フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)

ご利用状況について
このフォーラムについて
機能の改廃等について

(※新規の掲載はお受けしていません。)

全角と半角、大文字と小文字が区別されます。

検索の代わりに:
キーワード (索引)もどうぞ。



[3289]

「飯田橋駅構内立体図」を「飯田橋駅中央地区再開発事業」「ニュー新橋ビル」で読み解く

線路 道路 建物 区分地上権 ショッピング 分譲 都市開発 飯田橋駅 東口


「橋上の改札口からデッキや跨線橋」の類例を探す
「ニュー新橋ビル」のほうなど眺めながら「3階のレベルでデッキ」を想像してみる
「西口仮駅舎」、工事は8月末まで(予定)


 飯田橋駅([3047],[3074])に関して、続報が出ていました。

・建設通信新聞「大成建設が参画/飯田橋駅中央再開発/準備組合」(2016年6月3日)
 https://www.kensetsunews.com/?p=67214

 > 東京都千代田区の飯田橋駅周辺で市街地再開発事業の検討を進めている飯田橋駅中央地区再開発準備組合は、事業協力者として野村不動産のほかに新たに大成建設を選定した。現在は、早期の都市計画決定に向けて、具体的な施設計画策定を進めている。都市計画決定後、2017年度の組合設立認可、18年度の権利変換計画認可を経て、19年度に除却・本体工事着手、22年度の竣工を予定している。

 おおー、2019年度から2022年度という『名状しがたい工期のようなもの(解体を含む)』が見えてまいりました。

 > 権利者数は53人で内訳は土地所有者41人、借地権者12人。従前建物棟数は35棟。

 > 東西線改札口とJR駅東口をつなぐ通路に面して、歩行者ネットワークの拠点や帰宅困難者の一時待機スペースともなる駅前広場「駅前プラザ」も整備する。

※傍題ですが、権利者も既に代が替わったり、再開発ビルの完成後は自分では商売はしないなぁ、というかたなどもあられたりしそうですね。「再開発」といって建設(工事の規模や工法など)にしか興味を持たないというのは、(こちらも個人、当事者も個人という個人どうしの間では)当事者に対して礼を欠くことであるかもしれません。かといって、個別の店や建物がああだこうだというのも(法令や公的な調査結果などの根拠がない限りは)失礼なことで、言及は避けたく思われます。

・飯田橋駅中央地区再開発準備組合、野村不動産「飯田橋駅中央地区再開発事業 本格始動」(2015年11月30日)
 http://www.nomura-re.co.jp/cfiles/news/n2016012101012.pdf

 具体的な設計がどれだけ進んでいるのかは明らかではありませんが、「東西線改札口とJR駅東口をつなぐ通路に面して」って、えっ!? 地下ですか? 地下で面するんですかっ!! …などと(略)。

・Google ストリートビュー 「飯田橋駅」付近(2016年2月)
 https://goo.gl/maps/tZ4UbEYh84q

 最新のストリートビューの画像で、さっそく対象区域のビルのうち1棟の解体工事が(本件事業ではなく単独で?)始まっているようすが見えます。

・Google ストリートビュー 「飯田橋駅(東口)」付近
 https://goo.gl/maps/sazNe2cyCcz
 https://goo.gl/maps/9Asz1745jJG2

 おお、こんなところにタクシー乗り場があるとは知りませんでした。(地下鉄との乗り換えしかせず、ここで外に出たことがなかったと気づきます。)

・Google ストリートビュー
 https://goo.gl/maps/NTPitTdD96C2
 https://goo.gl/maps/DETc1uDqHc22

 JRと東西線の乗り換えの通路が、この赤や黄色に塗られたコンクリートの中にあって、しかし、すべてJR(旧国鉄)の敷地と目白通りの地下だけで地下鉄側の施設(通路や改札口)ができているのだろうと推定します。本当でしょうか。

・「飯田橋駅 構内図」
 http://www.jreast.co.jp/estation/stations/99.html
 http://www.jreast.co.jp/estation/stations/img/map/m_iidabashi.gif
 http://www.tokyometro.jp/station/iidabashi/yardmap/
 http://www.tokyometro.jp/station/assets_c/2016/02/figure_yardmap_iidabashi-thumb-1675x1148-3136.gif

