フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「ドラッグ」に関連するキーワード


列車 線路 発想 車両 道路 国鉄 キロ 建設
ドラッグストア


「ドラッグ」に関連する記事

▼すべて表示

[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

キーワード スコット 鉄道売上 消費資材 正統 一節 乗客運賃単価 名刀 ヤービ

※開くと一時停止する別ウィンドウで、マウスのボタンを押したままドラッグすれば次々に選択したり解除できたりする、ペイントというかアイコン エディタみたいな操作性が望ましいんですよ。


[3695]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(運転編) tht - 2019/3/1

キーワード モトローラ 横圧 文書作成能力 GTO ランカーブ アンニュイ 編成出力 輪重

> 設定済みの車両を組み合わせて、シミュレーションしたい編成をマウスによるドラッグ&ドロップで作成できます。マウスによるドラッグ&ドロップ(そのうち特にドロップ)みたいなじれったいことしてないで(違)しつれいしました。


[3719]

「■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□」 / ほか tht - 2019/6/17

キーワード モーダル 子式 一節 摩天楼 引列車 描画クリップ設定 OpenOffice 三丁目

とても直感的なので気に入っているわ!(さらに棒読み)アイコンみたいに小さくなった正方形の車両(のアイコン)のドラッグ&ドロップで組成と号車の入れ替えができて車両をクリックすれば(編成中でのその号車の)向きを反転できて、パンタグラフの種類を選ばせるドロップダウンリストは各車両ごとに上にあるとよくて、そこから選んで出てきたパンタグラフのアイコンをクリックするたびに上昇と下降が切り替わればいいじゃない。


[3347]

【南武線ほか】東京都「踏切対策基本方針」(2004年)を読み解く(再) tht - 2016/9/2

キーワード 概略設計 暗渠 慣性 陸橋 ステイション パーミル 立坑 事業認可

ご自宅や職場の近くの気になる道路などありましたら、みなさま、▼Googleのトップページから「地図」で地名や建物名を検索して、面倒な「Pegman」アイコンをマウスでドラッグしてから所望の道路上にドロップして…おっと、違う場所に落としてしまったよ。


[2949]

JR北海道の「電子式ピタネットシステム」 tht - 2014/10/16

キーワード 壁新聞 画素 Xeon 特注 発券 避難所 信号場 ユーザーインターフェース

> (4)予想ダイヤスジドラッグによる複数駅開閉塞順序変更の実現。鉄道に限らず、業務系のシステムではユーザーインターフェースの開発に専門のチームを置かない開発態勢となる(ならざるをえない)ことが多く、初期のATOSでの「ドラッグできないマウス」のような、その時点その時点での一般のパソコンにも劣るようなユーザーインターフェースしか実現できないことが、結構あります。


[3248]

ウィキペディア「東京圏輸送管理システム」を斬りながら斬られてみる(談) tht - 2016/4/18

キーワード 情報端末 N88 新鶴見信号場 松島海岸駅 シングル 割当 コムトラック バケツ

> 指令卓を、いまどきフツーのGUIにする(マウスでドラッグできるようになった?)。> 当時、マウスが使えたかは不明ですが、使えたとしても、ドラッグはできなかった(カーソルキーやタブキーの代わりにマウスでポイントして選択するのみ)とみられます。


[3291]

読売新聞「電車の出入りや付近の信号を確認するモニター」を読み解く(談) tht - 2016/6/20

キーワード ヨドバシカメラ GSM キッザニア コク 科学技術 枝豆 接客 コンセント

きのう、京葉線が2時間ほど運転を見合わせたトラブルについて、読売新聞が朝刊で詳細を報じました。・読売新聞「JR駅のモニター故障、2時間電車出入りできず」(2016年6月19日)。> 約2時間後に復旧して運転を再開した。


[3036]

運行管理とUI(2) 見にくい「表示灯」ミス誘発か、累積的な「進化」阻む断絶 tht - 2015/4/30

キーワード 対立関係 情報端末 代用手信号 当務駅長 ダウンサイジング 表示灯 特注 承諾

例えドラッグできないとしても、マウスがついていることはご自慢のソレ(ダウンサイジングによって可能になったことを象徴する何か的な)だったかもしれません。




neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.