フォーラム - neorail.jp R16
発行:2020/10/16
更新:2020/11/29

[4273]

【SKIP】「A列車で行こう はじまる観光計画」(2021年)ですよプロデューサーさん!【SKIP禁止】


A9V4「観光地として高級リゾートや巨大テーマパークを兼ね備え」を越えてゆけ
「ふつう」とは何か(再)

(約6000字)

 [4268],[4271]の続きです。

・インプレス「「A列車で行こう」最新作がNintendo Switchに登場!」(2020年10月28日)
 https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1285917.html

 > 10月25日公開開始

 ちょっとよくわかんない。

 > 2021年に発売する。価格は未定。

 「10月25日公開開始」って、なに? 28日じゃなかったの。えー…(てんてんてん)。

 > サブタイトル「はじまる観光計画」が示す通り、観光をフィーチャーしている点が最大の特徴となる。プレーヤーは、電車の目的地として、駅のみならず、寺社仏閣、水族館、野球場といった観光地を整備し、鉄道経営を成功に導いていく。

 サブタイトルであります!!(※謎のテンションで。)困ったときは「フィーチャー」と書いておけ状態。「観光地」という日本語の理解があやしい。これはインプレス殿がおかしいとかあやしいのでなく、発表元のほうに疑いの目を向けるものである。「京都の任天堂さんと打ち合わせしましたー(感激ですぅー)」みたいにツイートしておいてこれか、というか、そういう程度だから「京都の任天堂さんと打ち合わせしましたー(感激ですぅー)」みたいなツイートをする。○か×か。


★A9V4「観光地として高級リゾートや巨大テーマパークを兼ね備え」を越えてゆけ


・ARX「日本語がおかしい」
 https://arx.neorail.jp/issue/?%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%81%8C%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%97%E3%81%84

 > 「観光地として高級リゾートや巨大テーマパークを兼ね備え」(A9V4「砂浜とウォーターフロント」の「このマップの解説」):助詞「や」との接続はねじれ、「完備」からの言い換えか、あるいは「仕事も遊びもばっちりOK」という意味(のつもり)で「才色兼備」と誤って表現してからの言い換えか(いずれにしても「兼ね」という表現は誤り)→単に「備え」でもよいが文字数が変わると改行位置が変わるのを嫌ったか→(前の文の「臨海都市」が主語)「この都市には高級リゾートや巨大テーマパークが揃っており」のように「観光地」という言葉をなくす方法もある(「都市型レジャー」と「観光地」は対立する概念:デジタル大辞泉によれば「観光の対象とされる史跡や名勝、また、温泉などがある土地」を「観光地」と言う)

 「京都の任天堂さんと打ち合わせしましたー(感激ですぅー)」みたいにツイートする態度と共通しているとわかってもらえればまずは…(てんてんてん)。「才色兼備」などという昭和時代の遺物みたいな言葉を好き好んで使う。いまはだめですよと言われると怒り狂う。「才色兼備」のどこがいけないんだとむきになる。そういう流れにされてしまうと「才色」がだめで「兼備」はいいとかいう謎の議論が勃発する。「才色兼備」などという昭和時代の遺物みたいな言葉を好き好んで使おうとした時代錯誤な人物にも半分だけ取り分を与えて場を収める。しかたがないのでナントカさばきの類(違)「兼ね備え」で手を打ちましょうよ&うむ。…みたいな応酬を生々しく想像した。そうでもしないと、その文章に「兼ね備え」とは書かないと思うんだ。

 https://www.amazon.co.jp/dp/4334033008
 https://www.hanmoto.com/bd/img/9784334033002_600.jpg

 > ◆「大岡裁き」の法意識とは?

 > 裁判所はこわい(いやな)場所である
 > 裁判官は人格者であるべきだ
 > 杓子定規でない、柔軟な解決をすべきだ
 > 金銭を請求するのは、強欲だ
 > もめごとは、個人の問題ではなく、みんなの問題である
 > 勝者と敗者をはっきりさせず、「まるく」おさめるほうがいい

 「才色兼備」と書いて「好感度」と解く。(違)じぶんたちは均等法の最前線で千葉の片田舎(ぐぇ)職住近接とテレトピア([3441])で女性を『活用』してきたという自負があるだろうが、いろいろな認識が均等法の当時のまま止まっていないかと自問自答してほしい。ま、それはそれ。(※恐縮です。)この「A9V4」のシナリオマップ「砂浜とウォーターフロント」の日本語は非常におかしいので、もう少し読んでいってください。

 > 「離れの島」(A9V4「砂浜とウォーターフロント」の「このマップの解説」):「東京の奥座敷」(鬼怒川や箱根などの温泉)といった表現で使う「奥座敷」という言葉と「離れ」という言葉が言い換え可能(どちらを使っても正しい)という誤解に基づく?(書いた本人は自信を持って堂々と書いている疑い)

