フォーラム neorail.jp
2018/1/28 - 最終更新:2019/3/30
フォーラムの目次に戻る
投稿者:tht(運営者による投稿)
Googleで関連画像を探す

[3597]

【駅ナンバリング】千葉−成田空港間、千葉支社が実施へ


(約9000字)

 atos.neorail.jpの「ニュース」からご覧のみなさまには戸惑いがあるかと思いますが、この記事はneorail.jp「フォーラム」の記事でございます。あしからず。


 いや〜、どうなるのかとは思ってました([3225])けど、ちゃんと成田空港駅まで『続き番!』になるんですね。「電車特定区間」は触らずに「駅ナンバリング」だけ特別に「千葉〜成田空港駅間」(※あくまで運輸としての駅だけを見て、駅の「一覧リスト!」みたいなのを鼻の前でひらひらさせながら駅名だけを読み上げるイメージでオネガイシマス! だからキロ程とかはぜんぜん関係ないよ)へ(支社を介して本社が)「導入」できることになったんですね。(棒読み)

[3396]
 > わあぃ東京エクスプレス…その発想はなかった!(きっぷはあるんですけどね。)

 むしろ成田空港駅のほうから「TK01」(『(まっすぐ東京へ向かう)東京線』の1番目の駅!)みたいでないと、わかりにくいままだとは思うんですけどね。▼「駅ナンバリングはわかりやすい」、▼「駅ナンバリングを導入した路線はわかりやすい」みたいな「n段論法」みたいなのになってしまっていて、▼「駅ナンバリングを導入しているか?」みたいな採点だけして▼「実際にわかりやすいか?」みたいな採点を受ける機会がまったくないということではないでしょうか&しつれいしました。

※「〜でしょうか&しつれいしました」:ポテトを買いそうにはない客とわかってなお「ポテトはいかがでしょうか」といいながら、お客さまお客さま首を斜めに振られるのを見るやいなやただちに「しつれいしました」もおつけしておくというマニュアルみたいな会話をイメージした表現です。

[3430]
 > サインシステムの(美術・工芸という意味での)デザインだけでなんとかせねばと思いこむのでなく、路線そのものをわかりやすく変えればいいんですよ([2908],[3058],[3225])! なるほどなるほど! …あざっす。

・JR東日本 千葉支社「千葉〜成田空港駅間へ「駅ナンバリング」を導入します」(2018年1月26日)
 http://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1801_number.pdf

 > 東日本旅客鉄道(略)は、(略)導入しています。
 > この度、千葉〜成田空港駅間へ(略)表記を実施いたします。

 「導入」するのは本社で、千葉支社は「実施」をするのだとおっしゃっておられます。…そこですかっ。

※当然ながら、鉄道電話の電話番号の付番の体系みたいな意味での「(古典)駅ナンバリング」は、既に全国で導入済みなんですよね。…その発想はなかった!(違)郵便番号の上のほうが記号になったみたいなのが、現在の「駅ナンバリング」ですよね。…その発想はなかった!(ありますってば!!)

 > 千葉駅「JO28」から連続した番号を使用します。

 いや〜、プレスリリースとはいえ平たく「J028!」みたい見えてしまう表記法で書いてしまうのはアレではないかなぁ。「JO-28」みたいな、文書での表記法というものをお定めになったほうがよいのではないかなぁ&そっちですかっ。

※このフォーラムは、駅ナンバリングが導入されてよろこぶというソレではなくて、そのときのプレスリリースに何がどう書かれていたかをつぶさに読み解こうというフォーラムでございますので、たいへんメッソウではございますが、テクニカルなところにフォーカスしていければと思いますみたいなパネルのオープニングコーナーがあるんですよ。(違)

 > 路線記号(アルファベット2文字)と駅番号(数字2桁)の組み合わせを路線ごとに設定している路線カラーを用いて表示します。

 > 路線ごとに設定している路線カラー
 > 路線ごとに設定している路線カラー

 同じ「JO」でもエメラルドグリーンになるのかと読めるんですけど、そうじゃないんですね。なるほど総武快速線と呼ばれる青色の線が路線図の上で成田空港まで延びてくるんですね。ひいては普通列車の車内では特別な対応はしないという…本当でしょうか。

・(再掲)千葉市「北部階段外観イメージ(東側)」のイメージです
 https://www.city.chiba.jp/toshi/toshi/toshinseibi/toshin/images/jrhokubukaidann05.jpg

