フォーラム - neorail.jp 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「発車ベル」に関連するキーワード


列車 発想 線路 車両 建物 電子電鈴 実装 ゲーム
発車ベルスイッチ 発車 発車時間 個別発車 発車標 レベル 発車時刻 発車ベル


「発車ベル」に関連する記事

全30件

[3661]

「弥彦色」と「長野色」 / 「ブルー・トレーン」 / 「京都高速鉄道株式会社」 / 「出逢えたらラッキー Peach×ラピート ハッピーライナー」 / ほか tht - 2018/7/21

キーワード 北京 奥羽本線 時間進行 工業施設 不整脈 弥彦色 冷房車 京阪奈 昭和通

> こう、「発車ベル」と書かれた「動力開閉器(防雨形)」の「ケース部」のほうなど「がしつと」押さえつけながら「ボタン部」にあるボタンを押しこむ、そのときの荷重を詳細に知りたいんですけど、(家庭にある道具だけで)簡単には測れない感じであきらめてます。


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

キーワード 有機物質 ヒューミン 生活施設 腐植酸 ノーチャイム 腐植物質 ヘルツ 唐辛子 基本情報

発車ベルや電子電鈴の代わりに「音楽」を使うという方向性は、▼地上の在来線についてはJRグループ、▼地下鉄については公団によって決定されたのではないか。> > 1988年8月8日から発車ベルを全面廃止。


[3695]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(運転編) tht - 2019/3/1

キーワード マウスパッド スーパーセット モトローラ 横圧 文書作成能力 三日月島 GTO ハイパーテキスト 小槌

「どこでも発車ベル」(※実名)じゃないと満足できない“コア!”なひともいるけれど、「発車ベルスイッチ」(※仮名)みたいなのでじゅうぶん遊べる“ライト!”なひともいるんですよ。発車ベルはともかく、ゲームの中で気象や乗客などランダム性のある要素に基づいて(列車の駅間の所要時間が動的に変化して、その結果、折返しに間に合わなくなるなどして)ダイヤが乱れれば乱れるほど“もえ”るんですよ。


[3664]

【JR東日本】常磐線(各駅停車)で「発車ベル」使用取りやめ、8月1日から tht - 2018/7/28

キーワード SDT RBT 電子ブザー 当地メロディー ビープ音 永田町駅 松下 鉄琴 駅独自

・「発車ベル」:(概念としての)発車を知らせる音(客に向けての合図)。・「発車ベルスイッチ」:(PRCの一部としての)発車標の表示繰り上げのトリガー(車掌から駅長や指令への合図)。> プルルルルル…、と普通の発車ベルが流れ、ATOS女声で。


[3553]

「電子電鈴」で遊ぶ(模) tht - 2017/10/9

キーワード SDT RBT 兵庫県内 博物館類似施設 間接部門 調理場 電子ブザー 名様 電子ベル

> > 塾で発車ベルの電子電鈴の音がする電話がありました。・(再掲)本当の意味での「発車ベル使用状況」。


[3517]

どうなる千葉駅(10) 10番線から「JR成田湯川」行き? 成田エクスプレスに贈る“花道”を探る tht - 2017/7/25

キーワード 清瀬 兵庫県内 連動図表 横圧 ニューデイズモノレール千葉 新清瀬 保険金 モグラ 混雑対策

※そういう『外部要因』とはまったく関係なく、▼1987年発足のJRとしては2017年を迎えて、▼1988年夏(※夏なんですよ<テストに出ます!)に「けたたましい発車ベル」を廃止した千葉駅としては『2018年夏以降』への期待が高まってまいります。


[3688]

【G4A】試しにA7「巡航速度」からのA9「巡航速度(後退)」を斬ってみる(再)【ろじたんフォークあり】 tht - 2019/1/1

キーワード モンスター 鉄道貨物協会 モトローラ 赤地 真面目 史上最高 血小板 表示位置 編成出力

> 本体とスピーカー2個が一体となった構造で、既設の発車ベルと配線変更せずに取り替えて使用することができます。


[3732]

信号24 〜とぅえんてぃー? ふぉー!!〜 tht - 2019/7/15

キーワード SDT 津山駅 RBT 赤木 反例 内蔵音源 エラーログ インタフェース 内線電話

> わたしたち、「営団ブザー」や「発車ベル」「発車メロディー」のようなものが駅で鳴っているから駅の管轄だろうと思いこむ(略)たぶんとんでもない。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.