 > 「海岸沿いに連綿と続くロングビーチを抜けると」(A9V4「砂浜とウォーターフロント」の「このマップの解説」):「連綿」は時間が長い、商売などが代替わりしても途絶えないことなどを言う(いつ途絶えてもおかしくないものが幸運にも長く続いていることを強調する言い方)→「長い砂浜」(地形としての「砂浜」と土地利用としての「ビーチ:海水浴場」を区別して)→ゲーム内で「海岸沿い」に「続」いているのは「道路」で、A9V4の新機能「運転モード」をアピールする文脈である→(自動車の運転席に視点を置いて)「海岸沿いの道路を南へ進むと(都市が見えてくる)」のように直球で言えばよい

 https://arx.neorail.jp/newgame/?%E5%85%AC%E5%BC%8F%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E5%AF%BE%E7%85%A7%E8%A1%A8

 > 公式ガイドブック以前に、ゲーム画面に表示される「このマップの解説」の語句がおかしい
 > (「海岸沿いに連綿と続くロングビーチ」「臨海都市」「離れの島」)
 > これを受けて公式ガイドブックの語句はもっとおかしい
 > (「海岸沿い砂浜」「臨海部」「リゾート海岸」)

 ふつうじゃない。あえていえば異常である。(※見解です。)

 > マップ全体が「臨海部」、「砂浜」そのものが「リゾート」(あえていえば「ビーチリゾート」)
 > 「臨海部の埋立地はビジネス」「臨海部の砂浜はレジャー」という対比ではある
 > (このマップから見ての「隣町」が「内陸部」である)
 > (「埋立地」にも「レジャー」の施設はある)

1臨海部砂浜レジャー
2臨海部埋立地レジャー
3臨海部埋立地ビジネス
4内陸部


 ふつうに考えればわかるし、そもそもわかっていなければ書けないし書こうとも思わないものだから、現に書かれた文章はふつうになるのがふつうなのだが、そうじゃない文章が出てくるということがふつうじゃない。

[3739]
 > ふつう、そこで「ファイナル」は使わないじゃろという常識みたいなものを持っていないとまでは疑わない限りにおいて、わざわざ「ファイナル」を使うということの重さよ。ゲームのタイトル(シリーズ名)そのものに「ファイナル」を“印象的に”使って、例えば「THE・ファイナルトレイン(仮題)」みたいなのは(あくまで日本で子どもだましなテイストをぷんぷんさせながらという範囲では)意味が通じるけれど、副題として「ファイナル・エディション」というのはどういうことなんスかね(これから買う人にむかって「あなたは『終わコン』を買おうとしているのよ(…ぷっ)」みたいな、なんかすんごい失礼な感じすらあるよね)、の意。

 それをまたなんとも思わない客ばかりなのがふつうじゃない。えー…(てんてんてん)。


★「ふつう」とは何か(再)


 https://www.4gamer.net/games/470/G047075/20201019091/SS/004.jpg

 > 冒頭の世界観説明、
 > ちゃ〜んとスキップせずに聞いてくれましたかっ!?

 …はひ!?(※いままさに「SKIP」と書かれたボタンを押そうとしてましたみたいな顔で冷や汗たらたら!)

・(2020年10月26日)
 https://www.4gamer.net/games/470/G047075/20201019091/

 > オリジナルキャラであるリコについてもお聞かせください。

 名前がある。…名前がある! むこうのゲームではキャラに名前があるぞ! 拙はちょっと感動しているのです。(棒読み)

 > Xシリーズに登場してきたナビゲーターは,ストーリーの関係もあって,シリアスで真面目な子が多かったですよね。そこで,これまでとはまったく違ったキャラクターを登場させたいというのが最初の狙いだったようです。
 > 本作の主人公は現実世界の自分自身です。そんなプレイヤーをグイグイと引き込んでくれて,強引だけど憎めない。とにかく明るい性格にしたと開発スタッフからは聞いています。

 ゲーム内にプレーヤーのアバターが出てくるのと出てこないのと、という違いもあるが、「ナビゲーター」の役割そのものは変わらない。しかし、アバターが出るのと出ないのとで「ナビゲーター」のありようや難しさはだいぶ変わらないか。

 > 「ロックマンX DiVE」プロデューサー ****氏

 「プロデューサー」はこうでなくちゃ。説明がなければなにもわからない。だって、すべてはゲームのメーカーがつくりだすものなんですから、どういう考えで何をしたのかは、すべてメーカーが説明しない限り、わからないのです。だいたいこんなかなとか、いわなくてもわかるよねとか、そういうことはあってはいけないのです。説明されたことがすべて。日清カップヌードル。(違)

[4078]
 > 食べ終わると橘吉さんが出てくる。…なにそれ××い。

 > 「さんびょうしそろった」を「ABC」と書いたり、「きほんをおさえたおーそどっくすな」を「ABC」と書いたりする昭和時代であった。長閑な時代であった。(※ジト目)

[4195]
 > …ロゼがパレして1993! 駐車場のご利用は計画的に。(違)

[4188]
 > > 往年、日本でもデジタル空間の利用者たちのお行儀が悪かった時代には(以下略)

