フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「多変量解析」に関連するキーワード


発想 列車 ゲーム 実装 車両 線路 仮名 研究
多変量解析 多変量データ 多変量解析実例ハンドブック パス解析 解析法 解析 多変量 データ解析


「多変量解析」に関連する記事

全30件

[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

キーワード マウスパッド スコット 鉄道売上 消費資材 ゲージャー 高架線路 一節 ファクト

> 変数を用意したときには、意味があるだろうと思って用意したはずなのに、よく考えもせず(あるいは別口で検討するなど切り分けるでもなく)プログラムによって自動で捨てるということを何とも思わないというのはいけないこと(※多変量解析に挑んだけれどもばんじょー!! 岩にささった「てんかのけん」が抜けなかったのですごすご帰ってきたような)だと思うのですよ。


[3657]

Re:[3656] 「富士山の使い方」 / ほか tht - 2018/6/30

キーワード 溶解性 消費資材 農学博士 バツグン 漁獲 市街化 化学構造 パースペクティブ

> ブルーバックスで出るくらいなんですから、中学校の自由研究から(がんばれば)多変量解析を(かなりの部分はブラックボックスとしながら、教員による手厚い指導を前提に、まずは使ってみるというレベルで)使ってみることはできそうですよね。


[3702]

要望24 〜とぅえんてぃー? ふぉー!!〜 tht - 2019/4/1

キーワード サブ画面 リース期間 パースペクティブ ミュージックホーン 使用許諾契約 ラピュタ デボラ 列島縦断トロッコ列車パック

> > 多変量解析を使わない場合のリスクを教えてください。> > 多変量解析を使わないあなたは、電流値を変える効果の大きさを知らず、時間しか見ていなかった。


[3639]

【自由研究】ふわコレ(6) tht - 2018/4/30

キーワード 生後早期 感受性期間 節入 クランベリー味 視力発達 パースペクティブ 線画 PC5

> 共分散構造分析(構造方程式モデル:SEM)は多変量解析の手法群のうちで、最新の線形モデルである。> 変数を用意したときには、意味があるだろうと思って用意したはずなのに、よく考えもせず(あるいは別口で検討するなど切り分けるでもなく)プログラムによって自動で捨てるということを何とも思わないというのはいけないこと(※多変量解析に挑んだけれどもばんじょー!! 岩にささった「てんかのけん」が抜けなかったのですごすご帰ってきたような)だと思うのですよ。


[3689]

いわゆる「よん・さん・とお」等につきまして(仮) tht - 2019/2/1

キーワード Cokriging パレ 奥羽本線 新札幌駅 地下鉄成増駅 臨時収入 北海道高速鉄道開発 マイケル

> それをいっていると(仮には変数が16あるとして、AからPまで同時に放りこむ)多変量解析にはいつまでも到達しえないともわかります。


[3747]

難しい9 tht - 2019/8/15

キーワード 03m ゲージャー 閣議決定 経営情報 経営モード 電子ブザー 海上都市計画 秒針

もうちょっと多変量らしい多変量解析をしませんか。このとき、(教科書やジャーナルに白黒で印刷できる図という意味で)“平面”の発想にしばられていると、(4次元以上の)多変量解析というものを過度にむずかしいものだと思ってしまいます。


[3712]

「理由の書き方」 / 「自分の考えの書き方」 / ほか tht - 2019/6/4

キーワード 一節 文例 駅ホーム長 預貯金 紙メディア 苦味 刑法 大糸線

・(再掲)「多変量解析」元デンソー氏の見解です(2016年9月11日)。> 多変量解析を使わない場合のリスクを教えてください。> 多変量解析を使わないあなたは、電流値を変える効果の大きさを知らず、時間しか見ていなかった。


[3649]

【お知らせ】ストリートビューの表示を休止します tht - 2018/5/31

キーワード マグロ 創作性 商品ラインナップ 無制限 季節弁当 逆回 エラーログ Scholar

多変量解析(SVDを含む)を勉強しなおしてまいれ&ハハーっ!!(※事実です。> Google Scholar「pca factor analysis」で検索してなんばわん!! JR難波(じぇいあーるなんば)だほー…よく見ると、ん? 朝倉書店「多変量解析実例ハンドブック」の「73」で柳井センセイ、この「Jolliffe, I.T. (1986)」を参考文献として挙げておられます。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.