フォーラム - neorail.jp R16
発行:2016/8/3
更新:2018/5/9

[3316]

『先行導入』を斬ってみる(自)


「試験放送」は8馬力!

(約4000字)

 [2490],[3248]に続いて、斬ってみます。

[3248]
 > このサイトの古い記述も「斬る」つもりで、しかし、ウィキペディアを「斬って」みながら、(自分に)「斬られて」みようと思います。

 このサイト(atos.neorail.jp)でいう「先行導入」には、明示はしていませんが定義があって、同じ定義では、いまから「先行導入」はありえない、ということです。

・「先行導入」の用例です
 http://atos.neorail.jp/atos2/chronology/chronology_2.html
 http://atos.neorail.jp/atos2/chronology/chronology_3.html

 > 錦糸町、新小岩、西船橋では、線区別中央装置の使用開始を待たずに駅単独で使用開始になっている。なお、西船橋では線区への導入が始まる前から駅装置が先行導入されていた。

 > 戸塚では、横須賀線でのATOS導入に合わせて駅装置が使用開始になっている。大船、国府津では、線区別中央装置の使用開始を待たずに駅単独で使用開始になっている。なお、大磯では線区への導入が始まる前から駅装置が先行導入されていた。

 > 我孫子では、線区別中央装置の使用開始を待たずに駅単独で使用開始になっている。なお、松戸、取手、ひたち野うしくでは線区への導入が始まる前から駅装置が先行導入されていた。

 > 浦和では、線区別中央装置の使用開始を待たずに駅単独で使用開始になっている。なお、さいたま新都心、大宮では線区への導入が始まる前から駅装置が先行導入されていた。

 > 板橋、十条では、線区別中央装置の使用開始を待たずに駅単独で使用開始になっている。

 > 新宿、池袋では、線区別中央装置の使用開始を待たずに駅単独で使用開始になっている。なお、大崎、恵比寿、渋谷では線区への導入が始まる前から駅装置が先行導入されていた。

 「線区別中央装置の使用開始を待たずに駅単独で使用開始」と「線区への導入が始まる前から駅装置が先行導入」を区別しています。仮に装置は同じ、起きることやできるようになることは同じだとしても、意味合い(ニュアンス、目的)がまったく異なるんだという、一種「抽象的」な見かたです。(これを指して「第1種抽象」などと…略。)

 これらのページには反映しないまま更新が止まっていて申し訳ないのですが、宇都宮も「線区への導入が始まる前から駅装置が先行導入」ですね。平たくは「すべてのホームで放送が女声のみ!」だったソレが『先行導入』ということです。

※木更津、仙台も似たようなものじゃあ、ないですかぁ?([3307]) …などと(略)。「東京圏輸送管理システムの導入(システム化)」と呼ばれる『プロジェクト』(=システムにあらず!)についても[3307]を参照。

 年代がまるで違うので比べにくいですが、蘇我駅は、東海道線の川崎駅や横浜駅と近い流れかなぁ、と思えてきました。(思っただけです。)

 板橋、十条は、電留線を含めて池袋駅の『配下』だというソレをノウコウにアレしてみたくなります。(してみたいだけです。)

・「スタンドアローン」の用例です
 http://atos.neorail.jp/atos2/chronology/chronology_1.html

 > 渋谷駅・恵比寿駅に埼京線ホーム設置、旅客案内装置 使用開始 (スタンドアローン)

 > ひたち野うしく駅開業、旅客案内装置 使用開始 (スタンドアローン)

 > 錦糸町駅・津田沼駅で旅客案内装置 使用開始 (スタンドアローン)

 > さいたま新都心駅開業、旅客案内装置 使用開始 (スタンドアローン)

 > 大崎駅にホーム設置、旅客案内装置 使用開始 (スタンドアローン)

 八王子みなみ野(『第3のフォント』)とひたち野うしく(在線モニタならびに「ガチャコン」)については[2918],[3233]を参照ください。

 さいたま新都心駅については別途まとめます。


★「試験放送」は8馬力!