 > 根性はそのまま、だまってればかわいい…じゃなくて、わからないようにわるさをする方向に、むしろ高度に悪質化していると疑う。

 https://rxd.capcom.com.tw/assets/images/en/chara01.png

 …意図的なトリミング、乙!(※恐縮です。)

[3803]
 > 2010年なら確かになんでもかんでも「『お答えいたしかねます』(=黙ってプレーしてればいいんだよ)」みたいにいばって…いえ、ゲームに収録する鉄道車両の選択基準など制作者の考えの説明をしなくても済んでいたけれど、いまはそうじゃない。

 https://www.4gamer.net/games/470/G047075/20201019091/TN/001.jpg

 いたってふつうにちゃんとつくってちゃんと説明する。その「ふつう」がまぶしい。ありがとうございました。(※一部の感想は個人によるものです。ほかのひとがどう思うかは知らない。)

 当然ながら、動画の中でしゃべるのではだめです。ちゃんとコストをかけてテキストの記事にしないとですよ。主語が「弊社」で署名なしのページではだめ。媒体側に用意させたライターに適当に書かせるのではだめ。ディレクターがじぶんを主語にしてじぶんの言葉で説明しないといけない。だから動画はぜんぶ無視しておく。動画のほうがコストがかかっていようとも、そんなことは知らん。うん。

 https://arx.neorail.jp/communities/

 > 自作の解説を怠るな
 > 発表の場以外では作品について沈黙を守れ

 > 論評は文章で述べなければならない(動画ではだめ・じぶんが文章で述べた論評について動画で補足的かつ従属的に解説するのは可=文章に書いていないことを動画の中で新しく述べてはだめ)

 発表の場に付随する場で「自作の解説を怠るな」&自作の解説も文章で述べなければならない(動画ではだめ)。こういう考えです。

・SKIPシティです!(※元気よく)
 http://www.skipcity.jp/vm/railways/

 > アーケードゲーム『電車でGO!』シリーズの『がんばれ運転士!!』や、都市開発鉄道シミレーションゲーム『A列車で行こう』の体験コーナーです。

 作品扱いはまったくされていない。

 > SKIPシティをモチーフにした架空のシナリオマップを来場者に配布中。ニンテンドー3DSでご使用のSDカードにコピーしてお持ち帰りできます。

 これがすごくひどかったという話だ。二度と出入りさせてはもらえまい。

 https://ameblo.jp/tkk8500-8637fsakuya/entry-11926339387.html
 http://stat.ameba.jp/user_images/20140917/19/tkk8500-8637fsakuya/43/c0/j/o0800060013069804769.jpg

 > 肝心のA3Dのシナリオ配布はなんとなく分かっていましたが、会場に設置されたPCにSDカードを差し込んでマップの画像データを3DSに取り込むという非常に原始的な方法でした。

 > 試しにさわりの部分だけプレーしてみましたが、SKIPシティに行くのが不便だから交通手段を何とかしろというシナリオ内容だったのは笑ってしまいました。

 ビジネスライクな顔だけして、そこにビジネスのマインドもマナーもなく、ひたすら悪ふざけに終始する。それを「元気がいいのはいいこと」(棒読み)みたいに言う時代は終わりにしようじゃないか。


この記事のURL https://neorail.jp/forum/4273/


この記事を参照している記事


[4271]

Re:[4268] 「A列車で行こう はじまる観光計画」(2021年)のゆうべ(タ)

2020/10/16

[4276]

【A9V6】新国立劇場「こつこつプロジェクト」とは何か【そしてA10へ】

2020/10/16

[4277]

きょうは緑山でベヒシュタイン。

2020/10/16

[4279]

学研プラス「学コレ」でA列車にダムを!(談)

2020/10/16

[4284]

【熊野275】ダークポーションと「参画のはしご」【熊野274】

2020/11/1

[4378]

【3DS・Switch】アートディンク有床道事件その顛末(後編)

2021/1/1

[4397]

「新作」とは何か(再)

2021/1/16

[4404]

きょうは佐倉ICで麻倉GC。

2021/1/16


関連する記事


[3723]

いま問う「川と丘陵」(2010年2月)のココロ(追補編) tht - 2019/7/1


[3721]

Re:[3715] 「ファーストステップガイド」への坂道 tht - 2019/7/1


[3874]

【3号横穴】「テンプレート」問わずとも語りき【昭和39年法律第167号あり】 tht - 2020/1/3


[3685]

【DE10】「A列車 色がたりない」【レッドトレインなし】 tht - 2019/1/1


[4275]

【Switch・A10】併用軌道という4字熟語が大好きなお年ごろ(再)【斜行エレベーターあり】 tht - 2020/10/16


[3640]

研究ホワイトボックス(32) 「単元」と「難易度」を示した「総合的な教材」をつくるには tht - 2018/4/30


[3694]

いま問う「(お好きな地形)EX(30倍)」(2010年3月・2013年2月)のココロ(計画編) tht - 2019/3/1


[3701]

【A10】『シリアス路線』への招待 tht - 2019/4/1






neorail.jp/は、個人が運営する非営利のウェブサイトです。広告ではありません。 All Rights Reserved. ©1999-2021, tht.