フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「複線化事業」に関連するキーワード


線路 列車 道路 発想 車両 研究 凍結 マップ
複線化事業 事業費 連続立体交差事業 事業主体 事業 複線トンネル 複線シールドトンネル 鉄道事業者


「複線化事業」に関連する記事

全10件

[3451]

広報あびこ「成田線輸送改善計画の概要」(1997年7月)をJR西日本「奈良線第2期複線化事業 環境影響評価 方法書」(2014年3月)で読み解く tht - 2017/4/14

キーワード ヤービ 布佐 京葉銀行 木下 更新工事 森林公園 店舗兼住宅 安食

★【奈良線】京都府「京都府からの提言」ならびにJR西日本「奈良線第2期複線化事業 環境影響評価 方法書」を読み解く。長文読解…いえ、「新しい最新式!」の複線化事業というものを1つ読み解けば、あとはもうテンプレ…いえ、応用編として、同じように読み解いていけばいいのですよ。


[3592]

貨物線のいま(15) どうなる神奈川東部方面線(鶴ヶ峰編) tht - 2018/1/1

キーワード スコット 西谷トンネル 境川 営業主体 湘南台駅 メトロセブン 文書作成能力 相鉄本線

着手の時期が早い複線化事業であるので、複線化に際してCTCが導入された気配がないという気配ではないでしょうか。


[3610]

【205系500番台】「運輸白書」(1990年度)ほかをひも解く(紐)【クロ253形100番台】 tht - 2018/2/24

キーワード 大船電車区 認知構造 ビル外壁汚 リース期間 相模線専用 小生 組込 ホテルメッツ

> 東上線(森林公園〜武蔵嵐山信号場)複線化事業 譲渡線。


[3450]

新しい広域流動(6) 常磐緩行線・成田線 tht - 2017/4/14

キーワード 換気装置 指定券 小田急線内 新百合ヶ丘 布佐 木下 馬橋 唐木田

▼「これまでの計画手法では対応が難しい」というのは本当でしょうか。それに▼「都市圏周縁での鉄道の利便性」とは具体的に何なのでしょうか。既にじゅうぶんな利便性が確保されているということはないのでしょうか。


[3419]

【青梅線・五日市線】「運行管理システムの変更」に着手か tht - 2017/2/16

キーワード 搬送装置 奥多摩間 インタフェース 立川方面 武蔵高萩 搬送 PET 伊豆箱根鉄道駿豆線

3月31日からは「JR東日本アプリ」で情報提供などを行なうということです。・JR東日本 八王子支社「2017年3月ダイヤ改正について(多摩版)」(2016年12月16日)。・Google ストリートビュー 「青梅駅」付近。


[3470]

【JA西船橋】逆井−高柳間ならびに飯山満駅を遠目に眺める(談)【JAいちかわ船橋支店あり】 tht - 2017/5/8

キーワード 和名 修景 用水路 為替 施設利用券 本件記事 高柳駅 野田線

> きわめて仮には、複線化事業⇒「野田線第270号踏切」の拡幅⇒『六実駅付近連続立体交差事業?』⇒…とのタイムラインのほうなど想像できようかというものですが、あくまで想像でございます。こう、▼「複線化事業といいながら、まるで連続立体交差事業のための仮線のような様相」、ならびに▼「踏切の拡幅といいながら、まるで仮設化したような様相」のほうなど、呈されてきたりしませんかねぇ。


[3619]

【成田湯川】JR成田線で線路切換工事、4月 tht - 2018/3/10

キーワード 足利市 H29 北千葉道路 安食 成田高速鉄道アクセス 放水路 行政界 成田湯川

成田線の複線化事業が再開される場合も、行政界をまたがず工事できる区間や、橋りょうの架け替えに合わせてスケジュールが具体化されていくのが基本になるといえます。成田線の複線化事業における成田駅付近の計画が不明ですが、成田線(成田−我孫子間)の複線化事業には成田駅構内は含まれないとみられ、成田駅のすぐ外方にあたる「郷部小橋」付近に、成田駅構内とみなされる実質的な信号場を設け、下総松崎から「郷部小橋」付近までが複線化されるということも考えられます。


[3415]

【県道281号線】「六実駅付近」の立体化方式(交差方式)を「大津川」それに松戸市「柳沢水路(小池橋水路)」で探る【国道464号粟野バイパス計画図あり】 tht - 2017/2/3

キーワード 鎌ケ谷 六実 鎌ケ谷市 高柳駅 北千葉道路 現地調査 単独立体化 松戸市

まったくの憶測ではございますが、東武鉄道による複線化事業としての高柳駅の「2面4線化」(※柏市の事業の範囲ではございません、の意)のうち1線は、六実駅からの移転であるのかなぁ、との憶測に至るものでございます。そうだとすれば、この「複線化事業」(※別の事業でなく、この事業、の意)の中で、六実駅の『1面2線化(側線は除く)』が図られるのではないかと邪推するものであります。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.