[ DATT-A9D > データで遊ぶ ]

ゲームで追体験する鉄道工学と鉄道史:フリーの統計解析環境「R」を使用して「データを対象とした実験」に取り組ませ、「理数探究」につなげます。(最終更新:2020年2月20日)


統計数理研究所のミラーサイトから「R」を入手しよう

データで遊ぶ

Experiment

*プロフェッショナルなツールで実現されていて新規性はないが、統計解析環境「R」や自作のプログラムで追体験しよう

ゲームのプログラムから離れて
実験環境を用意しよう

▲「地形の自動生成」で用意したマップに
▼手作業で考えたプランを数値入力してプロットするプログラムの実行例

2点間の距離を表示できるほか、
指定した方角の直線を引ける(破線)

乗車率が高いのに利益が少ない:
迂回率を求めて列車の収支を見積ろう

不利な条件を克服しよう:
橋やトンネルを先に考えよう

「メトロポリタンM」の例 「タ陽M」の例 「富士山の使い方M」の例

開発可能な土地を効率的に開発しよう

特急列車の運行経路を考えよう

座標は小数でも入力できる

「R」を対話的に使おう
「R」と同じ計算をするプログラムを書いてみよう

▼地形の特徴を9つの変量で表現するプログラムの実行例(説明 ▼「回帰木」(説明
「Ward法」によるクラスタリングの実行例(説明

片栗粉R


ベクトル円海山

▲このマップを入力とする かくかくしてしかじかした結果 ▲Rでボロノイ図が描ける ▲マップの画像と重ねてみる ごにょごにょして描いた等高線 ▲すべて重ねてみる

単回帰分析

Excelでの実行例


References


Descriptions and More

  • このページのもとになった記事(※ただし口語で長文です)がフォーラムで読めますので、詳しいことが知りたいときは参照してください。

  • neorail.jp/fun/ All Rights Reserved. ©2018-2020, tht.