フォーラム - neorail.jp 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「サポートベクターマシン」に関連するキーワード


多変量解析 主成分分析 研究 列車 SVM 実装 ゲーム 相関係数
サポートベクターマシン 攻略サポートガイド シンプル ビャクシン類 ヒヤシンス サポート窓口 サポート シンボル


「サポートベクターマシン」に関連する記事

全12件

[3633]

八街市「八街市地域公共交通網形成計画」(2016年3月)を読み解く(中編) tht - 2018/4/5

キーワード 境川 Trees 裏向 アクリラガッシュ 高滝湖 給油設備 木下製粉 ドリームチーム

・市原市「平成22年度第1回地域公共交通活性化協議会議事録」(2010年6月4日)。> 日本大学理工学部教授 藤井委員を指名。> 議長:交通空白地域の公共交通で、成功例はほとんどない。


[3583]

JR西日本「データ分析コンテストの開催」を遠目に眺める(談) tht - 2017/12/7

キーワード Trees tDiary メトロセブン カナ入力 ロジスティック回帰 時間変化 3rd 新日鉄住金

> 2位入賞者は4つの異なるモデル(ランダムフォレスト、ニューラルネットワーク、サポートベクターマシン、ロジスティック回帰)を組み合わせた、「アンサンブル学習」と呼ばれる手法を選択した。> サポートベクターマシンはLIBSVMをラップするCythonで実装されておりロジスティック回帰や線型サポートベクターマシンはLIBLINEARの同様なラッパーで実装されている。


[3571]

実例に見る日英対訳(17) 「ランダムフォーレスト」に野生はあふれ tht - 2017/12/3

キーワード 独立成分分析 自乗 増税 漬物 カップ麺 テリヤキ 蕎麦 Survey

> 本書は,重回帰,関数データ解析,樹形モデル,判別分析,一般化線形回帰,ニューラルネットワーク,サポートベクターマシン,生存時間解析について解説し,Rを使ってこれらの手法を利用する方法を述べている。ぐぬぬ(略)われわれは1秒なので! サポートベクターマシンなんていってないで「SVM(えせべんっ!)」それに「Random Forest(ランダムフォレスト)」と(空白と記号を含めつごう、半角13文字と全角11文字で)書かれた(ワープロ的な意味で全角17.5文字相当の)文字列を指さして「これ」といってみせるとGOOD。


[3745]

【自由研究】ここからここまで【AIどうでしょうつき】 tht - 2019/8/13

キーワード ポータル ウイング指数 ゼロゼロ シャチ 神戸新聞社 協調フィルタリング 博物館機能 点チャイム

つまり、2002年6月の朝倉書店「多変量解析実例ハンドブック」にあって「SVM」「サポートベクターマシン」との(一種『モダン』な)単語が見つけられなくても、「36」の稿は、(歴史的に「SMACOF」などといって)ほぼSVMと同じことをしているのだと(…『ほぼSVM』!)理解しなければならないわけです。


[3668]

【豆汽車】いま問う「正規登城ルートはこちらから 小田原城天守閣正面入口」のココロ(談)【かむろ坂下交差点あり】 tht - 2018/7/28

キーワード 京成稲毛駅 本入 浜町 裏向 打放 沿岸部 Scholar 朝日町

・(参考)スーパーえむジンせんせい「Rとカーネル法・サポートベクターマシン」。> サポートベクターマシン (SVM: Support Vector Machine) は、分類と回帰問題を主としたデータ解析方法である。


[4064]

縦書きディープなラーニング(2020) tht - 2020/5/7

キーワード 統計言語 ロジスティック回帰 ブッシュドノエル 行列式 古英語 重相関係数 一意性 基礎代謝基準値

> > サポートベクターマシンはLIBSVMをラップするCythonで実装されておりロジスティック回帰や線型サポートベクターマシンはLIBLINEARの同様なラッパーで実装されている。


[3567]

いま問う「正射影ベクトル」からの「凸最適化」を『ほぼSVM』と読み解くココロ(試) tht - 2017/11/19

キーワード 統計言語 ケテスタ セントロイド Fortran FDA SEM 分類器 関数名

しかし「SVM」「サポートベクターマシン」も出てこないんですよ。・ウィキペディア「サポートベクターマシン」のイメージです。つまり、2002年6月の朝倉書店「多変量解析実例ハンドブック」にあって「SVM」「サポートベクターマシン」との(一種『モダン』な)単語が見つけられなくても、「36」の稿は、(歴史的に「SMACOF」などといって)ほぼSVMと同じことをしているのだと(…『ほぼSVM』!)理解しなければならないわけです。


[3885]

勝手に「攻略サポートガイド」に寄せて(追補編) tht - 2020/1/11

キーワード GAME ロジスティック回帰 ビアンカ 基本ソフト ウィンドウズ デボラ 二値論理 私以外

> > サポートベクターマシンはLIBSVMをラップするCythonで実装されておりロジスティック回帰や線型サポートベクターマシンはLIBLINEARの同様なラッパーで実装されている。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.