フォーラム  最近の主な話題 投稿要領の改訂について | 個人情報保護方針 | 利用規約 neorail.jp

neorail.jp/forum/

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象) 【このフォーラムについて】




「多変量解析」に関連するキーワード


発想 研究 数学 主成分分析 仮名 道路 自由研究 ゲーム
多変量解析実例ハンドブック 多変量解析法 多変量解析入門


「多変量解析」に関連する記事

▼すべて表示

[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

キーワード 二値論理 スコット 鉄道売上 消費資材 正統 一節 名刀 ヤービ

> 変数を用意したときには、意味があるだろうと思って用意したはずなのに、よく考えもせず(あるいは別口で検討するなど切り分けるでもなく)プログラムによって自動で捨てるということを何とも思わないというのはいけないこと(※多変量解析に挑んだけれどもばんじょー!! 岩にささった「てんかのけん」が抜けなかったのですごすご帰ってきたような)だと思うのですよ。


[3657]

Re:[3656] 「富士山の使い方」 / ほか tht - 2018/6/30

キーワード 溶解性 消費資材 格子 手前勝手 バツグン 漁獲 化学構造 パースペクティブ

> ブルーバックスで出るくらいなんですから、中学校の自由研究から(がんばれば)多変量解析を(かなりの部分はブラックボックスとしながら、教員による手厚い指導を前提に、まずは使ってみるというレベルで)使ってみることはできそうですよね。


[3702]

要望24 〜とぅえんてぃー? ふぉー!!〜 tht - 2019/4/1

キーワード 着雪 後扉 斜辺 超空間トンネル パースペクティブ 支障物 使用許諾契約 取引量

> > 多変量解析を使わない場合のリスクを教えてください。> > 多変量解析を使わないあなたは、電流値を変える効果の大きさを知らず、時間しか見ていなかった。


[3639]

【自由研究】ふわコレ(6) tht - 2018/4/30

キーワード 節入 クランベリー味 後扉 パースペクティブ カーテン 線画 PC5 カラーピッカー

> 共分散構造分析(構造方程式モデル:SEM)は多変量解析の手法群のうちで、最新の線形モデルである。> 変数を用意したときには、意味があるだろうと思って用意したはずなのに、よく考えもせず(あるいは別口で検討するなど切り分けるでもなく)プログラムによって自動で捨てるということを何とも思わないというのはいけないこと(※多変量解析に挑んだけれどもばんじょー!! 岩にささった「てんかのけん」が抜けなかったのですごすご帰ってきたような)だと思うのですよ。


[3689]

いわゆる「よん・さん・とお」等につきまして(仮) tht - 2019/2/1

キーワード Cokriging 奥羽本線 イオカード アミノ酸 神戸電鉄 アーリーバード 北海道高速鉄道開発 マイケル

> それをいっていると(仮には変数が16あるとして、AからPまで同時に放りこむ)多変量解析にはいつまでも到達しえないともわかります。


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

キーワード 溶解性 カッコウ ヘルツ 選曲 化学構造 唐辛子 基本情報 苦味

> > 多変量解析を使わない場合のリスクを教えてください。> > 多変量解析を使わないあなたは、電流値を変える効果の大きさを知らず、時間しか見ていなかった。> 専門分野そのものには立ち入らず、しかし広範な事情を承知して社会を理解していく、16歳から19歳くらいまでの3年間に(制度としての高校と大学にまたがって)何を知りたいか(どんなテーマにワクワクするか)ということに対して、多変量解析は外せないぞと、こういうわけです。


[3714]

Re:[3701] 「箱庭」とは何か / ほか tht - 2019/6/4

キーワード 総記 交直両用 箱庭 ロッキー 240m 伸縮 裏技 鉄琴

・(再掲)「システム生物学と多変量解析」(2014年8月5日)。


[3584]

研究ホワイトボックス(30) ハイパー・ゼロ:「主成分分析」FAQ tht - 2017/12/19

キーワード 二値論理 着雪 機械工学 独立成分分析 無制限 データマイニング 手中 被説明変数

専門分野そのものには立ち入らず、しかし広範な事情を承知して社会を理解していく、16歳から19歳くらいまでの3年間に(制度としての高校と大学にまたがって)何を知りたいか(どんなテーマにワクワクするか)ということに対して、多変量解析は外せないぞと、こういうわけです。


キーワード (索引)
キーワードを選んで
話題を見つけよう


リファレンス 【使いかた】
参考文献を探そう


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.