フォーラム - neorail.jp 個人情報保護方針 | 利用規約

「情報と鉄道」「ユニバーサルデザインと鉄道」「社会と鉄道」がテーマのフォーラムです。(16歳以上対象)


全角と半角、大文字と小文字が区別されます。



「落雷」に関連するキーワード


列車 車両 線路 研究 建物 道路 ゲーム 実装
落雷 落雷対策 落雷地点


「落雷」に関連する記事

全30件

[3657]

Re:[3656] 「富士山の使い方」 / ほか tht - 2018/6/30

キーワード 有機物質 西洋風ビル ヒューミン 腐植酸 腐植物質 高架建設 漁獲 パースペクティブ

> ありとあらゆる有機物をその場でつくってくれるのが水田への落雷(⇔「水田からの放電」?)ではなかろうかと&しつれいしました。


[3702]

要望24 〜とぅえんてぃー? ふぉー!!〜 tht - 2019/4/1

キーワード サブ画面 リース期間 パースペクティブ ミュージックホーン ラピュタ 左右非対称 鮫洲店 小槌

落雷で停電!。・送電線への落雷で停電するエリアを局所化したければ鉄塔を細かく建てるべし(送電線の区間を小分けにすべし)しかしコストは高くなるよみたいなサブゲームになっているとよい(面倒なら取り組まなくてもプレーできるようになっているとよい)。


[3623]

〔フレッシュおはよう東日本〕10号:仙石線『青葉城恋唄』(1988年11月)を営団『7号ビジョン』(1991年11月)で読み解く(仮) tht - 2018/3/24

キーワード 有機物質 ヒューミン 生活施設 腐植酸 平安時代 ノーチャイム 腐植物質 24bit

> > 落雷の影響により武蔵中原駅の電子連動装置が故障し、場内信号機及び出発信号機が使用できない状態となった。


[3701]

【A10】『シリアス路線』への招待 tht - 2019/4/1

キーワード A2001 オートメ Lloyd アクリラガッシュ アルミホイル DIAPS 03m 不均一

|落雷と鉄塔(停電)|×(対応は困難とみられる)|△(期待するが期待できない)|。★「落雷と鉄塔」(補)。しかし今日の気象観測システムと気象統計デー夕から、落雷の地点と時刻を正確に予知することは、不可能です。


[3583]

JR西日本「データ分析コンテストの開催」を遠目に眺める(談) tht - 2017/12/7

キーワード Trees tDiary メトロセブン ロジスティック回帰 時間変化 フォルクス 3rd 新日鉄住金

特に注目すべきなのは,落雷に伴うX線・ガンマ線の検出に成功したことである。後に誘雷だけでなく,自然落雷でも確認されるこの事実は,絶縁破壊メカニズムの解明につながる可能性があるとされる。


[3705]

【A9V5】「要望24」(ダイジェスト版) tht - 2019/5/1

キーワード 鮫洲店 3rd 大物車 REAL ジオラマ気分 交差点名 豪雪 南国植物

・「…その発想はなかった!」と思っていただきたい。・個々の内容より「考えかた」「発想の拡げかた」を知ってほしい。・考えることそのものが楽しいと実感していただきたい。・体系的かつ網羅的に考えることの手応えを体験してほしい。


[3428]

【都営浅草線】『大田区勉強会案』(2013年8月)・『新大田区案』(2015年1月)を「蒲田温泉」「蒲田振興」「日暮里・舎人ライナー」「木密地域不燃化10年プロジェクト」「東京港野鳥公園グループ」「池上電気鉄道」ほかで読み解く(回)【大森赤十字病院入口交差点あり】(後編) tht - 2017/3/12

キーワード 鶏ガラ 有機物質 ヒューミン 腐植酸 腐植物質 バクテリア 機能強化 本入

砂浜とか貝殻とか塩化ナトリウムといったありふれたものが長年かけてむにゃーっとてきとーに反応もしくは落雷で「どっかーん☆」…などと勝手に想像してみます。


[3489]

【北松】「岡本彦馬専用鉄道」(1932〜1933年)を読み解く(談) tht - 2017/6/7

キーワード 型枠 登録ホテル 千客万来施設棟 支保工 授業科目 地方鉄道 コア抜 一笑

ましてや、ケベック州が「大停電」するような太陽嵐にあって(ケベック州に全線高架の新幹線網があったとして)高架橋の鉄筋に大きな電流が流れ(電流が流入するのでなく、鉄筋が直接、磁気で揺さぶられるのです、の意)、あちこちで火災に(き電線の短絡や落雷には耐える絶縁も破られ、の意)、などと、何をどこまで、誰が考えればよいのかということの切り分けは、かなり微妙であります。


主な記事を表示しています


neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2020, tht.