フォーラム - neorail.jp R16
発行:2016/12/31
更新:2018/2/2

[3395]

【冬の自由研究】「TOSBAC-5400M10」(1969年)とともにビデオリサーチ「ふぉーかす’86」を遠目に眺める(仮)


(約6000字)

 [3383]の続きです。

[3383]
 > 身近なテーマで何らかの社会調査(規模が小さく「社会調査」とは呼ばれずとも、それなりに方法は共通です、の意)を実施する必要に迫られたとき、どうしたらいいのでしょうか

 > きっと、アンケートをしたかった(あなたの考えを教えてカワサキっ!)のだろうなぁと推察いたします。2択を1問、たったそれだけで考えをカワサキ…いえ、詳しく説明できると思います? 無理でございます。

 > 「賛否を明らかにする」ことと「意見を述べる」ことは別のことだという理解でございます。
 > 「賛否を明らかにする」動作の対象となるのが「意見」だということで、とってもすっきりしますね、わかります!
 > > > (この実験は,疲れましたか?)

 こう、協力者さまや被験者さまのほうなどお疲れにならないようにやれとの「達!」もあれば、疲れてもらわないと知りたいことが明らかにできないといって、「お疲れ料!」としての謝金のほうなど…つまりは実験の対象者として雇うということです…ゲフンゲフン。いえ、やましいことはございません!

 といって、最初から謝金のほうばかり前面に出ますと、「××しているだけで謝金がもらえる○○なお仕事!」といって、何らかのバイアスというものがですね(略)…ゲフンゲフン。

・(近日掲載予定)
 > 「玩具店から成るスーパーマリオ・クラブ」のデータ(ビデオリサーチ調べ)だけではわからん! …ゲフンゲフン。自由記述でなんでもいってくれたまへ&聞こうじゃないか

 こう、いまになって急に「ビッグデータ!」だのと…メッソウもない! もっと昔から(いまでいう)ビッグデータは蓄積され分析され活用されてきたのですよ、という話題でございます。


・ビデオリサーチ「沿革」
 https://www.videor.co.jp/company/history.htm

 > 1969年12月25日 電子計算機TOSBAC-5400M10設置

 わあぃ東芝! ***東芝あかりスタジオ***き! …などとですね(中略)ベンダーニュートラルを気取って([3198])みようと思いまーす。(実に恐縮でゴザイマッス。)

 > 1974年4月9日 ミノル・メータにアメリカ特許認可
 > 9月1日 数量化分析手法、AID、クラスター分析プログラム完成

・とりあえず「AID分析これだけ!」のイメージです
 https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%89%E5%88%86%E6%9E%90-801301

 わあぃカリカリのORっ。管理工学については[3350]を参照しつつ。

[1729] 青梅人さん(2003年3月19日)
 > 管理工学専攻なのでATOSについて興味を持ち調べてきました。
 > やはり、青梅線は軽視されているのでしょうか。

[1730] thtさん
 > 既存のシステムの償却期間等もあるでしょうから、単純にすべてATOSというわけにはいかないでしょう。

 > 既存のシステムでいかに効率的に運行管理をするか、というのも重要な視点かも知れません。複数の指令所にまたがっている線区の管理がうまく行っていないとしたら、システムが揃っただけではうまく行かないかも知れませんし。

 『高崎線のATOS!』([3379])など、最近になってそういうことが浮き彫りになるようなケースが出てきています。悩ましいですねぇ。

 そして東芝、東芝でございます。

・「「東芝あかりスタジオ」閉館のお知らせ」(2014年4月1日)
 http://www.tlt.co.jp/tlt/information/news/showroom/akaristudio_closed.htm

・(個人のブログ)「東芝メロウルック☆あかりちゃん」景品のイメージです
 http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-19-e7/bonbiyans7/folder/351874/75/5174975/img_0

 こう、「画期的な新製品!(ヘルシオみたいなの!)」で注目されることが(残念ながら)少ないと、(工場の縮小なども含め)「終了のお知らせ」や「○○からのお願い」ばかりが注目されてしまうというバイアスがあってですね(略)。