 …ゲフンゲフン。

・朝日新聞「8K試験放送、NHKが開始 東京五輪までの普及目指す」(2016年8月1日)
 http://www.asahi.com/articles/ASJ7Y7JGCJ7YUCVL022.html

 二馬力…いえいえいえ! 「8馬力!」については[2999]を参照。

 法定のソレとしての「(建物の)非常用放送設備」は別格としまして(=好き勝手に呼ぶことは許されない、の意)、こう、安易に「放送」などと呼ばず、こう、いかにして「放送」ということばを『この界隈!』に使わずに説明できるかといって、腕のみせどころ…いえ、ことばの運用力が如実に問われるとまでいえそうです。(いいたいだけです。)

・「自動放送」⇒「自動アナウンス」「スケジュール再生」「ループ再生」「ワンショット再生」「放送文選択コード」の区別を明確に
・「自放音源」⇒「内蔵音源」「装置に内蔵された固定メッセージ」
・「放送音量」⇒「音量」
・「放送マイク」⇒「マイク」
・「放送スピーカー」⇒「スピーカー」
・「放送アンプ」⇒「アンプ」
・「放送回線」⇒「スピーカー回線」
・「(構内・館内の)放送」⇒「PA」「テレスピ」

 あたかも『放送マイク』『放送スピーカー』なるものが売られてでもいるかのようなことばづかいですね、わかります!

 「放送回線」は、いわばアプリケーション層(したいこと、目的!)と物理層(電気信号)がごっちゃになっていることばとみなすこともできそうで、仮に物理層(電気信号)に焦点を絞れば「スピーカー回線」としたほうが意図が明確になるというわけです。

 「自動放送」は、何を言いたいのか(どこに注目しているのか)わからない表現といえます。「人に代わって機械がアナウンスする」ということなら「自動アナウンス」、その機械における再生方法に言及するのであれば「スケジュール再生」「ループ再生」「ワンショット再生」など、さらに、それを「接点」や「上位システム!」から制御する話だとなれば「放送文選択コード」だということです。

※応用編としては、「自動PA!(自動テレスピ!)」などといえるかというと、いえないことがわかります。「PA」「テレスピ」といったときには「遠隔で拡声する」というデータリンク層からトランスポート層までのあたり(?)を指していますから、そこに「自動」という観点を付け加えて一語で表現するとおかしい、というわけです。「⇒」の向きには逆らえません=「⇒」を遡って語を差し替えることはできません。

 「試験」については、いろいろな用例があります。

・「実用化に向けた試験」([3246])⇒「実験」「評価」「考察」「改良」または単に「実用化(に取り組む)」
・「機能確認試験」([3161])、「部材の強度を確かめる一般的な試験」ほか([3191])⇒「研究所のほう!」な「試験」
・「走行試験」([3222])、「試験運用」「試験導入」([2944])⇒「試行中」「慣らし運転」「走り込み」「習熟期間」とも(※一定の期間で終了または完了することを念頭にした表現ですね=ただし「正式運用に移行」「発展的解消」などを含む)
・「試験運航」([3309])⇒「補助金マター!」な「社会実験!」(※1回きり! 2度目はない…はず。)
・「試験の日の朝に「勉強してな〜い☆」」([3214])⇒あざといアピール!

 …なんだかなぁ&わざわざ「ナントカ試験!」「試験ナントカ!」という『四字熟語』(複合語)にしないといけないなんて、思いこまないほうがいいんではないですかぁ? 「試験的に運航」を『試験運航』といいきってしまう扇子が***ゃ*風を吹かしてます([3315])。…吹かしてますってばぁ。

※かといって「のってたのしい列車」も、…なんだかなぁ。

・「発車メロディー」⇒「けたたましい発車ベル【誰によって?】に代わり、メロディーを用いるもの。PCM録音された音楽などを専用の装置で再生する」
・「発車ベル」⇒「電鈴。現在は電子電鈴を指していう」

 「ジリリン」(発車合図器)は、「けたたましい非常ベル」と紛らわしいという観点からも淘汰されておかしくなかったところ、「非常ベル」の側が「音声を使うように」との法改正によってベルではなくなっていったため、発車合図器が生き延びた…などと(略)。本当でしょうか。

