フォーラム 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「尤度」に関連するキーワード


研究 発想 共分散構造分析 多変量解析 数学 主成分 列車 相関係数
尤度比


「尤度」に関連する記事

▼すべて表示

[3582]

10年後に読む「よりよい環境創造のための環境心理調査手法入門」(2000年5月) tht - 2017/12/7

キーワード 東京図書 月発売 tDiary マグネシウム 手洗 多人数 概論 MSX

「対象5個」のほうは、評定者が同じ尺度を使って別の建物を評定しても、評定者が各々に持っている(はずの)判断の基準みたいなのが揺らぎませんよ(あるいは揺らぎますよ)という「尤度みたいなの(仮)」を意味していますから、こちらは5倍というわけにはいかないのですよ。


[3587]

研究ホワイトボックス(31) ハイパー・ゼロ:「主成分分析」FAQ(補遺編)〜ふれねる「スクリープロット」の崖<がい> tht - 2017/12/19

キーワード 独立成分分析 柳井 微分方程式 文字面 未発達 50g スクリープロット Scholar

その後、尤度関数f(L,Ψ)を最大化するLとΨの値を見つける必要があります。最尤法での尤度関数の最大化に必要なので「共通性」という考えが(いわば便宜的に)導入されるだけであって、これを積極的に「共通性ですね、わかります!!」みたいによろこんで(心理学上の)解釈や考察に使おうというのはアレではないかと思われないでしょうか。


[3581]

実例に見る総合評価(4) T工務店:ビル外壁汚れ認知構造のモデル化 tht - 2017/12/7

キーワード 誘引 副査 解析結果 値化 視感 量的変数 AHP ブートストラップ法

別のいいかたでいえば(…『いいかたでいう』!)、「被験者の割合」は「汚れ感の程度(積分量みたいなの)」ではなくて「汚れ感5以上の尤度」なんですよね。・「3相3元データ」でいう「評定者」軸は「尤度」のようなものである。


[3757]

土木24 〜とぅえんてぃー? ふぉー!!〜 tht - 2019/8/25

キーワード グリーンマックス スプライン曲線 シリアスゲーム 地山 積分値 SSAO 香辛料 逆走

> 指導教員に加え通常4名の論文審査委員を迎え、いわば「5倍の尤度(確からしさ)」で審査しようというわけですね、わかります。> 1名でなく5名になることで何が5倍になるのかといって、その実、ネチネチととっちめられる度が5倍…ということではなく、時間が5倍…というわけでもなく、つまり、リニアに5倍に増える物理量があるという話ではなく、(理想的には)尤度だけが5倍になるんだというわけです。


[3099]

「分ける」はなし、「分けない」はなし tht - 2015/8/15

キーワード 経済学者 スペシャリスト ファジー 評価関数 計算時間 和訳 要旨 グーグル

> 頻度主義の考え方では、過去の原因を仮定した上で現在の結果が現れる条件付き確率を考え、これを尤度、あるいはいろいろな原因を変数とする関数とみて尤度関数という(これは原因に関する確率ではない)。


[3080]

Re:[3079] 「施策パッケージ」とは tht - 2015/7/14

キーワード ムチ 議決 SEM 創造的 パス解析 分散分析 潜在変数 従属変数

※「密度」と「尤度」を区別しないまま、目先の「確率」だけを云々するようでは(数理的な理解が)危ういということです。ここでいう「3名つける」というのが「尤度」にあたります。実際には「(同じ的に)3名つける(同時に撃つ)⇒(独立に)あたりはずれを見る」ということはできませんので、(説明するのも難しい:そのように抽象的な)「尤度」の理解に到達する(≒していただけるように授業する)というのが最初の目標になりましょう。


[3061]

「TOEIC」を「CEFR」で読み解く tht - 2015/6/5

キーワード 正答 素点 User 甲乙 Basic 英語力 評価者 評価方法

そもそもTOEICというテスト自体が「平均点」といいますか「ビジネスパーソンとしての及第点」というべき一定のレベルの英語力の有無という2値的な(バイナリの)判定を目的としており、その2値の判定の確からしさ(尤度)を示しているのがTOEICの「スコア」といえます。


[3123]

Re:[3122] 小田急の「D-ATS-P」は、なぜATCと呼ばれないのか tht - 2015/11/1

キーワード 割付 小田急線内 積分値 保安度 絶縁 割当 副本線 GSM

指導教員に加え通常4名の論文審査委員を迎え、いわば「5倍の尤度(確からしさ)」で審査しようというわけですね、わかります。※審査委員が1名でなく5名になることで何が5倍になるのかといって、その実、ネチネチととっちめられる度が5倍…ということではなく、時間が5倍…というわけでもなく、つまり、リニアに5倍に増える物理量があるという話ではなく、(理想的には)尤度だけが5倍になるんだというわけです。




neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2019, tht.