[3517]
 > これ、俗にいう「エメラルドグリーン」なんですよね。…うわぁ『「これ、俗にいう〜なんですよね」構文!』みたいなのキターっ。

 https://goo.gl/maps/cZNp9JKR9zk

 > 「※車両はイメージです」ではあると思いますから、その程度だと思いつつも、しかし、根拠なく緑色、あえていえば俗にいう「エメラルドグリーン」の帯にすることもないのではないかと思えるという、そんなところではございます。

 > この車両(先頭車)は、踏切のない区間でしか110km/hなどの高速な運転は許されない感じでございます。同じ制約があるとみられる総武線のE231系(0番台)が武蔵野線に転用されることともあわせ、武蔵野線内を走る車両の上積み(新たな系統としての乗り入れ等=武蔵野線の外で車庫を確保しながらの増発)には好適であることが容易に想像できましょう。

 https://goo.gl/maps/FBR8FNJNs4N2

 > 現在の5両編成は「2M3T」で、M車の故障すなわち救援が必要という脆弱さがございます。組み換えて「4M2T」の6両編成や「4M4T」の8両編成になって、仮には千葉や大宮に乗り入れる(うち、大宮−我孫子間では120km/hで運転できる?)ということになったとしても、なかなか合理的ではないかと思えてくるかもしれません。

 「MT比」を台車単位ひいては車軸単位で考える時代の足音も高らかに(中略)「付随車といえば2階建だがね。」みたいな(さらに略)へんしゅうちょーっ!! 「【前略】サハ大量×車時代」みたいな『予定稿!』のお時間ですよぅ。(※あくまでイメージです。)

 https://goo.gl/maps/89sREYGVRzD2
 https://goo.gl/maps/RBS3HJfW2Gu

 > ※あくまで憶測であり、まったくの憶測であります。完全に憶測であり、憶測にすぎませんので、あしからず。

・柏市の見解です(2017年1月13日)
 http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/400100/taiouhousin.html

 > 組織体制
 >  県・関係団体との連携
 >   「成田空港活用協議会」

 「エアポート常磐」については[3450]を参照。

[3588]
 > > 総武快速線から成田空港につながる快速
 > > 総武快速線から成田空港につながる快速

・(再掲)あまつさえ「LOCAL AIRPORT成田 NARITA-AIRPORT」のイメージです(2000年2月)
 https://atos.neorail.jp/photos/led/led_200002_yokohama_10_2.jpg

https://atos.neorail.jp/photos/led/led_200002_yokohama_10_2.jpg


 > > 元々需要に反して列車本数が少なかった取手駅 - 土浦駅間の利用客にとってエキスポライナーの運転は日常の需要に応える結果となり、利用率が良かった列車については博覧会終了後も毎日運転の予定臨時列車を経て定期列車化された。

 > …ギクッ。四街道とか物井とかのひとが同じことを2020年の冬に言いそうですよねー…。

 「世界初の乗合馬車」(1662年3月18日)については[3139]を参照。1662年(3月)は寛文元年です!(棒読み)

[3225]
 > > スリーレターコード表示駅一覧

 > パッと見ただけでも、▼新松戸、西船橋、南浦和、西国分寺、武蔵浦和、府中本町、それに▼蘇我、藤沢、小田原、熱海、大月などがありません。(新松戸などとそのほかでは異なりますが)ないのには理屈があります。

 > > 首都圏エリア 276駅(別紙2) ※電車特定区間(E電区間)の各駅へ導入します。

 > ここで電車特定区間([3032],[3056],[3183])を持ち出しますか、そうですか。電車特定区間を持ち出さないと、本件の実施が本社で完結できない(支社の案件となれば、こんどは、導入範囲を支社ごとの基準で判断する必要が出る=うちの支社としては見送る、という判断も可能になる?)など、組織上の事情(※)がうかがわれそうです。

 > ※そのようなJR会社となるよう、国民が決めた(当時)、という理屈でございます。

 > ▼成田空港に付番がない!!
 > ▼成田空港に付番がない!!

