フォーラム - neorail.jp 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「運輸政策審議会答申第」に関連するキーワード


列車 線路 道路 車両 研究 地形 清瀬市 建物
運輸政策審議会答申第 運輸省 運輸機構 運輸政策研究機構 運輸施設整備支援機構 ヤマト運輸 運輸 都市交通審議会答申第


「運輸政策審議会答申第」に関連する記事

全10件

[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

キーワード スコット 鉄道売上 一節 ファクト ヤービ 伊藤忠商事 時間進行 メガソーラー

> 常磐線の特急ひたちの表定速度(水戸〜上野間 最速)が時速103.8kmなど、在来線において高速化が進展する中、JR中央線の甲府〜新宿間の表定速度(最速)は時速90.6kmであり、H12の運輸政策審議会答申第19号で目指す時速100kmに及ばず、大きく改善を図る必要がある。


[3434]

新しい広域流動(5) 埼玉県三芳町(大江戸線・武蔵野線) tht - 2017/3/16

キーワード 清瀬 モンスター 武蔵野線方面 湘南台駅 新清瀬 TOSBAC 清瀬市 山城

> 大江戸線の今後の計画には、平成14年に汐留駅が開業する予定の他、運輸政策審議会答申第18号において大泉学園町まで整備着手することが適当、かつ武蔵野線方面への整備についても今後検討すべきである、とした新たな東京圏における高速鉄道の整備に関する基本政策も策定されている。


[3607]

新しい広域流動(9) 生田トンネル(武蔵野線) tht - 2018/2/15

キーワード 清瀬市 心地指標 岐阜市 横須賀線逸見トンネル影響解析 新鶴見信号場 新百合ヶ丘 耐震化 関越道

川崎市内の並行するルートに川崎縦貫高速鉄道線(通称:川崎地下鉄)が計画されており、1985年の運輸政策審議会答申第7号では武蔵野南線の旅客線化を含む川崎駅 - 新川崎駅 - 府中本町駅間の路線整備を答申した。2000年の運輸政策審議会答申第18号では武蔵野南線の旅客化計画は削除された。


[3648]

たゆたうE217系。どこへゆくE217系。 tht - 2018/5/25

キーワード 大船電車区 セミクロスシート 清瀬市 土気駅 400mm 仮乗降場 60kg 大森台

> 2000年の運輸政策審議会答申第18号では武蔵野南線の旅客化計画は削除された。> 1985年(昭和60年)7月11日 運輸政策審議会答申第7号において、「東神奈川−みなとみらい21地区−元町付近」が、目標年次(2000年)までに新設することが適当である区間、「元町付近…本牧町…根岸」が今後新設を検討すべき区間、とされる。


[3598]

【桜木町駅】中線の車止めまでの線路を50m短縮、新改札口増設へ tht - 2018/1/28

キーワード 新杉田 法定協議会 ホテルメッツ アーラン分布 社サイト 運賃格差 横浜方 尋常

> 当駅を通る東海道本線貨物支線(通称高島線)は東海道貨物線と共に貨客(貨物と旅客)併用化の要望が地元の自治体などによって出されており、一部は運輸政策審議会答申第18号(2000年)で「今後整備について検討すべき路線」に位置づけられている。


[3681]

【鶴見川越え】どこへゆく「相鉄・JR直通線」【市場きらきら公園あり】 tht - 2018/10/7

キーワード 機能強化 最終年度 換気装置 市川市高谷 耐震化 二俣川 スピード感 都営三田線

> 西馬込から南進し、神奈川県方面へ延伸する計画も存在しており、1985年の運輸政策審議会答申第7号において「今後整備について検討すべき路線」として位置付けられていた。しかし、2000年の運輸政策審議会答申第18号ではこの計画は削除されている。


[3258]

神奈川県「かながわ交通計画」で「神奈川東部方面線の機能を有する路線」を読み解く(前編) tht - 2016/4/25

キーワード 機能強化 交通施策 司令所 緊急地震速報 大雄山線 羽沢駅 豪雪地帯 旅客線化

> ・運輸政策審議会答申第18号において、2015年までに開業することが適当である路線(A1路線)に位置付けられている神奈川東部方面線の機能を有する路線である。


[2939]

【訂正】パーソントリップ調査を読み解く tht - 2014/10/9

キーワード 調査員 香取市 東金市 特快 八街市 成田市 群馬 トリップ

> 鉄道ネットワークは高度に発達しているが、現在も運輸政策審議会答申第18 号で平成27年までに開業することが適当であると位置づけられた路線を中心に整備が進められており、平成22年にはその約8割(218km)が営業中となっている。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.