・情報処理学会 コンピュータ博物館「【東芝】 TOSBAC-5100」(1965年)
 http://museum.ipsj.or.jp/computer/main/0010.html

 > ダイオードマトリクスによる水平マイクロコード方式
 > 1969年にはLSIを採用
 > 1968年には,国産コンピュータとしては初のデータベースシステムであるTDBS(Toshiba DataBase System)を開発搭載した.TDBSは,1980年代に関係データベースに取って代わられるまで広く利用されていたネットワーク型のデータベースであり,COBOLをホスト言語としてサポートした.

 1970年の「5600」になるとGE社との協業がすとーんとすとすとまいるだとのこと([3178])で、「5400」などというモデルは(情報処理学会としては)するっとするーでまいーるだということです。…わあぃダイオードマトリクス。***ダイオードマトリクスなんて、ダイオードマトリクスなんて…こ゛ほこ゛ほ。

※まったく余談ですが「するっとするーでまいーる」といって(=という検索語で検索して)「既読スルー」を(検索結果の1位として)返してくださるGoogle先生、さすがです。…聞きまして? 「スルッとKANSAI」は2位ですってばよ@あらあらまあまあ。(棒読み)

[3202]
 > ・ユニペックス「RK-SR2 優先制御選択基板」
 > ・TOA「ダイオードマトリクスボードキット DB-014」
 > レッツダイオードマトリクスボードキット! お客さまが「赤い目」をしてハンダ付けっ!! これ、ある程度は「国鉄仕様」(「こういう仕様でオネガイシマス」[3070],[3175])のようなものを引き継いでいるのではないか(こんなものを要求した「お客さま」は国鉄ぐらいのものではないか=仕様策定をできるほどの能力を持ちながら内製してはならない組織というのは特殊だと思いまーす)と疑ってみます。実際はどうなんでしょうか。

 なるほど、ビデオリサーチ@東芝さん納めの電子計算機もダイオードマトリクスだといって、東芝さんや日立さんのほうからダイオードマトリクスという実装方法が一種『降りて!』きた、そして、公団や国鉄のちょっとした電気的な装置にあってもダイオードマトリクスされていったのではなかろうかと、こういうわけです。本当でしょうか。


 再びビデオリサーチさんです。

 > 1982年9月20日 電話調査システム火入れ式
 > 1985年2月18日 “Circle’85”開設(グループインタビュールーム)
 > 1986年5月2日 大阪支社に“ふぉーかす’86”開設(グループインタビュールーム)
 > 1987年10月27日 名古屋支社に“VOICE’87”開設(グループインタビュールーム)
 > 1989年10月3日 北海道支社に“アクセスONE”開設(グループインタビュールーム)
 > 1989年10月31日 九州支社に“SPACE21”開設(グループインタビュールーム)

 ぬおー。なんでもいってくれたまへ&お茶菓子もおつけして([3312])、そして、「’85」キターっ([3352])。

[3352]
 > 「’70」くらいから「’99」あたりまで、この形式で年を表示(表記)して悦に入る(=どやっ)という、いま振り返るとアレなソレが…ありましたよねぇ。システム的には、いわゆる『Y2K』対策で駆逐されました。

・わあぃ小人!「’70」のイメージです
 http://kousaku.sakura.ne.jp/RC/photo/gazou/expo70/expo70.jpg

・わあぃ7セグ!「’85」のイメージです
 http://ic4-a.dena.ne.jp/mi/gr/135/jimu.co.jp/shop/image/item/070000/070794-1.jpg

 「小人」については[3397]、「7セグ」については[3233],[3255],[3397]を参照。

[3312]
 > 普段していないことを迫られるということ自体がストレスとなり、強いストレスのもとでは、イライラするのが自然だからです。本当でしょうか。グループインタビューや、ポスター発表(ただし理系に限る)のように、お菓子やコーヒー、それにアルコールなどを供すれば、もう少しはまともに「お話」できるのではないかなぁ、などと夢想してみます。(あくまで夢です。)