 > うそーん。まさかぁ…といって、びゅう旅行商品「カンガルーの卵を探す旅」のチラシをもらってこようと思いましたが、そういうびゅう旅行商品はないそうです。「成田空港駅だけは入れてほしい」と要請されても「成田空港駅は電車特定区間にない」「電車特定区間の改訂は大阪も巻き込むものだ」「当社としては合理的な基準を適用するものである」といった「回答」などなされたとすれば、おお、さすがJR(それでこそJR=「大きな声」に左右されない)です。施策の有効性や実効性(後述)とは別の次元で、JRにはこのような対応をすることが期待されています。(「千葉駅を残そう運動(当時)」[3060]も参照。)その上で、細々とした「お断り事由等」としては、もう、いろいろと、それこそ「東千葉駅にも付番することになる」「成田駅に付番の上、我孫子線に付番がないのはおかしいという話になる」などなど、いくらでも(基準が先にあれば、基準に則っていくらでも)持ち出せましょう。うん。(そこの順番は、実施者という意味での実務者としてはあくまで基準が先です。施策を頼む側が、そこを飛び越えて「頭ごなし」に話をしようだなんて、そんな、お行儀のわろい。)

 このたび(前略)東千葉駅は「JO29」との付番になるということです。…なんと、わたしのほうから(違)東千葉駅は「JO29」との付番とともに2020年にも駅が存続しているとの見通しであります! なんということでしょう&そっちですかっ!!(棒読み)

※ま、仮に東千葉駅がなくなっても、同じ番号で「(仮称)高品みみずくの森」駅みたいなの([3276])ができるんでしょ。同じURLで差し替え!! …じゃなくて、同じ番号で別の駅! …なんだかなぁ。

[3590]
 > > えー、到着しましたら、えー、…こちらのほうで撮影の関係の、えー、位置の調整をさせていただきたいと思っておりますので、えー、これから外に降りていただくまで少し、時間がかかる予定になっておりますので、えー、その間(かん)、は、車内でですね、引き続き、車内撮影をしていただきたいと(いうように)考えておりますので、え、どうぞよろしくお願いしたいと思います。え、こちらのほう、外に降りれるですね、みなさまが『しゃ*い』に出(ダ)…出れる準備が整いましたら、え、わたしのほうからご案内(を)させていただきたいと、考えておりますので、えー、よろしくお願いイタシマス☆。えー、その間(かん)は、え、室内で写真撮影等(とう)、え、撮っていただければと思いますので、よろしくお願いイタシマス☆。以上でございます。

 やーいテンパリングのしすぎっ。

 > > ♪チンっ

 > 「わたしのほうから」みたいなひとキターっ。「よろしくお願いイタシマス☆。」と言っているときにはマイクがどっかいってそうですよね、わかります。


[3421]
 > 「E電」を看板などに使わなくなったとしても、部内では厳然として「国電」との概念をともなって輸送計画や投資など続けられてきた、一種「現役の用語」とみられます。直近では「駅ナンバリング」([3225])によって一種『顕在化』したとも感じられました。

[3517]
 > 「E電」と呼ぶかどうかはどうでもいいんですけど、実務上、そういう概念はあるはずですよね、の意。

 > 「電車特定区間」というものは、列車の本数に依拠するものではなさそうだという理解のほうなど、奥多摩や浜川崎、それに久里浜のほうなど遠目に眺めながらですね(略)それでも、我孫子−成田間、千葉−成田間とも、成田空港という国の事業(※民営でも、空港事業そのものは国の事業です、の意)を根拠として、電車特定区間を引っぱれないものでしょうかねぇ。関西空港については[3396],[3424]を参照。当然ながら、りんかい線ではなくJR線として「羽田空港アクセス線」が実現される場合にも、同じ議論を経るものと期待されましょう。

 > 千葉駅の9・10番線ホームというものは、(複々線の線路としての)総武快速線の千葉延伸(1981年)を受けての増設(1984年2月)という経緯があって、現在もなお、いかにもそれらしく、10番線を4時台(しかも横須賀行)から23時台(横須賀21:49発2169Fからの折返しで津田沼0:05着)まで(=いかにも「E電」らしく)総武快速の折返し(千葉始発)に使っていることがわかります。1984年4月「電車特定区間」([3421])も参照。千葉駅9・10番線ホームの完成より「電車特定区間」の設定のほうが2か月、新しいんですよ。…その発想はなかった!

