フォーラム - neorail.jp 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「原子」に関連するキーワード


列車 ゲーム 主成分分析 建物 線路 道路 車両 固有値問題
原子 原子力発電所


「原子」に関連する記事

全12件

[3656]

「富士山の使い方」 / ほか tht - 2018/6/30

キーワード サマージャンボ安房鴨川 百名山 比較的簡単 網走 粉体 休暇村紀州加太 土休日ダイヤ 泡盛アワー ファミチキ

> 1モルは、ある物質を構成する原子、あるいは分子がアボガドロ定数(6.02×1023)個だけ集まった量のことであり、その物質がXグラムある場合、その物質量(単位:モル)はXをその原子量あるいは分子量で割った値になる。


[4030]

PPPガッサンエル’72 tht - 2020/4/1

キーワード アイロン台 アイロン 温度ランプ 七面鳥 鹿島ケイカル 大崎広小路 三井不動産アニメワールド ソフトウェアハウス PPP

> 大阪万博が開かれていた当時、「夢のエネルギー」といわれていたのが、原子力発電(げんしりょくはつでん)で作られた電気だったんだ。そんなとき、「ウラン」という燃料をたった1グラム使うだけで、石炭なら3トン分、石油なら2,000リットル分の電気を作ることができる原子力発電への期待が高まっていたんだ。


[3585]

いま問う「一日中モーニングサービス付」のココロ(仮) tht - 2017/12/19

キーワード 我孫子ゴルフ倶楽部 南方 モットー 供用中 柳井 TGV 菓子パン デーツ 完全給食

> > 化学反応は,分子や原子が衝突して粒子の組み替えを起こし,新しい分子(束縛状態)を形成する過程である.原子・分子の固有値問題(eigenvalue problem)は多体(多粒子)系の問題であるのでかなり複雑であり,連続スペクトルの中に埋もれた離散準位的ふるまいを示す状態(共鳴状態とよばれる)の存在など,物理的にも数学的にも興味ある多くの問題を提供している.。


[3435]

【メタルスライム味】火を噴く? タニンギヤウギ(談)【株式会社豊富牛乳公社あり】 tht - 2017/3/24

キーワード 富士急行 港湾部 北海道高速鉄道開発 イグアナクレーン スー 技術層 高速新宿 放電現象 実行層

> ^4 He原子はボース粒子であり,液体は引力のために高い密度をもつので 2.17 K という相対的に“高い”温度で超流動転移します。


[3589]

「ドップラーレーダーの鉄道への応用に関する研究」(2011年5月)を読み解く tht - 2017/12/31

キーワード 観測機器 角速度 立体視 反物質 固体 一瞬見 高解像度化 格子 超音波

> 極低温原子気体を用いた量子シミュレーションは21世紀に始まった比較的新しい研究方法で(以下略)。この現象は、環境との相互作用によって原子が常に周囲から「見られている」ことが原因で起こる量子力学的な効果によるものです。


[3460]

【フローラ】「ガブリエルのラッパ」外一式を読み解く(談)【御花畑】 tht - 2017/4/28

キーワード 博物館類似施設 シャワー ブックオフ 偽色 科学ステーション 富士フイルム 量産車 結露 トークン

> 「分子の車」は、炭素や水素などの原子が数十個から数百個つながったもので、大きさは100万分の1ミリから100万分の3ミリほど、形はチームによってさまざまです。


[4191]

ユニセフ「以下の品目が欠如している子どもの割合(項目別)」(2013年) tht - 2020/9/1

キーワード 特濃シュミラン 日本人女性 習熟度 国語科 修正液 板書 着雪 正答 燃費

> > 化学反応は,分子や原子が衝突して粒子の組み替えを起こし,新しい分子(束縛状態)を形成する過程である.原子・分子の固有値問題(eigenvalue problem)は多体(多粒子)系の問題であるのでかなり複雑であり,連続スペクトルの中に埋もれた離散準位的ふるまいを示す状態(共鳴状態とよばれる)の存在など,物理的にも数学的にも興味ある多くの問題を提供している.。


[3126]

研究ホワイトボックス(7) 研究方法を研究するには(後編) tht - 2015/11/5

キーワード オプショナル 美術アカデミー 充足 理工学部 企業内 絶滅 要旨 カタログ作成 学士

> メンデレーエフは、当時発見されていた63種の元素だけではなく、まだ発見されていない未知の元素が存在すると考え、原子番号32の元素を空欄として空けておきました。> 未沙:今のような形のものを初めて作ったのは,ロシアのメンデレーエフという人19世紀の半ば過ぎに、当時知られていた元素を原子量順に並べて,それらの性質について整理していくうちに,似たような性質をもった元素が繰り返し現れてくることに気付いたの。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2021, tht.