には、帰りは千葉駅前の予備校などの前で「拾って」といった一種『運用』(自家用車の『行路』!)が組まれたりしますと、バスだけでなく電車も利用されなくなってしまいます。([2540],[2939],[3187]なども参照。)とはいえ、よそさまのライフスタイルにけちをつけるつもりはございません。マイカーの車内が貴重なコミュニケーションの場になったりもするでしょう。


●外房線・土気−本納間:「電車特急」を実現したCTC


 千葉市の「土気トンネル」から大網白里市内を通って、茂原市の本納駅までの区間を見てみましょう。

・YouTube 土気→大網(2014年6月15日)
 https://www.youtube.com/watch?v=J9KyLwTiGCs




※映像は茂原まで撮影されていますが、ここでは大網までを参照します。

 「土気トンネル」と、金谷郷の高い高〜いソレ(※餘部橋梁もびっくりです。ワー!)を眺めつつ、このあたりで立体交差化が完ぺきなのは、土気トンネルから大網駅までのわずかな区間であることがわかります。大網−永田間で線路は地平になり、多数の踏切があるようすが見えます。

・Google ストリートビュー 外房線「大網白里市駒込」付近
 https://goo.gl/maps/hYFXAJz6YsM2

・Google ストリートビュー 外房線「永田駅」付近
 https://goo.gl/maps/MSrzBZpt9S92
 https://goo.gl/maps/UmnBkv4rZbB2
 https://goo.gl/maps/HGiXzHP7tpq
 https://goo.gl/maps/zPKQgSsVMF52

 永田駅は、高架化の予定があるのか、地平のまま橋上駅舎になる予定があるのか、不明です。

 架線柱の形状が古いのが目に留まりますが、「土気トンネル」の東側から、同じく古い架線柱が続いているのがわかります。大網駅の西側の曲線区間の一部と、大網駅構内の一部で、架線柱のビームだけが最新の鋼管柱に取り替えられているようすが見えます。とはいえ、架線柱の形状だけでは、各区間の今後を予想することはできないように思われました。本当でしょうか。

 なお、YouTubeの映像では、永田駅で電子電鈴が鳴っているのが確認できます。近年まで無人駅であったということで、おお、無人駅だから電子電鈴なんだと想像されました。(「立ち番」が「発車合図」を行なうという扱いがまったくない駅、ということですね。)

 ▼{1972年7月の総武快速線、東京地下駅の開業、それに「外房線」への改称と、電車で運転される特急わかしお号の開始}(ここまで一連の施策です、の意)にあわせて、馬喰町駅などと同じ自動放送設備(「フレッシュおはよう東日本」[3206],[3208]を参照)が整備され、無人駅を電車特急が通過するときに「接近放送」を流せるように、という措置であっただろうとも推定できそうです。また、このため(=「電車特急」を運転するため)CTC化も行われ、無人駅の信号・自動放送を、すべて千葉から制御できるという通信環境が整ったとみられます。

 傍題ですが、大網、茂原は連動駅かつ「立ち番」がみられる駅(特急停車のため?)で、それ以外の駅(永田、本納、新茂原、八積)とは自動放送装置の構成が異なると想像されます。この、単に「構内にポイントがある」という『見た目』だけでは分類しきれないところが、ちょっと難しいですね。

 永田などの駅で「ドアが閉まります」の放送がないのは、▼電子電鈴は単独の装置になっている、▼消防法のほうのソレ(非常用放送設備[3202])の設置義務がない(「建物としての駅舎」がない、またはきわめて小規模)、▼CTC(後年、PRC)の放送装置はCTCにしかつながっていない(電子電鈴の装置との間で接続がいっさいない)、などと想像されます。(あくまで想像です。)

・Google ストリートビュー 「無くそう農地の無断転用・無断埋立」付近
 https://goo.gl/maps/6uSuywBPbSu

・Google ストリートビュー 「本納駅」付近
 https://goo.gl/maps/uXEVtWkoFPD2

 本納駅付近では架線柱の形状が(周囲よりは)新しく、道路が単独立体化されていて、おお、本納駅の前後の線路は恒久的に地平であるという決定がなされているのだとうかがえます。

・Google ストリートビュー 「本納いちご直売所」付近
 https://goo.gl/maps/KMVk3vQv4mr

 ここから「土気城」を攻めるんだ(=当時?)といって、その実、「法行寺」まで直線距離で約6kmということです。なるほど。「国道128号線」で8km、徒歩で1時間44分ということです。もっとなるほど、切実な攻防だと推察されました。本当でしょうか。

・個人のページ「国道128号線旧道」
 http://yamaiga.com/road/r128_osen/main.html

・「南生実村絵図(森川家文書)」千葉県デジタルアーカイブ
 https://e-library.gprime.jp/lib_pref_chiba/dfp.view_data.form?data=%2F%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96%2F%E7%B5%B5%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E3%83%BB%E5%9C%B0%E5%9B%B3%2F0000000010-CHB600033

 > 寛延4(1751)
 > 森川家は寛永のはじめに下総、上総、相模の内に1万石を拝領し、千葉市生実に陣屋を構えた譜代大名である。

・「上総国輿地全図」岐阜県図書館・蔵
 https://www.library.pref.gifu.lg.jp/17-24/map/kochizu/data/28.html
 https://www.library.pref.gifu.lg.jp/17-24/map/kochizu/data/img/28.jpg

 > 嘉永6(1853)年
 > かっての持ち主が、木更津から行徳辺まで旅をしたのか、その行程が記された付箋が付いている。

 この100年の間に何があったかといって、その実、伊能忠敬が測量したんですよ。レッツ地図に残る仕事…じゃなくて、地図を残す仕事っ! (近代的で正確な)測量の前後で、人々の『世界観』がガラリと変わったと想像されます。