 「駅ナンバリング」だけで「わかりやすい!」かどうかは、ちょっと、うーん。

[2909]
 > 鎌倉で何気なくグリーン車に乗車し、アテンダントから説明を受けて降りていく外国人利用客も見かけます。車両側のグリーン車マークおよび「GREEN CAR」という表示が、外国人利用客にとっては情報量がゼロであることが問題です。だからといって、グリーン車とはシカジカなもので別料金がカクカク、と長文を連ねるのでなく、ひとこと、そこに「Upper Class」もしくは「Higher Class」と、意味の通じる情報を追加すれば済む話です。

 > 「日本」を「東京」に、「外国」を「大阪」に置き換えても通用するような、まさにおもてうらのない(差をつけない)、ユニバーサルな取り組みが重要で、これは2020年に限らず常に必要なことだといえます。

 > 2002年は、よくわからないまま終わった、一部の鉄道会社で駅名まで4ヶ国語表記になるなど、かえって混乱したという前例があるだけに、今度こそは、と思います。

 > 2002年は、よくわからないまま終わった
 > 2002年は、よくわからないまま終わった

 ここなんですよ。(棒読み)「電光掲示板の多言語対応とフォント」については[3015]を参照。

[2966]
 > 東海道新幹線をみてもわかるように、車両の編成(両数やグリーン車の位置など)が揃っていることは、異常時に車両による制約を受けることなく柔軟にダイヤを変更できることを意味しています。

 > 下り「しおさい」が、わざわざ8番線に入らないといけないというのが、…うーん。「しおさい」「あやめ」併結で9番線や10番線に入っていただいてですね(略)などと…そのような運用に備えて「5+5」という編成にされたのだと思っていたんですけど、(本格的には)実現されませんねぇ。(※2017年6月現在。)何らかの代替措置とともに、総武線経由での成田エクスプレスの運行が終了できますと、本来の「しおさい」「あやめ」併結(末端で普通列車、全列車が千葉に停車し、終日、東京−船橋−千葉−佐倉間で気軽に乗り降りできて便利な『エル特急!』の事実上の復活)という施策が、やっと実現できてくるのだろうとは思われるところでございました。

 > ほかに、1377M(千葉発四街道行)なる不思議列車がございましてですね(略)始発から終点まで10分しか営業しないんですよ。乗り継ぎのある成田まで行けばいいものを、しかし、▼成田駅での折り返し能力の不足なのでしょう、▼貴重な折り返し能力は快速や通勤快速で使われるべし、しかし、▼快速は物井にも酒々井にも停車すべし、といって、…なんということでしょう! 千葉−四街道間で始発から終点まで10分しか営業しない普通列車を増発だっ。…お、おぅ。(※あくまで推定です。)

 > 21:25発の〔快速〕佐倉行が8番線に入るのも、「しおさい」の名残かなぁ。…わからないや! 6分後の鹿島神宮行は9番線から発車なので、千葉駅ではなく都賀や四街道で乗り換えるよう案内されるんですかねぇ。…わからないや!(棒読み)

 > 22:39着、22:44発の久里浜発佐倉行は7番線に入るのですが、千葉止まりだった電車が佐倉に延長された…じゃなくて、成東・八街方面への直通が佐倉止まりになったんでしたっけ。…わからないや!(※これは本当にわからないです。)

 (4か国語で!)「ご案内」や「注意喚起」をしなくていいように単純化する。これが正攻法なのですよ。たぶんですけどね。

 そして、「駅ナンバリング」は『定着』(※お客さまやガイドブックの出版社などに使っていただく&慣れていただく)のためにいますぐ導入される必要があるわけですが、しかし、実際に“活躍”するのは「2020年」とのことでございます。なるほど千葉駅(諸事情により略)いくらなんでも直通運転を主体とする運行(※PRC的な意味で)が可能な体制が(2020年より前までに)発足しているのだろうとの…そうじゃないと『続き番!』が泣きますぜ★お客さーん。

※「(せっかくの)○○が泣く」:本領を発揮できない、の意。


[2966]
 > 成田線では、1992年9月14日に起きた踏切事故を契機に、快速として運用される113系の前面が強化(いわゆる「鉄仮面」)されたという経緯があります。

 https://youtu.be/GMFRb4HY1Ko




 > E231系、E233系でも、高速で運転を行なう路線向けの車両では運転台が高くなっています。ところが、成田線の普通列車に充当される209系は、運転台が低いままで、このことから、車両の加減速性能上はE217系と同等の運転曲線が引けるとしても、普通列車を高速化できない、という残念な状況になっているとみられます。

 四街道市内のJR線はどのような状況にあるでしょうか。

・Google ストリートビュー 四街道市内のJR線のイメージです
 https://goo.gl/maps/UXcbEd8avNN2
 https://goo.gl/maps/jbqVoqGw8XC2
 https://goo.gl/maps/6H8gPGhHbAM2
 https://goo.gl/maps/rb9LtrNyrn72
 https://goo.gl/maps/QZhj3aCkWsj
 https://goo.gl/maps/ZxS71PhE2Vy
 https://goo.gl/maps/b7K3kRkAde22
 https://goo.gl/maps/CsUEkDXk2HQ2
 https://goo.gl/maps/9SmVYxkESmC2
 https://goo.gl/maps/hCJHQDjvWdm