[3365]
 > 「ストロング」とか「竹炭珈琲」とか、いっぺんいってみない? え゛ー。

 あくまで夢であって、現に日々実施されているグループインタビューが、いかほどの信頼性を持ち得ているのか、たいへん疑わしくも思われそうです。

・調査会社の一例です
 http://www.intage.co.jp/service/qualitative
 http://www.intage.co.jp/solution/behaviorobservation

 > 商品開発のために、ターゲット層の生活や価値観を深く知りたい
 > 自社ブランドをどう改善すべきか、もっと具体的に明らかにしたい
 > 開発中の商品に対するお客様の忌憚のない声を聞きたい
 > ターゲットの普段の生活を観察しつつ、インタビューもしたい

 こう、「**だけの簡単なお仕事!」といって、きわめてバイアスが懸念されます。なおかつ、そのような調査側の懸念をも承知してしまうほど調査慣れしたひととでもいいましょうか、「わたしぃ、グループインタビューに協力するの初めてなんでぇ♡」という態度を演じ切ろうとなさるかたなど、既にたくさんいるはずだという前提で疑いつつ…うーん。

 ビデオリサーチさんでファミコンの「ソフト」の販売数予測をしていたといっても、グループインタビューでは(ビデオリサーチさんの本業ともいえる)テレビの視聴に関することのほうがメインであっただろうと想像しつつ(≒ファミコンはテレビの『敵』だっ!)、ファミコンに関する購買意向をインタビューするとしても、企業やブランドの認知度の調査、耐久消費財や(大人の)ライフスタイルに関わる商品などに関して(労力をかけて)行なわれていたと思われるような規模や質の調査は(ファミコンに関しては)できていなかったのではないかなぁ、とも想像してみます。そういうことが詳しく書かれた資料などあるかどうか、探してみたいですね。

※家庭にテレビあらば、ゲームなんてしてないで1秒でも多くCMが視聴されたい…ゲフンゲフン。そして、ついにはテレビみずから「♪TVなんか 見てないで」とのこと。もっとぎゃふん。

 「21」については…うーん。

・ウィキペディア「MM21」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E3%81%BF%E3%82%89%E3%81%8421#.E8.A1.97.E3.81.AE.E5.90.8D.E7.A7.B0.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6

 > 「みなとみらい21」という名称は、「みなと横浜」をイメージしつつ、「未来への発展を目指す21世紀の横浜にふさわしい」名称として、1981年、一般公募された約2300点のなかから選出された。他の候補には、「アクアコスモ」「コスモポート」「赤い靴シティ」「シーサイドタウン」「シーガルタウン」等があった。
 > 決選投票は「赤い靴シティ」と「みなとみらい21」で行われた。なお、「みなとみらい21」の名称は一次選考では落選しており、二次選考の委員から再度発掘されたものである(特に二次選考委員であった柳原良平が「横浜といえば港町である」という理由で強く推したことによる)。

 へー…

 赤い靴でスキップしながら…そっちは川口放送所ですよぉ。ひらがなで書きさえすれば…じゃなくて、「カタカナの方法」については[3354]を参照。もとからカタカナの語を並べ立ててもしかたなく、そうですねぇ、「ヨコハマ開放区」のほうなど、なかなかいいんじゃないですか? …などと我々『興味のなさそうな顔!』でのうのうと…ぎゃふん。

・「ヨコハマ開放区」
 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%E8%A5%B3%A5%CF%A5%DE%B3%AB%CA%FC%B6%E8

・なんと英語版「Yokohama Open Declaration」つき
 http://www.tvk-yokohama.com/company/kaihoku.php

 > With the relocation of tvk headquarter office and digitization
 > not just the machines also its employees and TV programs
 > have reset there feelings that bring the senses
 > of new to our viewers. This sense of spirit has formed into New-tvk.