 「A3」出口が(JRの敷地内で?)直角に曲がって、目白通り下の駅本体に一種『接ぞく!』されているようすが、ストリートビューと対照しながら参照しますと、こう、手に取るようにわかってまいります。

 東西線と南北線の間の乗り換え通路も段差だらけ、曲がり角だらけでアレです。こう、「A4」出口と「B5」出口の間を(地下でフラットなフロアとして、かつ)直線的に結びながら、JRの改札口も地下になって(地下1階からちょっと長いエスカレーターを上がる形で?)…などと勝手に想像してしまったじゃないですかぁ。やだなぁ。

・ラムラ商店会
 http://www.ramla.gr.jp/privacypolicy.html
 http://www.ramla.gr.jp/floor.html

 着手の時期が早かったこともあって「ラムラ商店会」などという(いまとなっては)よくわからない(仮にはテナントの入れ替えが長年ないのでは?)形態になっているのが(いまとなっては)悔やまれてきそうです。(あくまで個人です。)

・Google ストリートビュー 「ラムラ」付近
 https://goo.gl/maps/hhdZ6uvG1w42
 https://goo.gl/maps/wAgYxCQXc162
 https://goo.gl/maps/Fy6QNxmnuCU2

 「ラムラ(RAMLA)」の前が、舗装だけ見ますと、いかにも「広場(にしたかった)感」がノウコウに漂いますが、あまりにも「JR側の改築待ちです」っぽく(いまとなっては)見えてまいります。なお、ラムラの地下は主に駐車場とのこと。

 地下鉄としては「オレンジ色の自動改札機」ですから、もし店舗が並んでいれば立ち寄ろうか(そして、うっかり30分過ぎちゃったよ☆)ともなろうところ、いまは乗り換え通路をせっせと歩く(流れるように、いえ、『流される』ようにして歩く)わけです。距離があることもあって、他の駅より人の流れが速いように見受けられます。

※この15年で、最近、特に速くなったとか遅くなったとかいうことはなく、ずっと速いと記憶しています(自分が遅くなったかどうかは自分ではわからず、の意)。なお、飯田橋だけが飛びぬけて速いというわけでなく、大手町と同じくらいであろうとも思います(同、主観は個人です)。

・Google ストリートビュー 「飯田橋駅」付近
 https://goo.gl/maps/wQxXbwG1Mfr
 https://goo.gl/maps/faXuPDDzT5R2

 JR飯田橋駅のホームを西側の直線区間に移設する工事のためとみられますが、広告の看板が撤去された上、コンクリートの壁も一部が除去され、工事用車両の出入り口がつくられているようすが見えます。JR側の改札口としては「東口」とも「地下鉄連絡口」とも「ラムラ口(Suica専用)」とも、工事しだいでいかようにも便利&快適にしていける素地があるように見えてまいります。

・Google Earth 「飯田橋駅中央地区再開発事業」付近
 https://goo.gl/maps/eQafNaFtB4L2

 ちょうど、(JRの)ホームの端から上にあがって、(この地点での)隣接のビルの2階のレベルに「デッキ」など、そして、そのまま「飯田橋駅中央地区再開発事業」の3階の…などと、起伏の克服が(設計上の)みどころになってきそうです。(まったくの物見遊山でマコトに恐縮でゴザイマッス。)

 そして、いったい、どのレベルで『面する』んでしょうねぇ。『謎』です。仮には、JRの既存の東口駅舎が全面的に解体されながら、▼地下通路が一種『たん絡!』され「空が見える!」ようになったり、▼地上部もラムラの前が広く広〜く開けつつ、待ち合わせに好適な「ハチ公」的なものなど中心に置かれたりしそうですね、わかります!(まったく勝手な想像です、あしからず。)

・(参考)個人のページ「豊洲センタービルあいプラザ」
 http://blog.goo.ne.jp/futoshi-fu/e/cd8a274e88657dec1be5b8b6af4d483f
 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/d5/d9310149ad60349504cb5f5ba635b5f2.jpg