 千葉市若葉区にある「鎌池踏切」の先、四街道市内のJR線(※仮名)、小さな踏切が4か所、四街道駅の前後の踏切のほか、「谷田踏切」、「栗山踏切」、「長岡踏切」、「小堤踏切」、「物井踏切」、物井駅から鹿島川まで「松葉作踏切」、「山野越踏切」、「亀崎踏切」と続いてまいりますが、この中で「松葉作踏切」は『新しい最新式!』に更新されているようすがみられます。

・Google ストリートビュー 「松葉作踏切」付近
 https://goo.gl/maps/DVdqDyQgqSx
 https://goo.gl/maps/n8jHKt9vuNx

 > 3D障検設置踏切

 おおー!(以下略)しかし物井踏切の付近や佐倉市内など、防護柵の設置がとぎれとぎれであり、この現況ママで「総武快速線(快速・成田空港行)!」といって、E217系みたいな(先頭形状の)電車がじゃんじゃん走るというのは、かなり無理があるという印象がありましょう。(※実際に走ってますけど「じゃんじゃん」ではないのは防護柵がないためとみられます、の意。)

 そもそも、この区間(千葉−成田空港間)が「電車特定区間(E電)」ではないということが、沿線の防護柵などを現況のように留めているともいえましょう。「空港アクセス列車」という重責を負わされながら「電車特定区間」ではないという状況は、変わっていくのでしょうか。それとも変わらないまま、やはり2020年もよくわからないまま終わるのでしょうか。

※「空港アクセス列車」があってもなくても、千葉−成田−我孫子間は(武蔵野線の外側の)「メガループ!」と称されてもよい路線ではございます。念のため。そして、運賃の制度としては「上野・日暮里−佐倉・成田間」「船橋・津田沼−佐倉・成田間」などの…ぜんぶ京成のせいだっ。本当でしょうか。

[3044]
 > 西多摩地域広域行政圏協議会(青梅市・福生市・羽村市・あきる野市・瑞穂町・日の出町・檜原村・奥多摩町)「事業報告書」(2013年)

 > > 八高線の改善について

 > 沿線に民家が迫りながら防護柵がない(民家の側にブロック塀などがあることでよしとしている)箇所について、民家の工事などにあわせて防護柵を整備できる態勢を整えることも要望されています。

・Google 川崎市内の電車特定区間「下野谷ガード」ほか付近のイメージです
 https://goo.gl/maps/fujsxW54Tx12
 https://goo.gl/maps/8iyme1wN3Zo

 「電車特定区間」でありさえすれば、実際のダイヤ(運転速度)にかかわらず防護柵が完備されるのだという理解にございました。

 https://goo.gl/maps/VQArir5x1oB2
 https://youtu.be/oFlp2CbZGf8?t=10m47s




 …もっとも、(この30°ほど曲がった標識や壊れた防護柵を見るにつけ、)防護柵があっても事故は起きるんでしょうけど、事後に『現場に防護柵はなかった!』といわれるのはアレだと、たぶんこういうわけです。(※ひとまず防護柵が壊れるだけで済む…確率を高めることができる…ということです。「制限高」が書かれたバーと同じですね、わかります。)


この記事のURL https://neorail.jp/forum/?3597


この記事を参照している記事


[3622]

【初音ケ丘】都市計画道路「保土ケ谷常盤台線」ほかを読み解く(仮)【秋葉立体入口交差点あり】

2018/3/18


関連する記事


[3673]

【ちば】「京成西船(旧葛飾)」ほかを読み解く(仮) tht - 2018/8/31


[3763]

どうなる千葉駅(11) 「出発時機表示器」「連動装置」で「黒砂」「本千葉」を読み解くココロミ(試)【黒砂試単あり】 tht - 2019/9/13


[3699]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(流動編) tht - 2019/3/1


[3629]

八街市「八街市地域公共交通網形成計画」(2016年3月)を読み解く(前編) tht - 2018/3/30


[3601]

【カムロちゃん】『京成うすい駅』とその周辺【山の神バス停あり】 tht - 2018/2/15


[3552]

試しに日経産業新聞「先に着く列車はこちら」を斬ってみる(談) tht - 2017/10/4


[3310]

いま問う「Psychoacoustics」のココロ tht - 2016/7/30


[3843]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(電車編) tht - 2019/12/1






neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.