※改行は原文ママ。

 きわめてうーん([3394])。

・(もっと参考)ウィキペディア「FOCUS」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/FOCUS

 > 1981年10月23日に新潮社から創刊された写真週刊誌の草分け。2001年休刊。
 > 印刷が追いつかず東京と大阪の2箇所の印刷所で同時に印刷したほどであった。「フォーカスされる」などの流行語まで作られ、一大ブームとなった。

 なるほど、変電所は50年([2980])、線路は40年([3168])、定期借家は20年([3150])で、写真週刊誌も20年だと早合点してみます。…えーっ。冷房化は30年([3011])といって、ホームドア設置も30年だと一種『諦かん!』のようなものとともに『かん念!』しようではありませんか。

 それはともかく、西へ東へ「大増刷!」といって、その「ピーク時」がいつなのか言及されていませんが、ビデオリサーチさんいわく「ふぉーかす’86」といって1986年なのかなぁ、と想像しておくことにいたしましょう。


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3395


この記事を参照している記事


[3393]

【年忘れ】 「立川駅(1979年・1988年)を読み解く」と見せかけて「立体感」を読み解く(談) / ほか

2016/12/28

[3402]

実例に見る総合評価(導入編) 『ミリオンセラー』は「1%」(1億分の100万)

2017/1/10

[3405]

「40エーカーとラバ1頭」それに「角数」を読み解く(談)

2017/1/19

[3417]

日本土木工業協会「一太郎」(2000年)で「カシミール」(1996年・1998年・2003年)を読み解くならびに寺田寅彦「北氷洋の氷の割れる音」(1933年)で「山岳展望」(1937年・1982年)を読み解く【平成26年度高校意見(日本史A・B)あり】

2017/2/9

[3420]

実例に見る総合評価(1) K市交・K重工:新型車両デザインの選定

2017/2/20

[3428]

【都営浅草線】『大田区勉強会案』(2013年8月)・『新大田区案』(2015年1月)を「蒲田温泉」「蒲田振興」「日暮里・舎人ライナー」「木密地域不燃化10年プロジェクト」「東京港野鳥公園グループ」「池上電気鉄道」ほかで読み解く(回)【大森赤十字病院入口交差点あり】(後編)

2017/3/12

[3434]

新しい広域流動(5) 埼玉県三芳町(大江戸線・武蔵野線)

2017/3/16

[3453]

〔フレッシュおはよう東日本〕5号:『営団ブザー』を「テクニトーン(Technitone)」(1963年12月)で読み解く

2017/4/25

[3466]

「中央・総武線」を『成田エキスプレス』ならびに「オペラン-D」で読み解くココロミ(談)

2017/5/3

[3477]

【自由研究】「自由研究版エビデンスレベル」あり検

2017/5/15

[3490]

新訂よくわからないはなし

2017/6/14

[3569]

山陽新聞社・テレビせとうち「さん太ホール」とはにわが知りたい(仮)【株式会社山陽計算センターあり】

2017/11/19

[3616]

まだ見ぬ『高速吉祥寺』の青写真をたずねて(羽幌編)

2018/3/10

[3845]

Re:[3583] 「動く現物」の“魔力”

2019/12/1

[4248]

研究ホワイトボックス(42) A列車で理数探究

2020/10/1


関連する記事


[3680]

【PON】試しに「攻略情報」ほかを斬ってみる(横コツVer.)【自治医大グリーンタウン光高速ネットあり】 tht - 2018/9/13


[3625]

大磯町「大磯駅前広場の利用等に関するアンケート調査の結果」(2017年11月)を読み解く tht - 2018/3/29


[3638]

【自由研究】ゆるシミュ(6) tht - 2018/4/30


[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24


[3657]

Re:[3656] 「富士山の使い方」 / ほか tht - 2018/6/30


[3494]

10年後に読む「第5世代鉄道 −知識創造による鉄道の革新」(2005年1月) tht - 2017/6/26


[3694]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(計画編) tht - 2019/3/1






neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.