 「詳しい自動アナウンス」に使われる『音片』については「JR東日本管内全駅」([2942])など参照しながら、おお、水戸支社管内の男声はソレだと、「詳しい自動アナウンス」については、更新されさえすれば同じ『音片』が地域やシステムを問わず使われるんだと早合点しかけています。(あくまでしかけているだけです。)

※作る側になりきって考えてみましょう(「なりきり図工」[3126]も参照)。膨大な数の『音片』を作成したり管理したりする手間は、1回だけにしたいですよね、の意。

※いま、まさに「英語アナウンス」の「詳しい『音片』!」のライブラリを作成中なんではないですか? …などと([3033])。

[3033]
 > これまでに導入された英語アナウンスがパイロット版のようなものだとすれば、いままさに「音源データ計4千種類」を逐次対訳した英語の音声を4000種類(!)録音しているか、録音を終えて、つながりを確かめてデジタルアナウンスマシンを仕立てているところ、かもしれません。

 あくまで推測です。

・「「文化財レスキュー事業」の発展的解消について」
 http://www.bunka.go.jp/earthquake/rescue/chokan_201304.html

 > 文化財等の一時的な避難・応急措置という所期の目的をおおむね達成しました

・「所期」
 https://kotobank.jp/word/%E6%89%80%E6%9C%9F-533977


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3316


この記事を参照している記事


[3318]

空から昔のさいたま新都心を見てみよう(1975年・1984年)

2016/8/4

[3321]

〔フレッシュおはよう東日本〕15号:【西船橋駅】東葉高速線の開業に伴いシステム化を先行か(1995年)

2016/8/6

[3352]

〔フレッシュおはよう東日本〕83号:「総武快速TID装置(SN95)」を読み解くために「PC-9801-107」(1995年1月)を読み解く(仮)

2016/9/12

[3380]

いま問う「約225分」のココロ(談)

2016/11/5

[3396]

〔フレッシュおはよう東日本〕8号:【相模線・新幹線総合システム・成田空港・関西空港】東洋メディアリンクス「納入先」を読み解く

2017/1/1

[3459]

〔フレッシュおはよう東日本〕9号:「国鉄西船橋駅」(1968年12月・1969年3月・1978年10月)を「幕張行き」で読み解く

2017/4/25

[3460]

【フローラ】「ガブリエルのラッパ」外一式を読み解く(談)【御花畑】

2017/4/28

[3472]

【北海道、沖縄を除く全国送料無料】「山本如春斎」を「サンマーメン」で読み解く(再)【大人の社会見学もやしツアーズあり】

2017/5/10

[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮)

2018/3/24

[3732]

信号24 〜とぅえんてぃー? ふぉー!!〜

2019/7/15

[3763]

どうなる千葉駅(11) 「出発時機表示器」「連動装置」で「黒砂」「本千葉」を読み解くココロミ(試)【黒砂試単あり】

2019/9/13


関連する記事


[3601]

【カムロちゃん】『京成うすい駅』とその周辺【山の神バス停あり】 tht - 2018/2/15


[3553]

「電子電鈴」で遊ぶ(模) tht - 2017/10/9


[3688]

【G4A】試しにA7「巡航速度」からのA9「巡航速度(後退)」を斬ってみる(再)【ろじたんフォークあり】 tht - 2019/1/1


[3592]

貨物線のいま(15) どうなる神奈川東部方面線(鶴ヶ峰編) tht - 2018/1/1


[3304]

どうなる千葉駅(7) 上野駅「発車時刻表」(1966年)を見ながら国鉄本社・電気局「北総」(1972年)外一式を「Z39.2」(1966〜1968年)で読み解こうという無謀なココロミ tht - 2016/7/18


[3702]

要望24 〜とぅえんてぃー? ふぉー!!〜 tht - 2019/4/1


[3557]

研究ホワイトボックス(25) ハイパー・ゼロ:「博物館評価」とは tht - 2017/10/16


[3639]

【自由研究】ふわコレ(6) tht - 2018/4/30






neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.