フォーラム - neorail.jp 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「万博」に関連するキーワード


発想 道路 ゲーム 研究 建物 車両 列車 電子電鈴
万博中央駅 万博 大阪万博 科学万博


「万博」に関連する記事

全10件

[3601]

【カムロちゃん】『京成うすい駅』とその周辺【山の神バス停あり】 tht - 2018/2/15

キーワード オートメ 小鳩 サンライズ ショット 無制限 連続テレビ小説 委嘱 コバヤカワクン

これ以後日本の経済成長はますます進み、これによってホテルが大衆化し、昭和45年の大阪万博が契機となる第二次ホテルブームへとつながっていった。> 大阪万博の歌について知りたい。▼大阪モノレールには「音声ファイル装置」、それに▼和歌山市駅や現在の東成田駅ではCATVみたいな同軸ケーブルを引いてブラウン管で列車の発車時刻や行先を日本語と英語でご案内するような(中略)それが1970年の大阪万博ですよね。


[3566]

「決定木」を1度忘れて再び「ランダムフォレスト」に至る(談) tht - 2017/11/19

キーワード 住宅供給公社 独立成分分析 量子力学的 類似点 偽色 量子的 アンニュイ スクリープロット

・Google ストリートビュー 万博記念公園(大阪市)「広島から岡山までございます」付近(2012年4月)。> 万博おもしろ自転車広場。・万博記念公園「やったねの木」。・Google ストリートビュー 万博記念公園のイメージです。


[3813]

縦書き「長文注意」点灯中 tht - 2019/11/1

キーワード 単純再生産 北京 消防設備 悪魔 ネコモシヤクシ 列島縦断トロッコ列車パック DIAPS CMYK

過去には、万博のあとに残された遊具で重大な事故があったりもしました。地元の想いとはうらはらに、まるで万博のあとの遊具のような扱いしかされていなかったのが実は首里城だということであったとしたら、いったいどんな顔をすればいいのかわかりません。


[3495]

10年後に読む「公共交通機関旅客施設のサインシステムガイドブック」(2002年11月) tht - 2017/6/26

キーワード スーパーセット Terminal 密室 400mm 季美 通釈 京成トラベルサービス 証言

万博のモノレール(1970年)の次が京成で「私鉄初!」「(モノレールを除く)鉄道初!」だとわかります。※大阪万博とアストラムラインにも言及しないとですよね。・「大阪万博」(1967年)のイメージです。


[3170]

「カチカチ」を読み解く tht - 2016/2/3

キーワード ループ化 マイケル エッフェル塔 緊急地震速報 予知 火花放電 アークネット 電気連結器

1837年の間違いではないかと思いましたが、そのころにはまだ、万博はありませんでした。> オーストリア政府は、万博への最新技術の出展を促すため、工業所有権についての特別法を制定した。> ただでさえ、万博出展品の模倣事件が頻発する状況にあった。


[3208]

〔フレッシュおはよう東日本〕6号:「電子電鈴」を読み解く tht - 2016/3/27

キーワード 電子ブザー ベル音 サイレン 伊豆箱根鉄道駿豆線 VOSS 南海電鉄 発車音 シリコン

|1970年|大阪万博でモノレール自動放送(音声ファイル装置)|TOA|。


[3352]

〔フレッシュおはよう東日本〕83号:「総武快速TID装置(SN95)」を読み解くために「PC-9801-107」(1995年1月)を読み解く(仮) tht - 2016/9/12

キーワード 線区間サーバー インタフェース 自動火災報知設備 OSI 松島海岸駅 学園前駅 Narita ダウンサイジング

そして、いろいろとまわり道をしながらドーロムービー…いえ、「公団のにおい!」や「大阪万博!」など踏まえまして、いま端的に、にじょー!。万博のモノレール(1970年)の次が京成で「私鉄初!」「(モノレールを除く)鉄道初!」だとわかります。


[3437]

空から昔の博多南を見てみよう(1961・1969・1975・1981・1987・1998年) tht - 2017/3/30

キーワード OPAC 地山 那珂川町図書館 依存症 予知 奈良県 中毒 エフェクト

> 昭和40年代 社会の公衆衛生上、大阪万博を機に飲食店で不可欠なサービス商品となる。ぬおー!(略)「万博を契機とした近代化」って、おしぼりにもおよんでいたんですね、わかります。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.