 これこそが、▼「誰が測量しても同じ地図ができる」という(「再現性」としての)「学問的エレガンス」([3103])、それに▼そのような測量を可能とする技術の普及(人材の計画的育成)という「実務的センス」で、この2つは表裏一体であると再認識できましょう。伊能忠敬を偉人扱いするばかりでなく、そのような「技術史」として見ていきたいと思いました。(思いは個人ですが実感です。)

・ツイッター(2013年12月1日PST)
 https://twitter.com/shinkaimakoto/status/407372226061537280

 …だいぶ余談でした。


 [3285]に続きます。


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3284


(約10000字)

この記事を参照している記事


[3284]

新しい広域流動(4) 外房線・東金線

2016/5/20

[3285]

空から昔の新茂原を見てみよう(1975年・1983年)

2016/5/20

[3286]

外房線を「迂回率」で読み解く

2016/5/20

[3303]

「Google画像検索」・「Street View Image API」を使う

2016/7/16

[3304]

どうなる千葉駅(7) 上野駅「発車時刻表」(1966年)を見ながら国鉄本社・電気局「北総」(1972年)外一式を「Z39.2」(1966〜1968年)で読み解こうという無謀なココロミ

2016/7/18

[3307]

「蘇我駅 ATOS」とは

2016/7/25

[3338]

伊豆箱根鉄道駿豆線(1924年)を「網入りみかん」(1932年)と「東京音頭」(1933年)、伊豆急行線(1961年)を「冷凍みかん」(1956年)と「GR-150NT」(1963年)で読み解く(談)

2016/8/21

[3407]

【平成33年度】「踏切安全通行カルテ」の「写真」を眺める

2017/1/27

[3416]

「江原台三号緑地」から「小豆洗い」「電気ブラン」を経て「芥川荘」に至るルート(談)

2017/2/5

[3430]

【杉並区】「荻窪線」(1972年3月31日)を読み解く(仮)【西参道月極有料駐車場あり】

2017/3/12

[3434]

新しい広域流動(5) 埼玉県三芳町(大江戸線・武蔵野線)

2017/3/16

[3450]

新しい広域流動(6) 常磐緩行線・成田線

2017/4/14

[3457]

【東葉高速鉄道】「地域公共交通活性化・再生総合事業」で「コンコース行先表示器」を整備(2009〜2011年度)

2017/4/25

[3489]

【北松】「岡本彦馬専用鉄道」(1932〜1933年)を読み解く(談)

2017/6/7

[3493]

【千葉県】小湊鉄道に行政処分、退職した資格者名で旅行業登録更新

2017/6/19

[3495]

10年後に読む「公共交通機関旅客施設のサインシステムガイドブック」(2002年11月)

2017/6/26

[3517]

どうなる千葉駅(10) 10番線から「JR成田湯川」行き? 成田エクスプレスに贈る“花道”を探る

2017/7/25

[3549]

空から昔の青山を見てみよう(1955・1962・1965・1975年)

2017/9/28

[3553]

「電子電鈴」で遊ぶ(模)

2017/10/9

[3609]

相模線を読み解く(仮)

2018/2/24

[3629]

八街市「八街市地域公共交通網形成計画」(2016年3月)を読み解く(前編)

2018/3/30

[3637]

幕張新都心拡大地区(豊砂地区)「新駅設置」へ

2018/4/20

[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには

2018/4/30

[3655]

ナマズに聞いてみよう(談)【京葉臨海鉄道あり】

2018/6/18

[3664]

【JR東日本】常磐線(各駅停車)で「発車ベル」使用取りやめ、8月1日から

2018/7/28


関連する記事


[3601]

【カムロちゃん】『京成うすい駅』とその周辺【山の神バス停あり】 tht - 2018/2/15

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 コネクタ


[3705]

【A9V5】「要望24」(ダイジェスト版) tht - 2019/5/1

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 ジャストインタイム


[3592]

貨物線のいま(15) どうなる神奈川東部方面線(鶴ヶ峰編) tht - 2018/1/1

列車 車両 線路 発想 道路 建物 建設 国鉄 数学 目黒線


[3547]

新しい広域流動(7) 東京都台東区・荒川区 tht - 2017/9/27

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 数学 レーン


[3747]

難しい9 tht - 2019/8/15

列車 車両 線路 発想 道路 建物 建設 国鉄 ゲーム 着陸


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 警報音


[3639]

【自由研究】ふわコレ(6) tht - 2018/4/30

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 写真館


[3557]

研究ホワイトボックス(25) ハイパー・ゼロ:「博物館評価」とは tht - 2017/10/16

列車 車両 線路 発想 研究 道路 建物 建設 国鉄 関門トンネル



話題を見つける

●多彩な方法でフォーラム内をサーチ!
●目的に合わせて使い分けよう。


2014年度以降の主な記事(スコア順)
HITSアルゴリズムを用いたブラウジングをお試しください。【詳細】


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新


最近の主な話題
(2014年度〜)


キーワード (索引)
2014年度以降のキーワードや文字数の多いキーワードなどから、記事を探せます。


リファレンス (参考文献)
リンク先のタイトルをドメイン別に一覧しながら、記事および参考文献を探せます。

【自由研究】の話題
「主論文・野帳・掲示物」とは?(PDF)
【自由研究】の記事一覧(新着順)


国土地理院の空中写真 を紹介している記事
(PCでの閲覧をおすすめします)


「多変量解析実例ハンドブック」の記事一覧(新着順)
「R with Excel」の記事一覧(新着順)
(統計解析環境「R」を電卓のように使い、データの入力とグラフの保存のため「Excel」をノートのように使います。)


画像で探す
列車 | | 植物 | | 計算機 | 掲示物 | 食べもの
この記事に関連する画像





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.