フォーラム - neorail.jp 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「パス解析」に関連するキーワード


研究 主成分分析 相関係数 多変量解析 説明変数 主成分 共分散構造分析 潜在変数
多変量解析 パス解析 解析法 多変量解析実例ハンドブック アンダーパス パスネット 解析 パス


「パス解析」に関連する記事

全10件

[3639]

【自由研究】ふわコレ(6) tht - 2018/4/30

キーワード ブラックセブン 節入 クランベリー味 生後早期 パースペクティブ PC5 家電ショップ ループ化 感受性期間

> 初期の発想は下図のように因子分析とパス解析を統合したモデルであるが、理論的な研究が進み、モデルはより一般化されている。> パス解析はそれを発展させた、複数の目的変数を含む統計モデル。


[3584]

研究ホワイトボックス(30) ハイパー・ゼロ:「主成分分析」FAQ tht - 2017/12/19

キーワード 独立成分分析 自乗 無制限 類似点 手中 テリヤキ 柳井 粉体 文字面

えーっ!! あくまで主だった特徴を知りたい(特徴を際立たせている変数を見定めたい)という目的では、(「各エリア」の)階層分類が必要とは思えず、逆に「各エリア」を『定量的に分類』(※そのエリアをなぜその分類に入れるのか、決定係数を明らかにしながら考察を述べる、の意)したいのであれば回帰分析(パス解析)をしなくてはならないのではないかと思われてきそうです。


[3582]

10年後に読む「よりよい環境創造のための環境心理調査手法入門」(2000年5月) tht - 2017/12/7

キーワード tDiary 臨時収入 ホワイトリスト MSX 文字面 誠文堂新光社 本件専門家 量的変数 Main

> (全略)そのような問題に配慮しつつ,変数を選んでパス図を作り,結果を評価・解釈するという一連の手続きを首尾よく行うのは,単なる重回帰分析よりもずっと難しく,分析者の技量を要求されるところでもあるが,また,そこがパス解析の醍醐味でもある.。


[3566]

「決定木」を1度忘れて再び「ランダムフォレスト」に至る(談) tht - 2017/11/19

キーワード 住宅供給公社 独立成分分析 自乗 類似点 明日葉 ロジスティック回帰 アンニュイ スクリープロット アヒル

> 初期の発想は下図のように因子分析とパス解析を統合したモデルであるが、理論的な研究が進み、モデルはより一般化されている。パス解析はそれを発展させた、複数の目的変数を含む統計モデルである。モデルが複雑になるため、方程式ではなくパス図で表現するため、パス解析という名前がついている。


[3581]

実例に見る総合評価(4) T工務店:ビル外壁汚れ認知構造のモデル化 tht - 2017/12/7

キーワード 認知構造 ビル外壁汚 解析結果 値化 量的変数 冬至 ブートストラップ法 外的基準 DEA

・因子分析といいながら「パス解析」「回帰木」でいうパスや木にあたる、「つながり」に関する分析や考察のしかたがよくわからない(わかりやすい形では普及していない)。


[3572]

研究ホワイトボックス(26) 商用製品に頼らずに「PLS回帰」を理解して使いこなすには tht - 2017/12/3

キーワード 自乗 23m 吸光度 外的基準 クロスバリデーション ウェット ギザギザ 乗法 スーパードライ

・日経リサーチ「パス解析」のイメージです。パス解析は複数の従属変数があり、予測を目的とするというより、因果関係のメカニズムを明らかにしたい場合に使う。


[3576]

縦書きディープなラーニング(一汁三菜編) tht - 2017/12/3

キーワード 独立成分分析 商品ラインナップ スキャナ 値化 度量衡 セットメニュー 重相関係数 旨味 主菜

・日経リサーチ「パス解析」。パス解析は複数の従属変数があり、予測を目的とするというより、因果関係のメカニズムを明らかにしたい場合に使う。> パス解析では、複雑なモデルでも、パス図を使うので直観的に扱いやすい。


[4296]

子どもがひねり出す謎の『理路』(11) tht - 2020/11/1

キーワード 観測機器 金沢駅 クロスバリデーション 素人考 理数 ドップラーレーダー 着雪 予測精度

> パス解析は共分散構造分析の下位モデルである。パス解析は複数の従属変数があり、予測を目的とするというより、因果関係のメカニズムを明らかにしたい場合に使う。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.