・(参考)「豊洲センタービルあいプラザ」
 http://toyosuspace.com/%E8%B1%8A%E6%B4%B2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%AB-%E3%81%82%E3%81%84%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6/

※民有地(鉄道会社を除く)の敷地や屋内、ひいては地下に「駅前広場」を、というのが昨今、広がっております。「区分地上権」([3247])も参照。制度上は、「おお、その手があったか」的なソレとも感じられましょう。それだけ(都心の駅前では)土地が貴重だ(誘導がなければ目いっぱい建築に使われる)ということですね、わかります!

・(参考)読売新聞「「トランプ・タワー」、市民立ち入り不当制限か」(2016年6月2日)
 http://www.yomiuri.co.jp/world/20160602-OYT1T50075.html

※国外の事例ですが、似たような制度だろうと想像します。開放しなくてはならないんですよ。

・(念のため)「物見遊山」
 https://kotobank.jp/word/%E7%89%A9%E8%A6%8B%E9%81%8A%E5%B1%B1-646443

※うっかり「ものみゆざん」と言ったり入力したりしてしまうアレでした。お気をつけあそばせ。

・(もっと念のため)「あそばせ」
 https://kotobank.jp/word/%E9%81%8A%E3%81%B0%E3%81%9B%E8%A8%80%E8%91%89-425102


●「橋上の改札口からデッキや跨線橋」の類例を探す


 参考になりそうな類例を探してみます。

・Google ストリートビュー 「大崎駅」付近
 https://goo.gl/maps/xhqaMTcbXR52
 https://goo.gl/maps/v58EKUKr5S22

 いまどきフツーのデッキであります。

・Google ストリートビュー 「JR浜松町駅(北口)」付近
 https://goo.gl/maps/ewjMMaWUcUU2
 https://goo.gl/maps/22kxS1sCymL2

・東京モノレール「浜松町駅 構内情報」
 http://www.tokyo-monorail.co.jp/guidance/hamamatucho/
 http://www.tokyo-monorail.co.jp/guidance/hamamatucho/img/img_map.gif

 連絡改札の通路と改札外の通路とで、デッキが2本、3階のレベルで設けられているとわかります。

・Google ストリートビュー 「目白駅」付近
 https://goo.gl/maps/MiqNNFTcDXC2
 https://goo.gl/maps/mNA5mt5EVu12
 https://goo.gl/maps/2Z3isYchKpB2

 駅は見えていても、電車に乗れるまでが遠そうです。とっても古そうな階段も見えますが、遅くとも電化の時点で跨線道がかさ上げされて(階段と橋に段差が生じて)使用停止になったといった流れが想像されます。(あくまで想像です。)

 …あまり参考になりませんでした。


●「ニュー新橋ビル」のほうなど眺めながら「3階のレベルでデッキ」を想像してみる


 再開発との兼ね合いで駅の利便性が云々、ということでは新橋駅が参考になりそうだと思われました。

・Google Earth 「新橋駅」付近
 https://goo.gl/maps/mRYc2ynW4jr

・Google ストリートビュー 「ニュー新橋ビル」付近
 https://goo.gl/maps/t6sb3WRmkJk
 https://goo.gl/maps/h8PJqQzorBP2
 https://goo.gl/maps/uzWgeMt7fB92
 https://goo.gl/maps/AuwQ4NF7k2T2

 隣接する「ニュー新橋ビル」が建て替えとなる際に、駅とつながるデッキなり橋上改札口なりができても驚きません(なぜ、こう、その、実に橋上改札口に好適っぽい位置や幅で「作業用構台」が設けられてあるのか、説明されません)。ワー! あらかじめびっくりです。

・ウィキペディア「ニュー新橋ビル」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E6%96%B0%E6%A9%8B%E3%83%93%E3%83%AB

 > 1971年(昭和46年)2月に竣工した。

 > 2014年(平成26年)11月5日に、地権者による協議会が、当ビル及びSL広場を含む南北約400m、面積約3haの範囲を再開発し、30階建て前後、高さ120-130mのビルを2棟以上を建設する方針を決定したと報じられた。再開発は野村不動産とNTT都市開発が行い、2023年頃の完成を目指す。

