フォーラム  最近の主な話題 投稿要領の改訂について | 個人情報保護方針 | 利用規約 neorail.jp

neorail.jp/forum/

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象) 【このフォーラムについて】




「変量」に関連するキーワード


研究 数学 クラスタリング 散布図 主成分分析 自由研究 多変量解析 クラスター
多変量解析 多変量データ 多変量 多変量解析実例ハンドブック 変量間 多変量連関図 多変量解析法 多変量データ解析法


「変量」に関連する記事

▼すべて表示

[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30

キーワード 二値論理 鉄道売上 名刀 月発売 空港駅 通勤通学 制約充足問題 洋光台方

わたしじゃなくて歴戦の指令員みたいなひとは、頭の中で「不変量を駆使」して「グローバルな視点」で「連続的変形」し、その結果を「色鉛筆と定規」で出力する“マッシーン”なんですよ。


[3661]

「弥彦色」と「長野色」 / 「ブルー・トレーン」 / 「京都高速鉄道株式会社」 / 「出逢えたらラッキー Peach×ラピート ハッピーライナー」 / ほか tht - 2018/7/21

キーワード 具体的事実 名建築 清水建設 G48 丸型 制約充足問題 配点 大津

」みたいな感じでたどたどしいので、補いたいと思ってしまったのですよ。そういう自問自答をじぶんだけでできるようになるというのも自由研究の目標の1つですぞ!)。まじめではあるけれど適切なクエリー(検索語)を入力できないのよ。


[3639]

【自由研究】ふわコレ(6) tht - 2018/4/30

キーワード 節入 クランベリー味 ポーク 三角建物 高久製パン 最大乗客数 給食室 カーテン

2017年度だけでは終わらなかったので、2018年度も続いてまいります。ゲームはあくまでゲームなんですけど、楽しみながら調べ学習や課題研究の「ヒント」を見つけられたら、楽しいですよね。出ました「テラコッタ色」っ!!(=後述)。


[3575]

研究ホワイトボックス(29) 多変量データの全域を考察するには〜駅弁の商品構成を例に(後編) tht - 2017/12/3

キーワード 商品ラインナップ 商品構成 引数 均等法 季節弁当 スクリープロット 自己相関 カート

しかし、その選択の背後には、「本質的」と考えられた7変量のような多変量データが潜んでいるのです。わたしたちはどうやって多変量データを簡単に扱っている(もしくは扱えたつもりになりながら実は大きく見落としている?)のでしょうか。


[3638]

【自由研究】ゆるシミュ(6) tht - 2018/4/30

キーワード 土手 ハット 鉄道売上 快晴 港町 分岐駅 子会社評価 最大乗客数

2017年度だけでは終わらなかったので、2018年度も続いてまいります。ゲームはあくまでゲームなんですけど、楽しみながら調べ学習や課題研究の「ヒント」を見つけられたら、楽しいですよね。遊びかたのバリエーションは無数にあります。


[3653]

【北見北上】「もんじゃストリート」は続くよ(網走編)【網走アポロ石油あり】 tht - 2018/6/10

キーワード 打放 ニューフロンティア 港町 漁獲 空港駅 潮力発電所 敷設費用 秦野市

このフォーラムにゲームの話が書いてあるなどと思われていないかもしれないので補足ですが、これ、ゲームの話なんですよ。これでぜんぶ台無しだがねとはこのことなんや&このことなんやー。あと、「再撮用」の色温度とかって、あるよね。


[3573]

研究ホワイトボックス(27) 多変量データの全域を考察するには〜駅弁の商品構成を例に(前編) tht - 2017/12/3

キーワード 東京図書 増税 Verification FALSE 商品ラインナップ 商品構成 季節弁当 Category

それはそれとしまして、いま数学から続けて統計(学)を学ぼうというときの最大のモチベーションは、多変量解析に進むことであろうとの認識にございます。円形やら2段重ねやらという弁当もある中で、より本質的な変量として扱うにはどうしたらよいでしょうか。


[3584]

研究ホワイトボックス(30) ハイパー・ゼロ:「主成分分析」FAQ tht - 2017/12/19

キーワード 二値論理 快晴 独立成分分析 無制限 手中 被説明変数 燃費 柳井

専門分野そのものには立ち入らず、しかし広範な事情を承知して社会を理解していく、16歳から19歳くらいまでの3年間に(制度としての高校と大学にまたがって)何を知りたいか(どんなテーマにワクワクするか)ということに対して、多変量解析は外せないぞと、こういうわけです。


キーワード (索引)
キーワードを選んで
話題を見つけよう


リファレンス 【使いかた】
参考文献を探そう


四半期ごとの主な話題
(1999年度〜最新





neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2018, tht.