 こう、必ず「47年」という節目は訪れるのですから、仮に報じられなかったとしても、2018年ごろには解体に着手だろうと予想することはできようというものです。とはいえ、具体的に「2023年ごろ」という完成時期が報じられているのは、安心感がありますね。誰しも、見慣れた風景が変わるとあらば、どう変わるのか、いつ変わるのか、あらかじめ知っておきたいという欲求があるものです。そこに応えるような「ココロあたたまる」…いえ、ココロに寄り添った広報が尽くされているかというと、うーん…。業績への影響が云々という、あまりにも経営者と投資家の関係性だけによる(≒視野の狭い)計画の発表しかなされない傾向が強まっているようにも感じます&そんなことでいいんでしょうか。(あくまで私見です。)

・Google ストリートビュー 「新橋駅」付近
 https://goo.gl/maps/pnE3JQV2KVr
 https://goo.gl/maps/FQ3qGcaXJH72
 https://goo.gl/maps/Ce5UMMekNWw
 https://goo.gl/maps/B6x8FCYvifQ2
 https://goo.gl/maps/6eeo7u1sp1S2

 耐震補強と屋根がなぜ同時に施工なのか、理由が説明されません。もっとも、今回の耐震補強と屋根の架け替えの工事としては、まったくその通りの工事でしかないということで、この工事は一度、完了したのち、改めて何らかの改築工事が、2023年度に向けて始まるのかなぁ、と想像してみます。(むしろ勝手な期待です。)

※赤瀬氏の著書([3010])で言及されている「田端駅」のような(見通しの良い)空間が、新橋駅でも実現するのではないでしょうか。しかし、東海道新幹線の線路上空を跨ぐには高さが足りず、新幹線にあわせると在来線の橋上階(仮)までのエスカレーターが長くなりすぎるともみられます。線路のほうが高さが変わるのではないかといって、その実、新幹線と並ぶ首都高はどうなるのかなど、なかなかむずかしそうです。

・日刊建設工業新聞「新橋駅西口地区再開発(東京都港区)/準備組合発足/地権者ら」(2016年3月28日)
 http://www.decn.co.jp/?p=65112

 > 2年後の都市計画決定めざす

 > 東京都港区のJR新橋駅前にある「ニュー新橋ビル」周辺一帯で再開発を計画している権利者らが、「新橋駅西口地区市街地再開発準備組合」を発足させたことが分かった。

 > 準備組合には、権利者であるニュー新橋ビルの区分所有者(約330人)と周辺地権者(約45人)のうち3分の2程度が加入を決めた。ニュー新橋ビルの区分所有者の加入状況は5分の4以上に達しており、再開発にかける期待感がうかがえる。

 おお、まるで分譲の団地やマンションの「建替え決議」と同じくらいのたいへんさが想像されてきます。

 > 事業化が順調に進めば、組合設立認可(事業認可)を経て約5年後に権利変換計画の認可を取得し、再開発に関わる各種手続きを完了したい考え。その後着工し、約10年後の竣工を目指す。

 なんと、完成時期(北側と南側の全棟と広場・道路すべての完成)が早くて2026年ごろ、遅ければ、2018年度に都市計画決定、2019年度に事業認可で、そこから10年の2029年度とも読まれます。おお、これはさすがに「新橋駅」の完成予想図を示しながら屋根の工事ができる状況ではないなぁ(話がまとまらないうちに完成予想図がオオヤケになれば権利者の反発を招きかねないという心配も含みます、たぶん)、と納得される気がいたしてまいりました。

※そんな、駅全体の「完成予想図」がないのに「大屋根」だけ架けるなんてありえない、といって決めつけます。(あくまで決めつけです。)「屋根の老朽化」という説明にウソはないものの、それだけで「大屋根」にすると決まるとは思えず、(なぜ「大屋根」なのか)説明されていないに等しいといえると思いこみます。(あくまで個人です。)

 もっとも、仮に、再開発の工事中に広場が狭くなるとあらば、再開発事業に先駆けて駅構内を大幅に広くすることが求められそうです。どのような順序での工事になっていくのか、そして、工事中にはどうやってもホームドアは設置できないのかなど、注目されます。

・(参考)「建替え決議を行う条件」
 http://www.afr-web.co.jp/tatekae-lab/introduction/howto03.html/

・(参考)「飯田橋セントラルプラザ」
 http://www.axel-home.com/004981.html

 > 『飯田橋駅』すぐの分譲賃貸マンションです。「飯田橋ラムラ(RAMLA)」と直結している為、ショッピングやお食事にも快適な環境にございます。
 > 都心の”へそ”
 > 築年 1985年3月

 2032年に向けては、「ラムラ」としても「建替え決議」が目指されることとなりましょう。(まだ、だいぶ先です。)


●「西口仮駅舎」、工事は8月末まで(予定)


 飯田橋駅に戻ります。

・Google ストリートビュー 「飯田橋駅西口仮駅舎の新設を行っています」付近(2016年3月)
 https://goo.gl/maps/asVLXBYK7qw
 https://goo.gl/maps/Y5BUjoRLhNu

 最新のストリートビューの画像で、「仮駅舎」の工事が進められているようすが見えます。「平成28年8月末日まで(予定)」ということです。また、協定などあるかは不明ですが、事実上、隣接地の公開空地が暫定的な滞留空間として計算に入れられていそうに見受けられます。(あくまで見たままです。)

 それはそれとしまして、地下鉄との乗り換えで、「南北線に乗り換えるなら西口!」などと(ナビタイムや『知恵袋』などに)いわれそうです。(そのようにいわれたら律儀にその通りにしようとする…かもしれない)不慣れな人に対して、現地の状況は「やさしい」でしょうか。

・Google ストリートビュー 「JR飯田橋駅(西口)」「→→地下鉄連絡口」付近
 https://goo.gl/maps/Sgp68wKmyh82
 https://goo.gl/maps/BK9kk44pq3p

 「→→地下鉄連絡口」のサインが、これでもか、これでもか、…と「あしきサインの例」を一種『体現』しています。

・2014年までは黄色地に黒字で大きく「→→地下鉄連絡口」だったところ、2015年には社局のロゴが並べられ表示が小さくなった
・掲出位置が低すぎる(高さを云々することすらハバカラレル)
・車止めを兼ねたプランターの影になって見えないのではないか
・チラシ配り(?)の人の影になったり、注意が逸らされてサインに気づけないのではないか

 うーん、うーん…。とりあえず(2022年度)、見せてもらおうか「駅前プラザ」とやらを…などと(略)。東口こそがJR飯田橋駅であるという状況(圧倒的に便利じゃないかッ=より多くの人が西口ではなく東口を利用するような、の意)が、実は西口の完成(景観の保全の制約などから、仮駅舎より小さく狭くなるのではないかと心配されます)より先にできあがらないといけないのではないか(≒西口の仮駅舎がだいぶ長く使われながら東口が「駅前プラザ」直結なりなんなりに改築され、そのあとでないと、本設の西口駅舎は実現できないのではないか)とも思えてきそうです。(あくまで推測です。)


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3289


(約9000字)

この記事を参照している記事


[3299]

【自由研究】「38kHz 赤外線パルス発光装置」(2005年8月)で遊ぶまでに必要だったこと外一式(談)

2016/7/13

[3304]

どうなる千葉駅(7) 上野駅「発車時刻表」(1966年)を見ながら国鉄本社・電気局「北総」(1972年)外一式を「Z39.2」(1966〜1968年)で読み解こうという無謀なココロミ

2016/7/18

[3309]

【街きょ】落窪メトロエイトは立て板で止水を守るべき【中央緩行注意】

2016/7/29

[3314]

「おしい」を「おいしい」へ(4) 「輪重抜け」を読み解くには

2016/7/31

[3318]

空から昔のさいたま新都心を見てみよう(1975年・1984年)

2016/8/4

[3321]

〔フレッシュおはよう東日本〕15号:【西船橋駅】東葉高速線の開業に伴いシステム化を先行か(1995年)

2016/8/6

[3380]

いま問う「約225分」のココロ(談)

2016/11/5

[3391]

【住宅供給公社】市街地改造資金使用第1号「追浜共同ビル」(1961年)ほかを読み解く【不燃公社】

2016/12/21

[3421]

【発電もなか】いま問う「電車特定区間」のココロ(後編)

2017/2/25

[3435]

【メタルスライム味】火を噴く? タニンギヤウギ(談)【株式会社豊富牛乳公社あり】

2017/3/24

[3436]

いま問う「リーガルマインド」のココロ

2017/3/30

[3454]

〔フレッシュおはよう東日本〕7号:『営団ブザー』を国鉄中野駅外1駅(1966年4月・1969年3月)で読み解く(仮)

2017/4/25

[3494]

10年後に読む「第5世代鉄道 −知識創造による鉄道の革新」(2005年1月)

2017/6/26

[3607]

新しい広域流動(9) 生田トンネル(武蔵野線)

2018/2/15

[3611]

懸垂式モノレールで一級河川の川を越える方法(談)

2018/2/24

[3636]

Re:[3583] 或るナポリタンと停電のハフソク(則)

2018/4/10

[3648]

たゆたうE217系。どこへゆくE217系。

2018/5/25

[3673]

【ちば】「京成西船(旧葛飾)」ほかを読み解く(仮)

2018/8/31


関連する記事


[3353]

着工前に「(仮称)秋葉原ビル跡地開発」(2017年)を読み解く(仮) tht - 2016/9/19

線路 道路 建物 資材 京成千葉駅 年設立 区分地上権 昭和通 鋼材倶楽部 法人格


[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

列車 車両 線路 発想 道路 建物 研究 ゲーム 実装 観念


[3661]

「弥彦色」と「長野色」 / 「ブルー・トレーン」 / 「京都高速鉄道株式会社」 / 「出逢えたらラッキー Peach×ラピート ハッピーライナー」 / ほか tht - 2018/7/21

列車 車両 線路 発想 道路 建物 研究 ゲーム 実装 発泡スチロール


[3657]

Re:[3656] 「富士山の使い方」 / ほか tht - 2018/6/30

列車 車両 線路 発想 道路 建物 研究 ゲーム 実装 道路構造


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

列車 車両 線路 発想 道路 建物 研究 ゲーム 実装 サンダル


[3654]

「黄色い線路」はどうして黄色いのですか? / ほか tht - 2018/6/16

列車 車両 線路 発想 道路 建物 研究 ゲーム 実装 決定版


[3592]

貨物線のいま(15) どうなる神奈川東部方面線(鶴ヶ峰編) tht - 2018/1/1

列車 車両 線路 発想 道路 建物 仮名 隣町 電子電鈴 行政界


[3633]

八街市「八街市地域公共交通網形成計画」(2016年3月)を読み解く(中編) tht - 2018/4/5

列車 車両 線路 発想 道路 建物 研究 ゲーム 仮名 分散分析



話題を見つける

●多彩な方法でフォーラム内をサーチ!
●目的に合わせて使い分けよう。


2014年度以降の主な記事(スコア順)
HITSアルゴリズムを用いたブラウジングをお試しください。【詳細】


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新


最近の主な話題
(2014年度〜)


キーワード (索引)
2014年度以降のキーワードや文字数の多いキーワードなどから、記事を探せます。


リファレンス (参考文献)
リンク先のタイトルをドメイン別に一覧しながら、記事および参考文献を探せます。

【自由研究】の話題
「主論文・野帳・掲示物」とは?(PDF)
【自由研究】の記事一覧(新着順)


国土地理院の空中写真 を紹介している記事
(PCでの閲覧をおすすめします)


「多変量解析実例ハンドブック」の記事一覧(新着順)
「R with Excel」の記事一覧(新着順)
(統計解析環境「R」を電卓のように使い、データの入力とグラフの保存のため「Excel」をノートのように使います。)


画像で探す
列車 | | 植物 | | 計算機 | 掲示物 | 食べもの
この記事に関連する画像





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.